げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2008年03月27日

ジャケット昨年10月に放送されたTVアニメ「ナイトウィザード The ANIMATION」のボーカルベストアルバム「ナイトウィザード The ANIMATION」The BEST Vocal Collection」が、5pb.より4月23日にリリースされます。

こちらのアルバムには、PS2用ゲームソフト「ナイトウィザード The VIDEO GAME 〜Denial of the World〜」に登場した新キャラクター“望月 チハヤ”役の小林ゆうさんによるキャラクターソング「beautiful world」が収録。このCDのための新規録り下ろし楽曲となっています。

DSC_0035今回、「beautiful world」のレコーディング現場にお邪魔し、小林さんからお話を伺って来ましたので、紹介いたします。小林さんにとっても思い入れの強い楽曲のようで、お話を伺うというよりインタビュー中熱く!熱く!!時間いっぱい語っていただきました。そんなわけで、弊社としましてもその思いをそのままに伝えたいと思い、できるだけカットせずに皆さまにお見せいたします(小林さんは非常に丁寧にしゃべる方ですので、そのイメージが伝わるように喋り言葉もできるだけ生かしております)。
ちょっと長めになりますが、ぜひご覧くださいな。



【「beautiful world」収録インタビュー】
DSC_0041DSC_0042


―レコーディング、おつかれさまです。まずはキャラクターソングを歌うことにきまって、どう思いましたか。

小林さん 最初聞いた時はすぐに信じられなくて、ものすごく嬉しかったです。アニメに出演されていらっしゃる皆さまは、すでにキャラクターソングをお歌いになってらっしゃいますよね。私はPS2ゲームのオリジナルキャラクターさん(“望月 チハヤ”)を演じさせていただいたんですが、まさか歌も一緒に作っていただけるとは思ってもいませんでしたので、ものすごく感激でした。
歌を歌えるということは、もっともっと私が“チハヤ”さんに寄り添うことができるようになるということだと思うので、そのことでもすごく嬉しかったです!


―はじめて曲と歌詞に触れた時の感想は?

小林さん いただいた時にはもう曲も歌詞もできていて、仮のメロディを作った先生が声も入れてくださっていたので、聴いてすぐに世界観をイメージできるようにしていただいておりました。はじめて聞いた感想は、“ものすごくカッコイイ曲”だと思いました。カッコイイというのも男っぽいかっこよさではなくて、女性らしいかっこよさ、そして純粋に美しい曲だと思いました。
情熱的で美しい旋律、それらから女性らしい『赤』という印象を持ちました。赤の情熱がみなぎっている姿が、私の中に浮かびまして、熱みたいなものを曲からすごく感じました。情熱的に盛り上がっていく中にさらに歌詞が乗っていくことで、世界観が広がりました。情熱だけではなく、“チハヤ”さんが抱えている苦悩だったり、それをも乗り越えて進んでいく決意だったり、せつなさだったり。そういうものを感じさせ、最初から最後まで途切れることなく引っ張ってくださる素敵な曲だと思いました。
おウチで曲を聴こうと思い、「ミュージックオン!」ってしますと、それまで普通の私だったのが曲をかけた瞬間に「グワアァ!!」って、熱が「ウワァ!!」となりました。言葉にすると難しいんですけど、体の奥から熱くなったんですね。曲の最初から最後まで、その世界に浸からせてくださる、そんな曲なんですね。曲を聴いて「あぁ、ホンワカ」という感じではなくて、日常を忘れさせてくださるような、ものすごい勢いを持った曲です。
皆さまも聴いてくださったら、○分○○秒という世界にどっぷり浸かっていただいて、日常のいろんなことを忘れていただける曲になっていると思います。そして「ナイトウィザード」を大好きな皆さま、ゲームをプレイして“チハヤ”さんを好きになってくれた皆さまに、「これでもか!」と浸かっていただける、心をとらえて離さない曲です!
私も初めに訊いた時に、ものすごいテンションが上がりました。こんなにカッコ良くて情熱的で熱い曲を私が歌わせていただけるんだと思ったら、すごく嬉しかったです。私は個人的に歌が大好きなもので、歌わせていただく機会を頂けることも大変うれしかったです。そして個人的にも「beautiful world」のような曲が大好きなんですね。「小林ゆうが大好きって言ってる「beautiful world」って、どんな曲かな?」と興味を持っていただけたら、そして恐縮ですが聴いて頂けたらうれしいな、と思います。


ここで収録したばかりの「beautiful world」が聴けるようになったとのことで、さっそく聴かせていただきました。
しずかに響くドラムの導入から力強い小林さんの歌声に移行。間奏部分では強めにギターソロが入るなど、ロック調のつくりとなっているけれど、小林さんの歌声がメロディを形作るうえで一番重要になっている、既存のロックのイメージからは離れた特徴を持っている曲でした。

「beautiful world」を聴き終わって……
DSC_0047小林さん 私はロックが好きで、最近シングルなどで歌わせていただく機会があったんですが、こういった最初から最後まで歌い上げるような曲は初めてなんです。ロックっぽいギターのソロもすごくカッコ良くてサウンドも熱いんですけど、その中に「ラ〜ラ〜ラララ〜♪」って流れるような旋律がはいる、女性らしく歌い上げる曲は初めて歌わせていただきます。
こういう曲に以前からすごく憧れていて、チャンスに恵まれるといいなと思っていたので本当にうれしいです。


―それではレコーディングが終了していかがですか?

小林さん 今聴いたのは出来たばかりのものなので、これからも変わっていくと思うんですが、改めて聴かせていただいてまたさらに胸が熱くなるような気がします。
ゲームで“チハヤ”さんを演じさせて頂いて魂を込めるということをして、そして今度は“チハヤ”さんとして歌わせていただきました。変な話ですがレコーディング後の自分の曲を聴いて、“チハヤ”さんの歌声というものを自分でも客観的に聴かせていただいたと思っています。“チハヤ”さんがパワフルに歌っているところとかイメージしたり。


―曲の中でお気に入りの部分などはありますか。

小林さん 歌詞の中にしゃべり言葉になっている部分があるんですが、そこが特に好きなんです。例えば、「穢れた闇を 振り払ってみせるわ」という歌詞があるんですけど、そこを「振り払ってー みせぇ↑ るぅー↑↑ わぁー↑↑↑」というように、力強く気持ちを込めるよう気をつけて歌わせていただいています。
そして“チハヤ”さんの色々な心の葛藤が曲の中に込められていて。戦いの中での孤独、主人公の“柊”先輩に出会うことで自分がそういうぬくもりを求めていたということに気づき、そこから変わっていくという。歌詞がひとつのストーリーになっているんですね。“チハヤ”さんの気持ちと歌詞のストーリーが全部重なっていますので、すごく歌いやすかったです。
曲を歌う時にストーリーとして演じて、「私は今孤独で一人だけど、素敵な方たちと出会ってぬくもりを見つけたわ。さぁ、行くわよ!戦うわよ!!」という気持ちになれたんですね。歌にはメロディがあるんですけど、そのメロディという決まりがあるお芝居をしているように歌わせていただきました。それが自分の中でも嬉しかったし、気持ちよかったです。


※ちなみに、「beautiful world」はTVアニメのシリーズ構成を担当した藤咲あゆなさんが作詞を手掛けている。「ナイトウィザード」という作品、“チハヤ”というキャラクターをよく理解した藤咲さんだからこそ書けた歌詞といえるでしょう。

小林さん あと、曲の2番に「いつだって 引き返すのは嫌」という歌詞があるんですが、この部分は“チハヤ”さんの「私は絶対に引き返さないわ。ここから進んでいくのよ!」という気持ちが表れていて、自分でも勇気がわいてくるんです。「失敗を恐れずに前に進むのよ!」という気持ちが込められているんですね。私も失敗を恐れずに進んでいきたいという気持ちを持っているので、重なる部分があるんです。
そこから続く「世界は脆く 折れた翼で 抗いもがき苦しんで」という部分はさらに気持ちを強めて歌ってくださいとのことでしたので、メロディを無視させていただいきました。ゲームの中で“チハヤ”さんには、肉体的にも精神的にも苦しいことが沢山あります。ちょっと怖いかもしれないんですけど(笑)、そういう「ウヴゥー!!」って唸ってしまうような苦しみを表現させていただいています。ですのでここは、メロディよりも感情を重視して歌わせていただいた一節になっています。
本当に素敵な曲だと思います。思いっきり羽を広げて、「私は行くわ!!」って言えるような曲になっています。聴いて頂いた方にも、苦悩の中にも明るい未来が煌々としている、そういう気持ちを重ねていただいて、悩み事がある方、壁にぶつかっている方が少しでも元気になってくれたらいいと思っています。


―ゲームの中で“チハヤ”はどういうキャラクターですか?

小林さん ゲームで演じさせていただいた後と歌を歌わせていただいた後で、気持ちが変わりました。歌も含めていろんな角度から“チハヤ”さんを演じさせていただくことができて、“チハヤ”さんという女の子がより深くわかった気がします。今回歌を通して“チハヤ”さんの新しい面を発見できたと思います。
“チハヤ”さんという方は、美少女でスレンダーなクールビューティという印象です。優等生でメガネをお掛けになっていて、礼儀正しく丁寧なお言葉でお話しされる方です。エコロジーボランティア部、略してエコボラ部という部活の部長さんなんですけど、部員の方はだれも付いてきていません(笑)。決して嫌われているわけではないんですけど、規律正しすぎていつも1人で部活動のゴミ拾いをしているんです。みんなのためを思ってやる部活なんですけど、あまりにもまじめすぎて「面白くない!」って周りの方が付いてこなくなってしまったんです。そこだけでもわかるようにとても生真面目で、カタイ部分のある部長さんです。
ゲームで輝明学園に転入してきて、こういう性格のためになかなか周りに馴染めなくて、お友達もできないんです。でも、“柊”先輩に出会うことによって恋をして乙女心が表に出てくるようになるんですね。女の子の部分が出てくるようになって、嫉妬とか嫌な部分も持つようになっていく。そこが見どころの一つです。内向的な女の子なので、心の中の動きを表現するのにモノローグが多かったです。
どうして“チハヤ”さんが内向的になったかというと、彼女は世界を救う“勇者”なんです。それも自分でなりたくてなったわけじゃなく、普通の生活をしていた女の子が急に“勇者”に選ばれて、急に戦わなくてはいけなくたってしまったんです。自分の意志ではなく、両親やお友達と離れることになったという不幸が過去にあります。そして入った戦いの訓練の学校では周りも年齢が上の方ばかりで、お友達もなかなかできなくて。いちばんお友達との関係が楽しめる思春期を訓練で過ごすことになります。ですので、心の中は苦しいことばかりになっていきます。
そういう過去を持っていて、輝明学園に転入することになり、はじめは戸惑いながらもスクールライフを楽しめるようになったんです。“チハヤ”さんは一見普通の学生さんに見えるんですが、そういった小さいころからの積み重ねがある、心の中に葛藤を抱えた女の子なんです。そういう彼女の目線で見る世界はものすごく奥が深いです。“チハヤ”さんは普通の同じ年頃の女の子と比べてもすごく深い心の襞をもっているので、彼女の目線で見ればより深く「ナイトウィザード」の世界を見ていただけると思います。
ゲームはもう発売されていますのでお話しさせていただいてもよろしいと思うんですが、“否定するもの”というエミュレイター(魔物)が“チハヤ”さんの中に出てきます。いつもの“チハヤ”さんの時は「“柊”先輩♪」という感じなんですけど、“否定するもの”になったら「(低い声で)消してやる、ウォォ!」という、こんなものが“チハヤ”さんの中にあるの? という恐ろしい人になります。
魔物が心の中に住み着いていることで、本当は素直なのに性格まで歪んでしまうんです。そうしてすごく嫌な子になってしまうのも、心の中にエミュレイターが住み着いているからなんです。そういった状況の中で、“チハヤ”さんはものすごく大きな選択に迫られます。そして皆さまがゲームの中で大きな分岐点に立つことになり、どういったゴールを迎えるか選んでいただくことになります。それがゲームの大きな醍醐味の一つになると思います。
戦闘も大きな見所の一つなんですが、“チハヤ”さんが訓練で身につけたものを発揮してすごくカッコイイです。そういったシーンもありますので、とても振れ幅の大きい役だと思います。ぜひ皆さまも“チハヤ”さんの中に住んでいる魔物に対面していただいて、やっつけてください! 普通の女の子に戻してほしいです。


―最後にファンの方にメッセージをお願いします。

小林さん 今回は「ナイトウィザード The ANIMATION」The BEST Vocal Collection」に、私も“望月 チハヤ”として「beautiful world」という歌を収録していただけることになりました。“チハヤ”さんと一緒にありがたく、そして幸せに思っております。
このアルバムには、「ナイトウィザード」の世界にいらっしゃる素敵なキャラクターの皆さまのキャラクターソングが余すところなく収録されています。これがまず第1の魅力です。もしかしたらある方の曲はもうお持ちになっているかもしれませんが、他の曲はお手元にない、ということもあるかと思います。そういう皆さまは、これ1枚を聴けば全部収録されてます。CDを交換する必要もないので、お手間もかかりません。
「ナイトウィザード」のキャラクターソングは、5人のキャラクターさまがお歌いになっていて、ぴったりな内容の曲をそれぞれ歌うということが醍醐味の1つだと思います。そして今回は私も併せさせていただいて、6人のキャラクターさまが歌っております。
そして、それだけではないんです。
TVアニメ、そしてPS2「ナイトウィザード The VIDEO GAME 〜Denial of the World〜」のオープニング・エンディングテーマも入っていて、ものすごいボリュームです。「これは持っているけど、こっちは持っていない」という方もいらっしゃられると思います。1枚でももっていない方は、「ナイトウィザード The ANIMATION」The BEST Vocal Collection」には全部入っています! 恐縮ですが、私の歌も入っていますので、ぜひ聴いて頂けたら嬉しいです。これ1枚を聴いて頂けたら、「ナイトウィザード」の世界にどっぷり浸かって頂けます。
アニメはすでに終了していて、ゲームも発売されていますので、さびしいなと思っていらっしゃる方もいると思います。この「ナイトウィザード The ANIMATION」The BEST Vocal Collection」を聴いて頂くと、自分の中でその世界を思い出していただき、また新たに違うことを感じてもらえるかもしれません。よろしくお願いいたします!


―本当に熱いメッセージ、ありがとうございました。



◆「ナイトウィザード The ANIMATION」The BEST Vocal Collection」
発売日:2008年4月23日
価格:2,940円(税抜2,800円)
収録曲(敬称略)
 「beautiful world」望月チハヤ(CV:小林ゆう/新録曲)
 「KURENAI」宮崎羽衣(TVアニメOPテーマ)
 「Erinyes」BETTA FLASH(TVアニメEDテーマ)
 「6th body」BETTA FLASH(PS2ゲームOPテーマ)
 「Fates」宮崎羽衣(PS2ゲームEDテーマ)
 「Satisfaction」志宝エリス(CV:宮崎羽衣)
 「WHITE HEART」赤羽くれは(CV:佐藤利奈)
 「Destiny」緋室灯(CV:小暮英麻)
 「Darkness」ベール=ゼファー(CV:後藤邑子)
 「時の行方」リオン=グンタ(CV:柚木涼香)

■関連サイト
「ナイトウィザード The ANIMATION」
TRPG「ナイトウィザード」
5pb.


[関連タイトル]


getchublog at 17:03│Comments(0)TrackBack(0)INTERVIEW | CDこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー