げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2015年02月18日

hmmb23_01のコピー

皆様、こんにちは! 有栖川みや美です。
早いものでもう2月も中旬。皆様いかがお過ごしでしょうか。
2月も過ぎればもう3月。3月と言えば卒業シーズンですね。

ということでですね。
今回は最初に、皆様へ大切なお知らせをさせて頂きたいと思います。


ヒマリちゃんと一緒に続けてきました、この『ヒマリッチ!みや美っち♪コラム』。
次回で最終回を迎えることとなりました。
ですので、私自身がコラムを書かせて頂くのは今回が最後ということになります。
芹園みやさんと一緒にやらせて頂いていた『みやみやびんコラム』が始まったのが2012年5月。
そして2013年5月からヒマリちゃんと『ヒマリッチ!みや美っち♪コラム』を始めて今回まで。
数多くの作品をご紹介させて頂くことが出来ました。
そしてその間にも、数多くの作品に関わらせて頂くことが出来ました。
本当にね、幸せなことで、ありがたいことだなって、いつもいつも思うんです。

このような機会がないとお話しすることも出来ない作品への思い、コラムにいっぱい込めてきました。
皆様にも作品を知るきっかけであったり、楽しんで読んでもらえていればいいなぁと、毎回ね、思っていましたよ!

そんな私が最後にご紹介する作品は、私自身が本当に大好きな作品で、
演じさせて頂いたキャラクターのことも、そのお兄ちゃんのことも、大好きで大好きで。
ストーリーが少しばかり難しいので、うまくご紹介できるか自信がないのですが…。
それでも最後にご紹介するならこの作品がいいと、お願いさせて頂いた作品です。



ということで、私が最後にご紹介させて頂きたい女の子はこちら。
lightさんより2011年9月30日に発売されました、『神咒神威神楽』凶月咲耶ちゃんです。

hmmb23_02のコピー




神州・葦原中津国は、300年前の東征戦争に敗れて以来、鎖国体制に入っていました。
しかし東から流入する陰気の汚染であったり、開国を迫る外異を前に、今や存亡の危機に。

陰気を払うべく、列強と張り合うべく、再度の東征が幕を開けます。
東征軍の総大将を任じられたのは久雅竜胆。
東征の果てに待ち受けているのは、一体どのような物語なのでしょうか…。


ということでね、物語のあらすじであったり、人物紹介、舞台紹介、用語集などなどは、ぜひとも公式サイトでご覧いただければと思います。
ここでは書ききれないぐらいの情報量!
細かい設定などご覧頂ければ、『神咒神威神楽』の世界観が皆様にもきっと伝わるかと思います。


私が演じさせて頂いた凶月咲耶ちゃんは、楽土血染花篇のヒロインです。
主人公ひとりに、攻略ヒロイン数名というのが皆様にもおなじみの形式かと思いますが、『神咒神威神楽』では、各ヒロインごとに、お相手の主人公がいるのですよ!

咲耶ちゃんのお相手は愛しい兄様(あにさま)、凶月刑士郎。

hmmb23_03のコピー


刑士郎の義妹です!
咲耶ちゃんは凶月一族のお姫様で、兄様はその凶月一族の若当主。
凶月一族とは、禍と凶運に憑かれた者たちで、居るだけで周囲に不幸をばら撒くという異能集団です。
その中で咲耶ちゃんは高純度の異能者であるため歩く爆弾と認識されており、常に厳重な封印と監視の下、自由のほとんどを剥奪されている、そんな存在です。

そして兄様は、そんな咲耶ちゃんのことをいつもね、守ってくれている訳ですよ。
兄様は東征の切り札である咲耶ちゃんと一族の未来を守るため、そして武功をもとめて東征に参加することになります。
咲耶ちゃんもまた、そんな兄様の力となるために、東征へと参加します。

好きな場面をあげていけばきりがないのですが、私の好きな場面の1つが、東に向かう少し前のお話の、膝枕しているこの場面!!

hmmb23_04のコピー


この場面がね、大好きなんです。
咲耶ちゃんは外見は儚くか弱げですが、芯は強く、思ったことは何でも言っちゃうそんな子です。
(おまけにちょっと話が長い)
兄様はその立場と境遇から排他的で攻撃的な所もありますが、咲耶ちゃんだけには頭が上がらない。
そんなふたりの関係がよく分かるそんな場面でね、
咲耶ちゃんの兄様への思いがものすごく伝わってきて!
兄様の咲耶ちゃんへの思いもまたとても感じられて。
私自身もそんな兄様のこと、大好きになってしまった、そんな場面なのです。
と言いましても、私は最初から兄様ラブでしたが。
特にこの場面での私の、はああああ、兄様ああああああ。具合は半端ないです。


今、今回のコラム用に頂いた『神咒神威神楽』の画像データを見ているのですが、私本当に兄様のことが好きでね。
hmmb23_05のコピー

もう好きすぎて、かっこいい。かっこいい。って、今心の中でずっと呟いてます。

作品をやって頂ければ、そんなにかっこいいの!? そんなに好き!!!? という皆様の疑問は簡単に解けるかと思われます。
でも真面目に、なんで兄様のこと、こんなに好きなんだろうって考えてみると、1番大きな理由は、咲耶ちゃんと私の考え方が似ているということ。
そして咲耶ちゃんという存在が、私の憧れていた理想そのものだったから。
という理由があるような気がしました。


皆様も経験があるのではないでしょうか!
寝る時とかに、自分がもしも勇者になってお姫様を救ってそのまま幸せに暮らせたら…。
とかとか。理想のシチュエーションを思い浮かべて妄想してしまうこと。
え!? ない!!?
私はありますよ! いろいろあります!!

そのひとつ。以下具体例。
【私は和風の世界観が好きなので、和風の世界のお姫様。そしてそんな自分を守ってくれる人がいて、自分のために戦ってくれて。そしてそんな人と愛し愛される関係になれたならば…】

…するでしょう!? こんな感じの妄想。
でもね、もうお分かりでしょうが、そんな私の妄想がまさにここに。
あった訳ですね。
咲耶ちゃんと兄様。
このふたりはまさに、私の理想の関係そのものだった訳なのです。

hmmb23_06のコピー



だからこの役をやらせて頂けると聞いたとき、本当に嬉しかったです。
そしてね、もうひとつ納得の理由がありまして。
これまでに『Dies irae』をプレイされたことがある方なら、お…おお!?
…と気づいてしまうような、そんな部分が、咲耶ちゃんと兄様にはあるのです。
だからね、そういう部分含めても、私がこんなにも兄様のこと好きになるのはもはや必然。
運命だったのだと思います。

兄様のかっこよさを語るには文字数が足りなくなってしまうので、少々省略しますが、(何度も言いますが実際に見て頂きたいので!)私が、兄様が本当にかっこいいと思ったのは、咲耶ちゃんと、そして東征軍の仲間と共に生きることを選択した場面です。
でも咲耶ちゃんとしては悲しく辛い選択になってしまった場面なのですけれどね。

これだけみると、え!? なんでそれが咲耶ちゃんにとって悲しい選択なの?
と思われるかもしれません。
でもそこでそう思っちゃうのが咲耶ちゃんなんです。
咲耶ちゃんは兄様の礎になりたかった。それが咲耶ちゃんの愛なのです。

hmmb23_07のコピー



最初台本を読んでいた時、この場面あたりから咲耶ちゃんの気持ちを考えると、もう本当になんともいえない、ふたりの思いのすれ違いに、切なくなりましたよね。
兄様にとっては咲耶ちゃんの愛はきっと重たかっただろうなって、客観的に見たらそういうのも分かる気はするんですよ!?
でもね、私は咲耶ちゃんの気持ちにとても同意できるので、最後、あんなふうにね。病んでしまうくらいに愛が溢れてしまう咲耶ちゃんの気持ちがとてもよく分かるんです。
本当に兄様のこと愛しているんです。
そして、兄様も、最後まで咲耶ちゃんのこと愛してくれました。
こんなに幸せなことってないですよね。

台本初見で大泣きしました。ふたりの最後の場面。
咲耶ちゃんを咲耶ちゃんでいさせてくれてありがとう兄様。
そして兄様も、兄様でいてくれてありがとう。

兄様の愛の深さに惚れました。
兄様本当に大好き!
咲耶ちゃんとして、『神咒神威神楽』の世界で生きられたこと、
本当に嬉しく思います。


まだプレイしたことないという方!
兄様が好きということしか伝わらないコラムになってしまいましたが、それでも少しでも興味を持ってくださったならば、詳しい作品の内容はサイトをご覧になって頂き、
そしてぜひとも『神咒神威神楽』、遊んでみて頂ければと思うのですよ!

hmmb23_08のコピー



それではここで!
制作の佐藤さんよりコメントを頂いておりますので、ご紹介したいと思います。


============================================
みなさま、こんにちは。制作の佐藤と申します。
今回は神咒神威神楽を紹介頂けるとのことで、何を紹介したらよいのか、少々あわあわしております。
何せ紹介したい点が多すぎる!

正田崇が書く壮大な世界観!
Gユウスケが描く魂の篭もったイベントCG!
魅力的なキャラクターを初め、中二バトルソフトを制作するlightならではの熱いバトル!
とても一言では語れません、ハイ。

有栖川様演じる凶月咲耶は、私も作中で最も好きなキャラで、一言で表せば「兄様大好きヤンデレっ娘」。
妹でありながら姉のような包容力、
しかもその笑顔は作中で協調性がな――やんちゃな兄様・凶月刑士郎を笑顔で無力化してしまえる能力を有しています。
(勿論そんな能力とは別にもっとすごい能力があるのですが……)
有栖川様には作中で何度も「兄様」を読んで(呼んで?)頂いておりますが、
声は笑っているのにあきらかに怒っている「兄様」には、刑士郎でなくとも「うん、ごめん。俺が悪かった」と頭を下げたくなる効果が……。
実を言うと、刑士郎と咲耶の2人、何やら過去に色々とうわなにをするやめ(ry
そしてその因縁は弊社の過去作品であるディうわなにをす(ry

そんな沢山の魅力ある咲耶のカッコ可愛い姿を楽しんで頂ければと思います!!
============================================


佐藤さん! コメントありがとうございました!!
本当に…ヤンデレっ娘でしたね、咲耶ちゃん。
でも兄様のこと好きなんですもの!
やんちゃなところも可愛らしいしツンデレだし何だかんだで面倒見も良くて咲耶ちゃんのお小言を煩わしいと思いながらも聞いてくれるし強いしかっこいいし何より愛しているし愛してくれているしうわなにをするやめ(ry
でもね、佐藤さんのコメントで思い出しちゃいました。
あれね、大事な場面がありましたよね、兄様がね、まさかね、
自分じゃない他の女の人とちゅう。チュー!!!!!!!!!!
キス。接吻。ちゅう!!!

ちゅーしちゃうなんてね^^ そんな場面とかね、そんなことがね、あるはずないですよね、あるはずないんですよ、ないんです。あれおかしいなうふふふ。
なんだろう思い出したらうふふふふ。
どうしてかなうふふふ。


返し風。



ということでね、佐藤さん本当にありがとうございました。

hmmb23_09のコピー


そして、最後にもうひとつご紹介させてください!

lightさんより、2月27日発売予定の『シルヴァリオ ヴェンデッタ』に、イヴ・アガペー役で出演しております。
この作品もとてもキャラクターや世界観が面白いのです。
ぜひとも詳細はサイトにてご覧いただきたいのですが、
私が演じさせて頂いたイヴさんは、母性的で妖艶で、エロスそしてエロス。
そんなとても女性らしい女性です!
ドキドキしました。ええ、とても。
皆様もそんなイヴさんのエロスとおっぱいに癒されてください!
どうぞよろしくお願い致します。

hmmb23_10のコピー



それでは。
最初にも書かせて頂いたことですが、これが私の最後のコラムになります。

…が!

本当の最終回は次回のヒマリちゃんの回です。
ぜひ次回。最後まで皆様、『ヒマリッチ!みや美っち♪コラム』を、どうぞよろしくお願い致します。

ヒマリちゃーーん!
『ヒマリッチ!みや美っち♪コラム』の最終回、
どんな作品を紹介してくれるのか楽しみにしているよ〜☆




●プロフィール
有栖川みや美(ありすがわみやび)

声優としてお仕事させて頂いてます。
咲耶ちゃんと兄様が好きすぎて、私が今でも絶賛プレイ中の某ネトゲ10では、
名前を頂き、サブキャラとしてツボ職人・木工職人として大活躍中です☆
それでは皆様、本当にこれまでコラムをご覧いただきありがとうございました。
今後も何か皆様がお手に取った作品に私が出演しておりました時には、どうぞどうぞ、よろしくお願い致します。


2月の出演作品
【27日発売】
light『シルヴァリオ ヴェンデッタ』イヴ・アガペー

3月の出演作品
【27日発売】
あっぷりけ『花の野に咲くうたかたの』桜花
ensemble『Golden Marriage -Jewel Days-』春日野紫子


■関連サイト
有栖川みや美さんTwitterアカウント
light
ヒマリさん個人WEBサイト「ヒマリはネットスキルが弱い」





getchublog at 12:04│Comments(2)TrackBack(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by だいなか〜る   2015年02月22日 22:31
5 みやびん、コラム企画お疲れさまでした。
コラムで紹介されたゲームのキャラクターから僕も好きな女の子に出逢う事が出来ました。本当にありがとう。

特に『なつくもゆるる』の紫穂ちゃんは、性格や抱えている悩み事などが、僕自身に投影出来る点が多くて、とっても嬉しかったです。
今でもお気に入りの女の子の1人になっています。抱き枕カバーでも初めて手に入れたのが紫穂ちゃんだったぐらいですよ。買うのはちょっと恥ずかしかったですけどね。(〃▽〃)

あと、『夏恋ハイプレッシャー』の夕真ちゃんは、自分の父親といとこたちが広島出身である事もあって、ゲームだけでなく身近に感じる事が出来ました。

ここでのコラムは今回で最後ですが、他の企画などでまた拝見出来たらいいなと思っています。
これからも素敵なキャラクターたちに出逢わせてくださいね。☆
2. Posted by たぬたぬ   2015年02月24日 18:29
5 『みやみやびんコラム』から毎回欠かさずにずっと読ませていただき、途中でコラムが最終回になってもこの『ヒマリッチ!みや美っち♪コラム』が続いて喜んでいたのにまさかの最終回・・・・
毎月のこのコラムが楽しみにしていたのに時が経つというのは本当に早いものです。

みやびん、ヒマリさんと言えば思い出に残っているのはやはりAXLさん5周年を記念した『異文化交流高額院放送部』ですね。
『高額院放送部』と『異文化交流放送部』で2人を知り、まさかの合体で腐女子トークには笑わせていただきました。

コラムではみやびんの演じるキャラの裏話やそのメーカーさんからの貴重なお話など色々と知ることができ本当に面白かったですし、その紹介された作品を購入するきっかけともなりました。
そんな素敵なコラムを読ませて頂き本当にどうもありがとうございました!

そして、最後にいつまでも大好きなみやびんが演じるキャラの元気なお声を聴いていたいのでお仕事を頑張ってください!応援してます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー