げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2013年03月22日

皆さんお待たせ致しました!

画像01


『LOVESICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた-』、本日3月22日発売ですー!!

とうとうこの作品が皆さんの手に渡り、そして起動して頂ける日が来た――
何だか想像するだけで嬉しくて、緊張して、ちょっとくすぐったい気持ちもあったりして。
発売まで随分とお待たせしてしまいましたが、
この日を迎えられたこと、そしてユーザーの皆さんと一緒にこの日を喜べること……スタッフ一同、とても嬉しく思っております。

――なーんてしみじみする気持ちは後から後から☆
だって今日はせっかくの発売日!
この犬ブログももしかしたら最終回!? という事で、

本作のプロデューサー「春山P」
シナリオを手掛けられた「安堂こたつ」氏
原画を手掛けられた「三九呂」氏

以上三名にコメントを頂いてきましたー!
是非プレイ前にご覧下さいませ☆

それでは最初は春山Pからです。どうぞ!

■春山Pより皆さんへ

 大変お待たせして申し訳ございません。
 いよいよ『LOVESICK PUPPIES』発売となります。
 スタッフ一同並々ならぬ気合で制作しましたが、
 お気軽に楽しんで頂ければ幸いです!
 感想お待ちしておりますのでぜひぜひよろしくお願いします!
 面白いと思って頂けた方は「萌えゲーアワード」に参加しておりますので
 応援お願い致します!
 
★☆―――――――――――――――――――――――☆★


ふむ……春山Pらしい、無駄を廃した、尚且つ重要な点は伝わるシンプルなコメントですね。
ちゃっかり宣伝も入っておりますが、是非とも「萌えゲーアワード」の方もよろしくお願い致します♪

それでは続いてのコメントは原画担当の「三九呂」氏からです☆


■三九呂氏より皆さんへ

遂に発売日を迎えることが出来て本当に嬉しいです。
製作中は初めてのことばかりで、楽しさより、焦ったり辛かったことの方が多かったように思いますが
改めて振り返ると、よく頑張ったなと感じます。
そしてこれからも皆さんと同じように僕も楽しみながらゲームをプレイしようと思います。

★☆―――――――――――――――――――――――☆★


三九呂氏は原画初挑戦ということでしたが、本当に素晴らしい絵を沢山沢山見せてくださいました。
時には春山Pと共に悩んだり、長い時間話し合ったりしている姿もありました。
その結果生まれてきた女の子たちの姿、そしてそのクオリティの高さは皆さんもご存じのことと思います。
本作をプレイされる皆様、是非愛くるしい女の子たち(一部男性キャラとか鶏とか!)をお楽しみください☆


それではラストのコメントは安堂こたつさんに飾って頂きましょう!

■安堂こたつ氏より皆さんへ

 ……………………………………………………
 ……………………………………………………
 ………………………………これは賭けである。





 2013年3月中旬。
 私はひとつのメッセージを受け取った。

 それは宇宙的広報レディと名乗る人物からだった。

 はっきり言って、私と彼女との接点は無いに等しい。

 私は企画/シナリオ/囮 として今作に関わっているが、
 直接会ったことはない。いわばWEB上だけでの仕事仲間である。

 そんな彼女から、いきなりのメッセージである。



 2通に別けられたそのメッセージは、
 要約すれば以下のようなことが書かれていた。

 『春山Pに犬ブログで使う文章書かせたんだけど、
  ヤギも食べるのを拒むぐらいくそつまんねー内容なんで、
  なんかおもしろい事書けよライター。

  あ、ロハ(無料)でな?』


 これだけでも充分驚愕に値する内容なのだが、更に宇宙的広報の注文は続く。

 『ファンが喜ぶちょっと変なコメントでお願いします』
 『ゲーム発売日の犬ブログに載せます』


 追加された条件に、私はめまいと共に戦慄を覚えた。

 『ファンが喜ぶちょっと変なコメント』とは一体?

 メッセージでは柔らかい印象で書かれているが、その実これは要求である。

 『春山Pがつまんねーこと書いて、
  その上お前まで似たようなもの書いたら
  わかってんだろうなぁ?

  使えねぇ人間はもれなくヤギの餌にすっぞ!』




 ……しまった。
 この告発文を書きながら私は恐ろしいことに気付いてしまった。


 なぜ、敏腕Pである春山Pのメッセージがある(例えそれがファンが楽しめないお堅い文章だとしても、営業という観点からはなんら問題のないことであるはずだ)のに、私に白羽の矢が立ったのか。


 考えられる理由はふたつ。

 春山Pのメッセージが真にクソだったか、
 もしくは『春山Pが書ける状態にない』かだ。

 そして、敏腕Pである彼のことだ、
 クソみたいなメッセージを書くはずがない。
 ということは導き出される答えはひとつ──


 春山Pは『宇宙的広報レディ』を名乗る人物に捕らえられている。


 その上で、私に『面白い文章かかねーとわかってんよね?』と
 強要してきているのだ。

 そう、これは脅迫である。ヤギは勘弁だ。

 丁寧でありながらフランクな文章の中に含まれている底の知れないプレッシャー。


 ──相手はプロだ。断言できる。


 その着想に至ったとき、私の中で全ての点がひとつの線で繋がれた。


 姿を見たことがない関係者。
 宇宙的広報レディという『実名』のない存在。
 それで在りながら、公に春山Pや私と接触しても怪しまれない立ち位置。


 ……なるほど、よく考えられた計画だ。
 証拠は一切残らないだろう。

 そう、仕上げに私を消せば一切。

 彼女の行動が暗に物語っている。
 この作業が終われば、私は用済みだと。

 そう、彼女は“宇宙的”広報レディ──
 彼女から見れば、発売日を過ぎた私などスペースデブリ(宇宙ゴミ)でしかないのだ。

 なるものか。させるものか。
 顔も知らない人間に(そもそも人間なのか?)に消されるほど、私はお人好しではない。

 だが、残された時間はあまりにも少ない。
 発売日までのこの時間だけでは、選択肢はあまりにも少ない。



 ──繰り返す、これは賭けだ。



 私は、本日発売されるとあるゲームにメッセージを残した。

 ああ、判っている望みの薄い賭けだ。私の書く文章など
 のべつまくなしチェックをされていることだろう。だが、
 この文章を読んでいる人よ、どうか気付いて欲しい。
 たとえこのメッセージが奴らによって消されてもいい、
 つまりは、私に反抗の意志があるということだけは、
 はっきりと奴らに伝わることだろう。
 偽善と笑われてもいい、私は戦う。
 もう、顔の見えないやつらの言いなりになるのはたくさんだ。
 のりって、餅に巻いたらマジおいしいよね。
 だれも、もう、信用してはならない……





 というわけで、買ってね★LOVESICK PUPPIES!!


★☆―――――――――――――――――――――――☆★


…………

………おやぁ? まさか誰も余計なことに気付いたり触れたりしていませんよね……?
いけませんねぇ、「安堂こたつ」氏はただ面白いものだけを書き続ければいいのですよ……
実名ではなく、本当に実態がないのは……なんてね。ふふ。

皆さん、何も気にせずに「買ってね★LOVESICK PUPPIES!!」ですよ☆彡
あの安堂こたつ氏もそう言っているのですから……


 ね?


それでは無事にコメントも頂いたことですし、
本日発売の「LOVESICK PUPPIES」、皆さんで一緒に楽しみましょう☆
乾杯はもちろん、コレで☆

画像02


(メーカーは問いませんw)

犬ブログは最終回なのかまだ続くのかわかりませんが……
まだまだげっちゅブログさんには「グリムガーデンの少女」のことや「COSMIC CUTE通信」など記事を書かせて頂きます!
またお会いしましょう☆

最後に、『LOVESICK PUPPIES』を発売まで応援してくださった皆様、
本当に本当にありがとうございましたー!!
沢山の感想、お待ちしております!

宇宙的広報レディ。


画像03



【LOVESICK PUPPIES 公式サイト】

【春山P twitter】

【宇宙的広報レディ twitter】


フォロー待ってます☆



getchublog at 14:54│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー