げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2009年02月21日

2008年4月にPCソフトブランドLassから発売されたPCゲーム『11eyes−罪と罰と贖いの少女−』。そのコンシューマ移植版となるXbox 360『11eyes CrossOver』が、4月2日にリリースされます。

この『11eyes CrossOver』には、PC版のリメイクとなる「罪と罰と贖いの少女」編に加え、完全オリジナルシナリオの「虚ろなる鏡界」編を収録。
本日は、「虚ろなる鏡界」編の新ヒロインの1人“紅野 澪”を演じる加藤英美里さんよりオフィシャルコメントが到着いたしましたので、ご紹介します。
キャラクター紹介とあわせて、ご覧くださいませ。


紅野澪s
“紅野 澪”
クラス委員長を務める才媛だが、天才というよりは秀才の人。
陰で人一倍の努力をする性格。
その正体は、主人公の“天見 修”と同じく若き現代魔術師。父親が“修”の祖父“天見莞爾”の弟子だったため、対抗意識を持っている。
友人である“吾妻 汐音”のことを大事に思っているが、自分が魔術師であることは秘密にしている。

11eyes_gamen_01
11eyes_gamen_02
11eyes_gamen_03
11eyes_gamen_04


【CV:加藤英美里さんオフィシャルコメント】
katou_photo_1s

―『11eyes CrossOver』に出演が決まった時の感想を教えて下さい。

加藤さん 嬉しかったです!
新キャラということで、“澪”がどういうキャラなのか楽しみでした!


―ご自分なりの作品の印象を教えて下さい。

加藤さん 魔術を使うという、ちょっとファンタジーが入っているけど、キャラクターの心情の変化が面白い作品だと思いました。

―加藤さんの演じる“紅野 澪”というキャラクターはどんなキャラクターですか?

katou_photo_2_s
加藤さん 一見優等生だけど、ものすごく努力家で、友達思いの子。
クールにみえますが、心の中は女の子なツンデレです!


―“紅野 澪”を演じてみた感想を教えて下さい。

加藤さん “澪”は憧れの女の子な感じだったので、演じていて楽しかったです!
“天見”に対してはクールな感じなので、そこは少し難しかったです。


―最後に、作品を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

加藤さん 戦闘シーンなんかもかなり盛り沢山で、面白くなっています。
個人的には、“澪”の“汐音”への思いがすごく素敵だと思ったのでぜひ注目してください!


◆『11eyes CrossOver』
メーカー:5pb.
原作:Lass
ジャンル:侵蝕世界学園伝綺アドベンチャー
プラットフォーム:Xbox 360
発売日:2009年4月2日予定
価格:通常版 7,140円(税込)/限定版 9,240円(税込)

(C)Lass/(C)5pb. Inc.

■関連サイト
『11eyes CrossOver』公式サイト


[関連タイトル]


getchublog at 12:16│Comments(0)TrackBack(0)INTERVIEW | GAMEこの記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー