今度の女装は“先生 兼 女学生”!? げっちゅ屋特典に描き下ろしB2タペストリー

2014年03月28日

norin_vol01

いよいよ最終回が放送されます、TVアニメ「のうりん」。
こちらの最終回アフレコが先日行われました。収録を終えたばかりの浅沼晋太郎さん、田村ゆかりさん、花澤香菜さん、斎藤千和さん、井上麻里奈さん、加藤英美里さんより公式インタビューが到着しましたので、ご紹介です。振り返っての感想と最終回の見どころなどを語っていただいてますので、どうぞご覧くださいませ。


◆TVアニメ「のうりん」最終回オフィシャルインタビュー

OK写真最終話アフレコ小

畑耕作役:浅沼晋太郎さん
木下林檎役:田村ゆかりさん
中沢農(みのり)役:花澤香菜さん
戸次菜摘役:斎藤千和さん
良田胡蝶役:井上麻里奈さん
若旦那役:加藤英美里さん

・全力で駆け抜けた収録。先輩の全力の下ネタも勉強に!?

―まず最終回の収録を終えた感想をお願いします。

浅沼さん:短距離走みたいなアニメでした(笑)。息を切らしながら全力疾走していたらあっという間に終わって。パロディとか下ネタとかヒドいなと思う反面、突然いい話もあったりして、新鮮な驚きが毎回ありました。

田村さん:最後までブレなかったなと。最終回を見ていただければわかると思いますが(笑)。私も全力で走り抜けました。

斎藤さん:私、まじめな話の時、出番がなくて……。

(一同爆笑)

斎藤さん:まじめな話なんて、あったっけと(笑)。浅沼さんの熱量がすごいなといつも思っていて。

浅沼さん:いつも必死です。

斎藤さん:ツッコミって単調になりがちだけど、いろいろバリエーションがあって、勉強になりました。

浅沼さん:やめて!(笑)

花澤さん:私はアフレコで、先輩達の全力の下ネタがいつも楽しみでした。

浅沼さん:農もそれなりにすごかったよ!?

花澤さん:農も確かに言ってましたけど、それも楽しみにして(笑)。収録で見ているはずなのに、またオンエアでも楽しめて。いろいろな魅力やおもしろさがある作品だなと思いました。

井上さん:ポイントポイントで出演させていただきましたが、自分が出演していない回も楽しみで。「何が起こっているのかな?」と思ってオンエアチェックすると、本当にひどいので……もちろん、ほめ言葉ですよ! 朝出かける準備をしながらチェックするんですけど、見ると最高に元気になれるんですよね。そんな作品です。

加藤さん:私は一番、視聴者の皆さんに近い部分で参加させていただいていましたが、基本的に若旦那は別録りでみんなと絡むことがなくて(笑)。現場でみんなの背中を見ながら、大変そうだなと眺めてました。この作品はアドリブが多くて、しかもオンエアを見ると採用されていることが多くて。自由度の高さがすごいなと見ていて楽しい作品でした。

浅沼さん:でもオンエアを見てて一番、「おおっ!」って思ったのは若旦那のところで。

加藤さん:どうして?

浅沼さん:絵で耕作やベッキーたちとシンクロしてて。指を一緒に差したり、耕作が「えっ?」と言うと……。

加藤さん:「キュ?」と反応して。

浅沼さん:意外と、若旦那と意思疎通できてるんだなーって(笑)。


・大変だったVチェック。家族に隠れて?

―自身のキャラを演じて、楽しかったことや大変だったことは?

加藤さん:楽しかったことしかないですね。難しかったところはVチェックで、若旦那を見つけられないことが多かったことです。途中から香盤表のAパート、Bパートに○がつかなくなり、自分で若旦那探しをしました(笑)。台本のト書きにもないところに「あっ! こんなところにいた!」みたいな。演じる上では、ベッキー合わせでヨーイドンしたり、他のキャラに合わせるところが一番楽しかったです。

井上さん:胡蝶は皆さんと違って、そんなに変わったキャラではないので、作品の良心的な。

浅沼さん:待て待て(笑)。

井上さん:すごく純粋な女の子だったので、私自身、かわいいなと思いながら演じることができました。あとこの作品は専門用語が多いので、よく、みんなと確認しながらアフレコしたなという印象があります。

花澤さん:本当に皆さん、キャラが濃くて。

浅沼さん:農もでしょ!

井上さん:農もひどかった!

花澤さん:農も我が道を行くので、他のキャラに惑わされず、ブレないことが難しかったです。耕作が変なこと言ってても、無視してしゃべり続けなきゃいけなかったり。あとは方言がやっぱり大変でした。

浅沼さん:でも方言指導の方が直しに来る回数が段々、減っていったよね。

花澤さん:岐阜弁をしゃべるのは初めてだったけど、何とかできて、よかったです。

斎藤さん:もう大変なところしかない。楽なところなんてない(笑)。

(一同爆笑)

斎藤さん:言葉の意味は考えないことと、絵は後からついてくるという気持ちで押し切って。

浅沼さん:8話を見て、当たり前だけど、やっぱプロだなーと。

斎藤さん:中途半端にやるより、あれだけはっちゃけたほうがやりがいあって。

(一同爆笑)

田村さん:難しかったことはないですけど、他のキャラに比べて林檎は個性がないので……。

井上さん:ああいう個性では?

田村さん:(笑)埋もれないようになればいいなとは思っていました。でも、どうすることもできないので、「絵、頑張れ!」と(笑)。

浅沼さん:「絵の方がついて来い」みたいな(笑)。パロディにしろ、アドリブにしろ、スタッフさんのふところが広いのか、何も恐れていないのか(笑)、僕が以前、雑談で話した「あ●花」のパロディまで入って。主人公が「地底人」と書かれたTシャツを着ていたので、耕作も「地方人」というTシャツ着てたらいいんじゃないかなって言ったんです。しゃべらず、絵だけでパロディできないかなという発想から冗談で提案したんですけど、採用していただいて。そうかと思えば、「そこは気を遣ってNGにしちゃうんだ!?」というところがあったり。

(一同爆笑)

浅沼さん:各方面への土下座のし過ぎでスタッフさんの額やひざがすりむけないか、心配です(笑)。スタッフさん達も思い切り楽しんでいるのが伝わってくる作品だったので、Vチェックの時から息が切れるほど大変だったけど、一緒に楽しんで作れたことがうれしいです。


・印象的なのは衝撃的なシーンばかり!?

―印象に残っているエピソードやシーンは?

斎藤さん:全部濃くてわかんない!

浅沼さん:8話のベッキーはすぐに挙がると思うので(笑)、2話で。2話にして既に農業をしてないという。Twitterでも「♯農業しろ」って出て(笑)。王様ゲームと……。

井上さん:パンツ?

浅沼さん:そう、パンツのことしか言ってない2話はすごいなって。

田村さん:私は11話ですね。「田舎が好き」という素直な気持ちを林檎が表に出したシーンが印象的でした。

浅沼さん:2番目でそんないいエピソード選ばれたら俺、バカみたいじゃん!

田村さん:え〜、そうかなあ?

斎藤さん:私は1話の最初がめちゃめちゃ印象に残ってます。ゆかたんのライブシーンがすごくて、オンエアを見てビックリしました。

浅沼さん:そのライブシーンで一つだけ心残りなのが、リアルにしようと思って、「ゆかた↓〜ん↑」と語尾のイントネーションを上げたら悪目立ちするからとカットされたこと(笑)。

花澤さん:私は、ウッドマン林太郎が出てきてからというもの、頭の中がウッドマンに支配されてしまって。

(一同爆笑)

井上さん:わかる!

花澤さん:きのこの解説がツボ過ぎて。檜山(修之)さんの声も素敵でした。

斎藤さん:きのこの名前が全部必殺技に(笑)。

浅沼さん:「ぶなしめじッ!」(檜山さん風に)

斎藤さん:「なめたけェ〜!」(檜山さん風に)

井上さん:自分は出てなかったけど、四天王の回が衝撃的で。「最高にヒドいなこのアニメ」と思った回でした。

浅沼さん:10話もまあまあひどかったでしょ!

井上さん:継がブレブレでちょっとよくわからなかったから、どうでもいい。

(一同爆笑)

井上さん:収録に参加してなくて、翌週に谷山(紀章)さんにたまたまお会いして、「どんなキャラだったんですか?」と聞いたら、「普通のキャラだよ」と言ってて。「そうなんだ」と思って4話を見たら、なんとBLキャラで。「ウソばっかり!!」(笑)。


・意外だった好きなキャラ。男性陣は微妙な気分に

―ここまで演じてきて、改めて自身が演じるキャラ以外で好きなキャラは?

浅沼さん:最初からずっと言い続けてますが、若旦那です。

加藤さん:本当ですか?

浅沼さん:ぬいぐるみを作れ、作れとせかして。もうすぐ試作品もできるそうです。

加藤さん:わ〜い! じゃあ、着ぐるみも!

担当氏:それもこの間、うかがったので準備します。

加藤さん:ありがとうございます!

浅沼さん:実際のワラビーはデリケートなので、触ったりしたらストレスで死んでしまうと聞いてせつない気分に。若旦那をあんなにみんなで抱きしめてたのに。

(一同爆笑)

斎藤さん:農なんですよね。方言女子ってかわいいなって。香菜ちゃんは大変そうでしたけど。

花澤さん:やったー!

浅沼さん:姉妹の商(あきな)と工(たくみ)もかわいいですよ! 

花澤さん:「もなー」って。

斎藤さん:また、あんなにデブ、デブ言われて。ほっとけなくて。

花澤さん:ありがとうございます! 私はウッドマン一押しで!

田村さん:う〜ん……じゃあ、耕作で。

浅沼さん:無理すんなよ!

井上さん:あ〜あ!

斎藤さん:微妙な雰囲気に。

担当氏:ちなみにどこが好きですか?

田村さん:え〜と、心が優しいところ(棒読み)。

浅沼さん:もう、いいから!(笑)

井上さん:私は夢星らんとあげは号で。自分で育てた卵と牛なので。

加藤さん:私はヤギのジュンです。継が乗って帰るところがせつなくて。

浅沼さん:CV:斎藤千和で。

斎藤さん:声優界のジュンこと福山潤君にも「やりますから」と許可をとりました(笑)。

浅沼さん:誰か一人くらい、継の名前出してあげてよ!(笑)


・最終回も『のうりん』らしく。4月からBD&DVD発売、9月にイベントも決定! 

―では、最終回の見どころと、ここまでご覧になっている皆さんへメッセージをお願いします。

担当氏:(さりげなくBD&DVDの宣伝入れてください)

加藤さん:いよいよ最終回で、どんな終わり方をするのか気になると思いますが、「のうりん」らしさ全開でした。私は全話の収録に参加させていただき、毎週楽しませていただきました。4月からBDやDVDがリリースされるので、細かいパロディなどチェックし直すのにいい機会ですよ! 1話から見直していただければうれしいです。9月にもイベントがあるので、「のうりん」メンバーに会いに来てくださいね!

井上さん:ここまでオンエアを見てくださった皆さん、本当にありがとうございます。残り1話になって、ここまでキャスト、スタッフ一丸となって全力で駆け抜けた1クールでした。私自身も毎回オンエアを楽しみにしながらアフレコに参加していました。この現場が大好きだったので、またこのメンバーで集合したいです。まずは9月のイベントで会えますが、たぶんヒドいイベントになると思います。いい意味で(笑)。では次回、イベントでお会いしましょう!

花澤さん:アフレコが終わってしまうのがすごく寂しいです。オンエアも家ですぐ見てしまうほど楽しんで、このアニメに参加してました。ぜひBDやDVDで何度も見て、キャラ達と会って、笑ったり、元気になってください。これからも末永く「のうりん」を楽しんでくださいね!

斎藤さん:そうか、パッケージになってしまうんですね。みんなが人間としての何かや生活を削りながらやってきた、この作品が形として残ってしまうことにもやっとしたものがあります(笑)。楽しく頑張れた現場なので、形に残したくないような気持ちもありつつ、せっかく形になるのでたくさんの方に見ていただきたいです。思う存分、隅々まで何度でも見てください。「のうりん」ファンの皆さんとイベントでお会いできることを楽しみにしてます。そしてこれからも「のうりん』をよろしくお願いします。

田村さん:「のうりん」という作品はギャグもありつつ、いい話もありつつというさじ加減が絶妙だなと思っていましたが、最終回もシリアスと笑いが詰まっているので楽しみにしていてください。4月にパッケージが発売されます……。

浅沼さん:(ひそひそ声で)今、発売中のOP曲「秘密の扉から会いに来ても」も買ってね……。

田村さん:それはまあ、いいんですけど。

(一同爆笑)

浅沼さん:よかれと思って言ったのに。

田村さん:私もパッケージの発売が楽しみで、また1話から見直したいと思います。よろしければ皆さんも!

浅沼さん:僕らにとってはあっという間でしたが、見てくださった皆さんにとってはどうだったんでしょうか? 約2年前にドラマCDで参加したのが初めてでしたが、実は今回アニメになるにあたって動く耕作を見て、ドラマCDの耕作とは意識的に声の質を変えてみようとやってみたんです。小説ともドラマCDとも違うアニメならでは表現や楽しさ、感動があると思うので、ぜひBDやDVDを見ていただきたいです。小説ファンの方にも……。

田村さん:特典で書き下ろし小説も付いてるからね。

加藤さん:そうなんだ!
花澤さん:え〜!?
斎藤さん:うそ〜!?
井上さん:見た〜い!

浅沼さん:やり過ぎだよ!(笑)。アニメから知った方にも、これから原作を読んでみようと思っていただけたら白鳥士郎先生にも少しは恩返しできるかなって思ってます。コミックも何種類も出てたりすので、引き続き広がる『のうりん』ワールドを楽しんでください。そして、この『のうりん』メンバーが一同にそろうイベントは貴重ですよ。

田村さん:えっ、本当に?
斎藤さん:どうすれば見られるの?
加藤さん:BDかDVDの1巻に付く参加券で!
花澤さん:応募するんだ!

井上さん:このくだり、もういいんじゃないかな?(笑)

浅沼さん:まあイベントが行われるのが収穫の秋、というのも「のうりん」らしくていいかな。そこでも皆さんを全力で楽しませようと思っています。

斎藤さん:浅沼さんが生で田植えをしま〜す!

加藤さん:生田植え?

井上さん:あの格好で!

浅沼さん:会場や事務所が許すなら。

斎藤さん:どっちも怒ると思う(笑)。

浅沼さん:また1年でも2年でも待つので、この先があればいいなと願っています。これまでアニメを見てくださった皆さん、ありがとうございました!


過真鳥継役の羽多野渉さんからも別途コメントを頂いていますので、どうぞ。

−最終話を終えられた今のお気持ちを聞かせてください。

羽多野さん:あっという間の1クールでした。
もっと継を演じていたい!

−ご自身のキャラクターを演じられて、楽しかったところや難しかったところはありましたか?

羽多野さん:難しい言葉をひたすら淡々と説明するところは大変でしたが、パロディーが面白かったです!

−一番印象に残っているエピソードはありますか。

羽多野さん:父との直接対決。
大真面目に頑張りました。

−最後にファンの皆様へ、メッセージをお願い致します。

羽多野さん:農業に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!


◆TVアニメ「のうりん」
第12話「みんなののうりん」

脚本:横手美智子
絵コンテ:玉村 仁、福多 潤
演出:玉村 仁
総作画監督:古川英樹
作画監督:小野田将人、古川英樹

いよいよ開かれることになった愛生村の村コン。林檎が冷たい視線を送る中、ある事情から村コンの目玉として結婚するカップルの"フリ"をする耕作と農。しかし、ひょんなことから、嘘がばれてしまう。どうする耕作!?
「のうりん」#12-01

「のうりん」#12-02

「のうりん」#12-03

「のうりん」#12-04


(C)2014 白鳥士郎・SBクリエイティブ/のうりんプロジェクト

■関連サイト
TVアニメ「のうりん』公式サイト








getchublog at 16:15│Comments(0)TrackBack(0)ANIME | INTERVIEWこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー