げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2010年03月31日

そらり「さあ、やってまいりました、げっちゅ屋×竹井10日のコラボにして、『ひまわりのチャペルできみと』スピンアウト企画第1弾、『天と』」

みはや「『美駿の』」

そらりみはや「『漫画がんばるぞ!』」

そらり「今、イチオシのコミックスを紹介するこのコーナー。まあ特に月刊という訳ではなく4週に1回のお楽しみであるために、3月2回目の登場であります! 生理みたいなもんですね!」

みはや「あなた、そういうことを大声で言うから、男子がドン引きなんですよ……」

そらり「生理みたいなもんですね(小声)」

みはや「そういうことじゃないのですけれど、あなたの人生ですから、あなたの好きにするといいですよ」

そらり「冷たい! 野々宮さんがひんやり冷たい! ヒンヤリハット現象であります! そんな3月なのに冷たい雪が降るここ最近の日本でご紹介する作品はこちら」



◆『超弩級少女4946』(東毅 著、小学館 刊)

みはや「大体いつも日本から紹介していますけどね」

そらり「え、日本じゃない所から紹介したこともあるの!?」

みはや「唯菜さんの紹介は異次元発信を感じますよね」

そらり「あー……。電界25次元からの刺客、唯菜さんが来ないうちに本作のお話を。何だかやたらとデカい女の子、衛宮まな(身長49.46m)とちょっとズレた感じに正義感の強い少年、飛田マコトの2人が繰り広げる、ジャンル的には適度に重苦しいラブコメであります!」

みはや「適度に重苦しいラブコメジャンルって、他には何があるんですか……?」

そらり「え……? えーと……『星は歌う』……?」

みはや「随分ベクトル違いますけどね……」

そらり「何と言ってもこの漫画の凄い所は、巨女ブームかソニックブームが来ているというのを裏付けているということですよ!! 間違いなく待ちガイル!」

みはや「今月2回目だとダジャレのキレが悪いですね。あとまあ、それを主張してるのは、美川べるの先生だけだと思うんですけどね」

そらり「いいや、来てますね! ツンデレやヤンデレはもう古い! これからの時代は巨女ですよ! 10m20mは当たり前ですよ!! わたくしもあれですよ、46億天文単位とかの身長になれば、勝つるってことですよ!!」

みはや「段々、権田原さんが何と戦っているのか分からなくなってきました」

そらり「あと、大体原稿のオファーが締め切り16時間前ぐらいに来るとか、そりゃ急拵えにもなりますよ!! ドクターハウス先生だって治療に16時間しかないとか言われたら、家に帰って寝ますよ! ハウス先生だけに家に! ええい、どうにもキレが悪いな!」

みはや「ハウス先生は自由ですから、帰りたい時に帰りますけどね……」

そらり「話は戻って、超弩級少女ですが、東先生は、漫画力(ちから)が強くていいですよね。凄い漫画読みやすいというか画面のメリハリの巧さと構図の取り方と描き方の巧みさに裏打ちされた漫画を読ませる力、みたいなものが漫画好きオーラと共に溢れ出てる感じで非常に安心して読めますね!!」

ゆいな「唯菜オーラが出ている東京皇帝☆北条恋歌5巻は角川スニーカー文庫から5月1日発売ですよっ」

みはや「唯菜さんオーラはどんな感じなんですか?」

ゆいな「隠し味です」

そらり「何言ってんだか全然分かんねえ!! というところで、今回はこのあたりで。実況はわたくし権田原天」

みはや「解説は野々宮美駿」

ゆいな「ゲストは唯菜でした」

そらり「ていうか、何いつの間にか普通に会話に入ってきてゲストとか言い張ってるんですか、唯菜さん!?」

ゆいな「実は唯菜が喋るのが本編で、お二人は前座なのかもしれませんよ?」

そらり「なにその大胆な推理!?」

そらりみはやゆいな「「「それでは皆さん、また来月ー」」」


(文責・竹井10日)




●人物紹介
そらり・権田原天(ごんだわら そらり)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の実況担当キャラクター。くどい台詞回しと濃いネタ使いとディフェンスに定評がある。好きな巨女キャラはアルティメットガール。

みはや・野々宮美駿(ののみや みはや)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の解説担当キャラクター。頭の上に乗っているのはイルカのリノールさん。好きな巨女キャラは綾波さん。

ゆいな・唯菜(ゆいな)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)のお母さん担当キャラクター。お母さん担当ってどういうことですか? 好きな巨女はクランクラン。


竹井10日(たけい とおか)……エロゲシナリオやラノベなどを書く、よろず物書き。代表作は『秋桜の空に』『ひまわりのチャペルできみと』(共にMarronより発売のPCゲーム)など。好きな巨女はちちびんたリカ。


■過去のコラム
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第1回『水惑星年代記』(大石まさる著、少年画報社刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第2回「神聖モテモテ王国」(ながいけん著、小学館刊)
「唯菜の漫画がんばるぞ!」 第3回「ハニカム」(桂明日香著、アスキー・メディアワークス刊)
「唯菜の犬とがんばるぞ!」 第4回「鬼外カルテシリーズ」(碧也ぴんく著、新書館刊)
「一紗香の犬とがんばるぞ!」 第5回「宙のまにまに」(柏原麻美著、講談社刊)
「一紗香の漫画がんばるぞ!」 第6回「Q.E.D.―証明終了―」(加藤元浩著、講談社刊)
「天と美駿のアニメがんばるぞ!」 第7回「ストライクウィッチーズ」(原作・島田フミカネ、監督・高村和宏)
「天と美駿のライトノベルがんばるぞ!」 第8回「東京皇帝☆北条恋歌」(竹井10日著、角川スニーカー文庫刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第9回『もと子先生の恋人』(田中ユタカ著、白泉社刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第10回『バクマン。』(原作・大場つぐみ、漫画・小畑健、集英社刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第11回『キン肉マンレディー』(小川雅史 著 原作・ゆでたまご、集英社刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第12回『バガタウェイ』(古日向いろは著、マッグガーデン刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第13回『ねこめ〜わく』(竹本泉 著、ソノラマコミックス他)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第14回『放課後のカリスマ』(スエカネクミコ著、小学館)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第15回「美川べるのの青春ばくはつ劇場」(美川べるの著、講談社刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第16回「ラ・プティット・ファデット」(しかくの 著、東京創元社 刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第17回「シスタージェネレーター」(沙村広明 著、講談社 刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第18回『ふたつのスピカ』(柳沼行 著、メディアファクトリー 刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第19回『それでも町は廻っている』(石黒正数 著、少年画報社 刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第20回『ぱぱこん』(さとし著、フォックス出版刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第21回『亡き少女の為のパヴァーヌ』(こげどんぼ著、マッグガーデン刊)
「天と美駿の漫画がんばるぞ!」 第22回『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ著、エンターブレイン刊)

■関連サイト
Marron


[関連タイトル]


getchublog at 11:54│COLUMN | BOOKこの記事をクリップ!

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー