げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2008年02月14日

大寒にまさる寒さの折り、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
雪や雨により寒さが募るこの季節、折悪しく「罵憐蛇淫(バレンタイン)」なる商業主義の権化のようなイベントが巷では行われていると聞きます。自宅に帰れば愛すべき“俺の嫁”が待っていてくれるとはいえ、浮かれた街の風景を眺めるとますます寒さが募るものです。そこで、人は自然と思うのであります。

「そうだ、メイド喫茶に行こう」

ただ、この寒さを忘れるには並大抵のメイド力(めいどちから)では足りない、足りない。そんな気持ちで秋葉原を徘徊する中、眼に留まった1枚のフライヤー。

「アキバなライブ☆カフェ Vol.25」

メイドたちの桃源郷がここにある……、かもしれない。
アキバなライブ☆カフェ01

というわけで、行ってまいりました「アキバなライブ☆カフェ Vol.25」!



まず「アキバなライブ☆カフェ」はどういったものかと説明させていただきますと、メイド喫茶で働きながらアイドル活動をしていたりする、いわゆるアキバ系アイドル&ユニットが一堂に会してライブを行っちゃおうというイベントです。
場所は秋葉原の昭和通りを少しだけ南下した所にある「dress Cafe」。12:00スタート、18:00終了という長時間にわたるハード、かつ濃厚なひと時が楽しめました。

今回の出演者は、荻野アサミさん、たぬまゆみさん、東京メトロちゃん、R☆IKAさん、ぷちきゅ→、打天使エトワール☆ ”ゆめのん”こと夢野星さん(通称:ゆめのん)、町田さくらさん、M/W(ムゥ)、lit plus+mini、伊藤芽衣さんの全10組16名のアイドルの皆さん。イベントは2部構成となっていて、実施されている部に出演しないアイドルはその時間帯メイドとして働き、お客さんの相手をしてくれるという仕組みです。
アキバなライブ☆カフェ02

普段からメイドとして身近に接してくれたり、路上などでのライブ活動により固定ファンの多い皆さん、イベントにやってきたお客さんもすでに顔見知りの方が多い様子でした。中でも荻野アサミさんやM/Wは大阪をメインの活動舞台にしているアイドルなのに、東京でのイベントに参加するためにこちらに来ているファンもいるほど。その熱意に圧倒されるばかりであります。

アキバなライブ☆カフェ03アキバなライブ☆カフェ04
ライブトップバッターの荻野アサミさん。彼女は現在、大阪は住之江区にある「鉄道喫茶 あびこ道」にて車掌を務めているとのことで、電車にちなんだオリジナルソングを引っさげて東京にやってまいりました。そのルックスからは想像もつかないパワフルな歌声とパフォーマンスに注目のアイドルです。

アキバなライブ☆カフェ05アキバなライブ☆カフェ06

魔法少女スタイルで登場のたぬまゆみさん。愛らしい笑顔でファンのハートを直撃!

アキバなライブ☆カフェ07アキバなライブ☆カフェ08
今日も今日とて、トレードマークの鈍器を縦横無尽にふるう巫女ナースな東京メトロちゃん。ステージを降りてお客さんたち相手に暴れまわるパフォーマンスは、まさにメトロ無双!!

アキバなライブ☆カフェ09
ロマンスやPPPHといったオタ芸が打てる、定番曲を中心に歌ったR☆IKAさん。最後はみんな一斉に波のようにステージに押し寄せてのケチャで締め。

アキバなライブ☆カフェ10アキバなライブ☆カフェ11
第1部のラストは、2人組アイドルユニットのぷちきゅ→。親衛隊の腕章をつけ、2人と同じTシャツを着た根強いファンがいるのが印象深かった。ちなみにぷちきゅ→は第1部のMCも担当。場馴れしたアイドルっぷりを見せてくれた。

アキバなライブ☆カフェ12
第2部の先陣を切ったのは、あきば雀荘「てんぱね」で働きつつ、アキバ系アイドル事務所Marvel Yellに所属するゆめのん。つい先日、麻雀のプロ資格に合格したことを報告し、会場のみんなから「おめでとう!これからもがんばって」とエールを送られていた。

アキバなライブ☆カフェ13
病みドル、および闇ドルを名乗る町田さくらさん。若干16歳にして、往年のアンダーグラウンドの歌姫・戸川純さんをリスペクトしまくる選曲といい、飛ばしすぎのトークといい、末恐ろしいアイドルでした。

アキバなライブ☆カフェ14
今回の出演者の中で、一番オタ芸をフィーチャーしていた大阪発のアイドルユニット。オリジナルのオタ芸として、某お笑い芸人の「そんなの関係ねぇ」風アクションを紹介していた。

アキバなライブ☆カフェ15
激しい振り付けで踊るダンスアイドルユニット・lit plus+mini。通常は7人組だけど、今回は都合がつかず5人での参加となったため“mini”とついているとのこと。

アキバなライブ☆カフェ16アキバなライブ☆カフェ17

イベントのラストを飾るのは、メイド喫茶出身のアイドルとして活動し、先日メジャーデビューを果たした伊藤芽衣さん。羽をつけた妖精コス(本人談)に、ふにゃほにゃっとした歌い方でオリジナル曲を披露した。

といったところで、今回の「アキバなライブ☆カフェ Vol.25」は終了。あっという間の6時間でした。
イベントで最も特徴的だったのは、何といってもお客さんと出演者の距離の近さ。普段から会うことができるうえ、会場でもステージに立っていないときはメイドとして相手をしてくれる。さらには、一緒になってオタ芸を打ったり、東京メトロちゃんに殴られたりといったことは、このような環境でしかできない楽しみ方といえるでしょう。
普段はメジャーアイドルを追っかけている方も、3次元には興味ないと公言している方も、一度その空気を体験してみると、新しい世界が開けるかもしれませんよ。
このレポートが皆さまの心を温める一助になったことを願いつつ。

ちなみに、次回の「アキバなライブ☆カフェ Vol.26」は2008年3月9日(日)に秋葉原「dress-Cafe」で開催予定。また、関西近郊に在住の方には2月24日に大阪にて「ナニワで?!ライブ☆カフェVol.9」が開催される予定です。


「アキバなライブ☆カフェ Vol.26」
開催日時:2008年3月9日(日)
開催会場:秋葉原「dress-Cafe」
出演(敬称略)
伊藤芽衣、らびりんす、苺瀬ちま、MOMOKA、みく16歳、委稲風砂、他

「ナニワで?!ライブ☆カフェVol.9」
開催日時:2008年2月24日(日)
開催会場:Vi-Code (大阪・中津)
チケット:前売り2,500円/当日3,000円 (ドリンク代\500別)
出演(敬称略)
伊藤芽衣、なりきねね、瀬乃朋美、荻野アサミ、なみたま,ALICE×DOLL、他

■関連サイト
「アキバなライブ☆カフェ」

getchublog at 11:42│Comments(0)TrackBack(0)EVENT │この記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー