げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2008年07月01日

DSC_00996月29日、TVアニメ『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』の放送開始を記念したイベント「『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』放送直前イベントinパセラ」が、東京「パセラ銀座店」にて開催されました。

こちらのイベントには、主人公“サイト”役の日野聡氏、“タバサ”役のいのくちゆかさん、“キュルケ”役の井上奈々子さん、原作のヤマグチノボル先生、そして主題歌を歌うICHIKOさんが出演。
弊社も取材に参加してきましたので、以下にレポートをお届けします。
会場に行けなかったというファンの方は、ぜひご照覧あれ!

まずは2008年7月より放送開始のアニメ『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』第1話を先行上映。
実際に放送されるまでのお楽しみということで詳しい内容には触れませんが、簡単に説明すると「ベッドシーンではじまり、おっぱいが革命して、ツン。そしてデレに終わる」といったところ。要するに、エッチ豊富なラブコメディです。

そして司会進行役の日野氏の他、ゲストのいのくちさん、井上さん、ヤマグチ先生が改めて登場。ヤマグチ先生より、アニメ第3シリーズの魅力が紹介されました。
見所いっぱい夢いっぱいのアニメ第3シリーズですが、ここはあえて3点にしぼると…

・お色気増量のドタバタラブコメ
・バストレボリューション
・“タバサ”の大活躍

まず一つ目の見どころは、ドタバタラブコメ。
個人的に『ゼロの使い魔』は元々そういったイメージがあるのですが、今シリーズではラブ分がさらにアップ。“サイト”をめぐるラブいシチュエーションだけでなく、学院を舞台に他のキャラクターたちのラブ展開もありえる、かも?

ところで、ゲストの井上さんには納得がいかないことがあるようす。
『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』のキービジュアルとして各所で公開中のこのイラスト。
キービジュアル
“キュルケ”が居ない……。「なんで?」と関係者に聞いたところ、「“キュルケ”は“コルベール”先生と一緒じゃないと、登場しないんじゃないかな」との返答……。
負けるな“キュルケ”! ファンは君を応援している! たぶん。


2つ目の「バストレボリューション」に関してはすでに説明は不要だと思われますが、『ゼロの使い魔』史上最大級の破壊力を持つ“ティファニア”が、本格的に登場するわけです。
会場でもこれは大きな魅力だったようで、イベントに参加したファンのみんなが日野氏の「バストッ!」の掛け声に声を合わせて「レボリューションッ!!!」と、楽しそうに叫んでいました。見所おっぱい夢おっぱい!

ちなみに、シリーズ初期から巨乳キャラとしての立ち位置を獲得してきた“キュルケ”でしたが、“ティファニア”の登場により全キャラクター中2番目の大きさに……。
「みなさん、“キュルケ”の胸も忘れないでください…」と井上さん。
がんばれ“キュルケ”! 明るい明日が待ってるさ! おそらく。


3つ目のポイントとなるのが、いのくちさん演じる“タバサ”。
今シリーズでは新キャラクターとして、“タバサ”の妹を名乗る謎の少女“イルククゥ”が登場します。ちなみにバストは普通より大きめくらい。
どのように物語に絡んでくるのかはまだ秘密ですが、彼女の登場によりアニメの後半では“タバサ”メインの展開が待っているとのこと。サブタイトルの「三美姫(プリンセッセ)」の1人は、“タバサ”のことを指すようなのでその活躍のほどは推して知るべし。
プリンセッセの他の2人はまだ明かせないそうですが、ヤマグチ先生によると“アンリエッタ”が有力株。

なお、トークでは日野氏より「後1人は誰か気になるけど…、“キュルケ”ではないよ」とダメ押し。これを受け井上さんも「わかってますよぉ、そんな……」と答えていました。
もうやめて! “キュルケ”のライフはもう0よ!


一通り『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』の紹介が終わったところで、残念ながら今回イベントに出演されなかった“ルイズ”役の釘宮理恵さんからのビデオメッセージを上映。司会進行を行っている日野氏に対し、「日野ちゃま、元気〜。これまでも大活躍だったと思うんですが、これからはもっと会場を暖めて楽しいトークを繰り広げてください。ガンバレ〜、イエーイ」と応援(?)メッセージを残していきました。


さっそく期待に応えていきたいところですが、次のコーナーは日野氏が個人的にとっても嫌な「言葉の魔法」出張版。
こちらは現在メディファクラジオで配信中のwebラジオ「ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜」の1コーナー。声優として活躍中の出演者が、早口言葉に挑戦するという内容のコーナーです。

お題となったのは、

「“ティファニア”、ぽみょぽみょ3ぽみょぽみょ。
あわせてぽみょぽみょ、6ぽみょぽみょ」


難易度高し。
次々に挑戦し、破れ去る出演声優陣。
最後に挑戦する、ヤマグチ先生。

採点は来場者の拍手の多さで決定したのですが、一番拍手が多かったのはなんとヤマグチ先生!
現役声優陣の名誉のためにいっておきますが、ヤマグチ先生の早口言葉がなんだかいちばん可愛らしいカミ方をしておりまして、そこにキュンと来たわけです。

「俺たちはとんでもない思い違いをしていた。ヤマグチ先生こそ『ゼロの使い魔』の萌えキャラだったんだ!」
「な……なんだってー!!」
(AA略)

早口言葉の賞品として、会場となったパセラ全店で7月10日より登場となるオリジナルメニュー「ルイズのハニートースト」が進呈されました。
これを女性声優2人にあげるために切り分けて、なかなか自分が食べられないヤマグチ先生。やっぱり萌えですね。

パセラ全店では、この他にも『ゼロの使い魔』の各種企画が実施されるとのこと。カラオケに行く時はパセラのご利用をどうぞ、とのことでした。


イベントのラストを飾るのは、アニメ『ゼロの使い魔』シリーズの主題歌を歌うICHIKOさんによるライブコーナー!

第2シリーズオープニングテーマ「I SAY YES」、第1シリーズオープニングテーマ「First kiss」、そして第3シリーズオープニングテーマ「YOU’RE THE ONE」を熱唱。
「First kiss」を歌う時はファンの歓声にまぎれて前奏が聴こえないというトラブルがあったものの、「この曲は歌い出しが大事なので、もう一度お願いします」と歌い直しをお願いしており、こだわりが感じられました。
個人的な感想になりますが、曲が持つ盛り上がりの力ももちろんありつつ、MCで聴衆のテンションをグングン引っ張り上げるところなど、ICHIKOさんは非常にライブでのテンションが上がるアーティストですよね。
DSC_0101

これにて「『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』放送直前イベントinパセラ」は終了ですが、TVアニメ『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』はこれから放送がスタート! ファンの皆さんは、ぜひお茶の間で3つの見どころ(特におっぱい)を確認してくださいな。

◆TVアニメ『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』
放送局
 チバテレビ :7月6日より毎週日曜24:30〜25:00
 テレ玉    :7月11日より毎週金曜25:30〜26:00
 テレビ神奈川:7月6日より毎週日曜25:30〜26:00
 TOKYO MX  :7月8日より毎週火曜25:30〜26:00
 サンテレビ :7月9日より毎週水曜26:10〜26:40
 テレビ愛知 :7月10日より毎週木曜25:58〜26:28
 キッズステーション:7月17日より毎週木曜24:30〜25:00(リピート 毎週金曜4:30〜、毎週日曜27:00〜)

スタッフ(敬称略)
 原作:ヤマグチノボル
 監督:紅優
 シリーズ構成:長谷川菜穂子
 イラスト・キャラクター原案:兎塚エイジ
 キャラクターデザイン・総作画監督:藤井昌宏
 アニメーション制作:J.C.STAFF

キャスト(敬称略)
“ルイズ”:釘宮理恵
“平賀才人”:日野聡
“シエスタ”:堀江由衣
“アンリエッタ”:川澄綾子
“タバサ”:いのくちゆか
“キュルケ”:井上奈々子
“ティファニア”:能登麻美子

■関連サイト
『ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜』公式サイト
メディアファクトリー
MF文庫J


[関連タイトル]


getchublog at 11:26│Comments(0)TrackBack(0)EVENT | ANIMEこの記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー