げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2009年09月11日

図2
こんにちは、Guilty+営業担当しんのすけです。
最近はすっかり涼しくなってきて秋も本番って感じですね。
秋と言えば「○○の秋」と呼ばれますが、皆様は何の秋でしょうか?
Guilty+で「性欲の秋」はいかがでしょうか?

図1
Guilty+では9月25日(金)に『RIN×SEN 〜白濁女教師と野郎ども〜』を発売致します。
まずは下記のストーリーをご覧下さい。


父母も祖父母も先生という教師一家に育った蛯原うららは、
“みんなに慕われる先生になること”が夢でごく自然に教師の道へと進み、都内にある私立の女学園に赴任することになる。
さらにうららはフィアンセとの結婚を数ヶ月後に控え、公私ともに充実。幸せな日々を送っていた。
しかしフィアンセが事業に失敗し、多額の借金を背負ったことで彼女の生活は一変する。
うららは連帯保証人になっていたうえに、フィアンセが行方不明になってしまったのだ。

夏休み中のある日、彼女の住むマンションに鬼島と名乗る借金の取り立て屋がやってくるが、利子で膨らんだ借金を返済する当てはない。
すると鬼島は、一ヶ月間だけ知り合いの学園で勤めてみないかと提案してくる。
なんでも男子学園の黒銅学園では、慢性的に教師不足に悩んでいるらしい。
鬼島はもし黒銅学園で働いてくれれば、利子分くらいは帳消しにしてくれるという。

(何故わたしがそうすれば、借金を返済できるの?)
当然、疑念が過ぎったが、お互いの両親への挨拶も済ませ、今さら婚約を解消することなど考えられない。
彼こそが一生を添い遂げる運命の人だと信じている。真面目な彼のことだから、きっと金策に奔走しているのだろう。
そう考えると、うららは愛するフィアンセの力になりたくて、黒銅学園に赴任することを了承する。

そこはどんなに頭が悪くても入学できると言われ、不良の巣窟と呼ばれている最低の学園。
地元の人たちにまるで汚物のように嫌われ、「ヤ○ザ予備校」などと呼ばれている学園。

うららは赴任していく――
そこに卑劣な罠が待ち受けているとも知らずに……。


というストーリーになっております。
更にこちらのムービーもあわせてご覧頂くとより分かりやすいかと思います。

movie『RIN×SEN 〜白濁女教師と野郎ども〜』PV


いかがでしょうか?秋の夜長に、性欲の秋にぴったりのヌけるタイトルとなっております。
その他にキャラクター紹介やイベントCGはGetchu.com内の紹介ページで詳しくご覧になれますので、是非そちらもご覧下さい。

これまでに掲載したコラムはこちら
メーカーズコラム一覧ページ

■関連サイト
Guilty+
Will


[関連タイトル]


getchublog at 13:38│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー