げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2008年11月17日

トリガー1ゲームやアニメで人気の「CHAOS;HEAD」にキャラクターソングCDがついに登場!
そのシリーズ第1弾となる「CHAOS;HEAD 〜TRIGGER1〜 西條 七海」が12月24日に発売されます。

このCDシリーズ、実は2月26日発売予定のXbox360『CHAOS;HEAD NOAH』のキャラソンという位置づけでして、収録されている楽曲はゲームの各ヒロインルートにてエンディング曲として使われるとのこと。また、楽曲だけでなくエッチ方面に特化した妄想トリガーのボイスドラマも収録されていたりします。
今回は、CD発売に先駆けて“西條 七海”役の宮崎羽衣さんにインタビューを行ってまいりました。CDのことからアニメ、さらには『CHAOS;HEAD NOAH』のことも色々聴いてまいりましたよ!


【宮崎羽衣インタビュー】
RIMG0003
―本日はよろしくお願いします。今回は「CHAOS;HEAD」のキャラクターCDということで、宮崎さんが演じる“西條 七海”の紹介からお願いします。

宮崎さん 「カオス;ヘッド」はPCのゲームとアニメがあるんですが、ゲームの方では主人公“西條 拓巳”の口の悪い妹っていう設定だったんですけど、アニメ版の方では口の悪い所がなくなってひたすら兄思いの妹っていうキャラクターになっています。すごく明るい女の子で、いつもお兄ちゃんのことを心配しているんですけど。色んなところに気が向いてしまい、一方的にしゃべってしまうような女の子です。

―ゲームと違い、アニメではキャストがみんなそろってアフレコを行うと思うんですが現場の雰囲気も違いますか?

宮崎さん ゲームのアフレコは基本的に1人なので、他の皆さんがどういう演技をしているかを想像しながら演じるんですが、アニメ版でキャストさん全員が集まります。“七海”は基本“拓巳”役の吉野さん(吉野裕行氏)とのカラミが多いんですけど、吉野さんがあそこまでオタクさんを演じているとは思わなくて、圧倒されてます。「こういうお兄ちゃんだったら本当にお世話してあげたいな」と思わせるようなお兄ちゃんで、ますます依存しちゃってます。

―宮崎さんにとって“拓巳”はどういうお兄さんですか?

宮崎さん すごいかわいいオタクさんというか、一番人間っぽい人です。例えば、女の子と出会って妄想を色々するんですけど、その後に「こんな女の子、実際にはいないよ」って思ったり、すごい人間っぽいなと。私的にも、こんなお兄ちゃんがいたらいいなって思うような兄です。吉野さんのお芝居の力なのかもしれないですけど、キャストの中でもすごく評判が良くて、みんなで「“拓巳”カッコイイ」「守ってあげたいね」って話してます。

―“七海”の他にもヒロインがいますが、“拓巳”をめぐっての戦いの一番のライバルって誰だと思います?

宮崎さん ライバルは、やっぱり“星来”ちゃん(友永朱音さん演じるメインヒロイン)です。
アニメでは“おにぃ”が全然にかまってくれないし、会話シーンでも一方的に“七海”が一方的にしゃべってばかりいるんですね。でも、“星来”ちゃんに対しては“おにぃ”が顔を赤くしたり、リアクション するのでちょっと「いいな〜」って思います(笑)。


―では今回の“七海”キャラクターソング「Love Power」ですが、どんな曲になっていますか?

宮崎さん 最初に曲をもらった時に、まず意外だなと思ったんですね。“七海”の曲なので、結構はじけてる系の歌なのかと想像していたら、割と松田聖子さんっぽい王道な歌でした。歌詞もそのまま“七海”の歌詞になっていて、「右手にかかった魔法」とか「初めて貰ったプレゼント」とか、“七海”の心境をリアルに描いた歌詞になっていました。私も普段より可愛いめに歌いました。

―歌詞のフレーズで特に力を入れたというか、聴いてほしい部分ってありますか?

宮崎さん 一番最後のサビ「私がいなくちゃダメね そばにいてあげるからね」の“そばにいてあげるからね”はすごくこだわっていて、何テイクもお願いして歌わせてもらいました。これで歌が終わっちゃうんじゃなくて、これからまだ続くよっていう終わり方にしたくて。

―宮崎さんは他にも様々な歌を歌ってらっしゃいますが、普段の曲とキャラクターソングで違いってありますかね。

宮崎さん 全然違いますね。キャラソンはわりと自分の意見を通させてもらっているというか、自由に私が思った事、発想をスタッフさんが取り入れてくださるんですね。なので、いつもよりハジケ気味だったり、声のトーンが高めだったり、ニュアンスも自分で考えたりして、すごい楽しいです。
ソロの曲は宮崎羽衣として歌うんですが、キャラソンはキャラクターとして歌っているのでアフレコに近いかもです。


―このキャラソンは第6弾までリリースされますが、他の方のCDで宮崎さん注目のキャラソンってありますか。

宮崎さん 一番聴いてみたいのは“西条 拓巳”なんですけど(笑)。
実はすでに全部聴かせていただいたんですけど、喜多村英梨ちゃんの歌がすごい萌え声ですごい上手かったので、びっくりしました。他のも「全部収録したアルバムにすればいいのに」っていうくらい良い曲ばっかりでした。榊原ゆいさんの“岸本あやせ”の歌も、すごいロックでカッコ良かったです。


―このCDはキャラソンの他にボイスドラマの「妄想トリガー フルスロットル」も収録されていますね。ちょっとだけ聴かせていただいたんですが、結構エッチな内容でした(笑)。

宮崎さん いや〜、すごい恥ずかしかったです(笑)。アニメの方では“七海”の妄想シーンって意外と少ないんですよ。なので、キャラソンのボイスドラマは“七海”のファンの皆さんに喜んでもらえる内容になっているかなと思います。裸エプロンになっていたり、シチュエーションがすごいことになってて。ささやきも多くて、ヘッドホンで聴く人のことを考えているのかもしれないです。
私、ここまでえっちぃのは今までやったことがなかったので、ぜひ自分が“おにぃ”になった気分で聴いてもらいたいです。


―裸エプロンって、PCゲーム版よりもエッチな妄想ですよね(笑)。宮崎さん的にはいかががですか?

宮崎さん 裸エプロンは、自分がするのはちょっとイヤですね(笑)。変な話ですけど、リアルに体のラインが見えちゃうのがイヤです。

―2009年2月に発売予定のXbox360『CHAOS;HEAD NOAH』についても、話せる範囲でお願いします。各ヒロインの個別ルートがあることが大きな目玉になっていると思いますが、そちらはどのような展開になるのでしょうか、

宮崎さん “七海”ルートは、“七海”自身にとってもすごく嬉しいお話になっています。私としてはすごい「LOVEエンド」だと思っているんですけど、そんな展開もあったり、絶対アニメで観れないような展開が詰め込まれていたり。ストーリーもPC版に味付けがされていて、他の役者さんとも「どうだっ た?」って話すんですけど、「すごい怖かった!」ってみんな言ってました。前よりもパワーアップした内容になっていますね。

―キャラソンの「Love Power」は“七海”ルートのエンディングに使われるということですが、エンディングにあった曲ということでいいんでしょうか。

宮崎さん そうですね、「LOVEエンド」にぴったりな曲だと思います。
『CHAOS;HEAD NOAH』は、アニメの展開にも近い要素がいっぱい入っているので、“七海”ちゃんもビックリするようなお話になっています。


―それでは最後に、CDを楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

宮崎さん “七海”のキャラクターソングということで、私も聴いてくれる人たちみんなが“おにぃ”だと思って歌いました。すごく前向きで、気持ちが暖かくなって、勇気が持てるような曲になっていますので、ぜひ皆さんにもヘッドホンとかを使って何回も聞いてもらえたら嬉しいです。
妄想のドラマも入っていて、こっちではゲームやアニメでは絶対観れないような“七海”ちゃんの姿が聴けますので! こちらも“おにぃ”の気持ちになって聴いて喜んでもらえたらな、と思います。聴くと「カオス;ヘッド」の世界に引き込まれたような気分になれると思うので、ぜひぜひ買ってください!


―ありがとうございましたっ!
RIMG0007

■関連記事
「カオス;ヘッド」記事一覧

■関連サイト
TVアニメ「カオスヘッド」公式サイト
5pb.


[関連タイトル]



getchublog at 15:47│Comments(0)TrackBack(0)INTERVIEW | CDこの記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー