げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2015年05月20日

KDSD-00775

アーティスト・Ceuiさんのニューアルバム「パステル エデン」が本日5月20日(水)に発売されましたよ。

このアルバムは、「Melty Moment」や「星織ユメミライ」「COLORFUL DAYS!!」といったPCゲーム主題歌6曲に加え、「クルクル☆ミラクル☆パステル!」「Thousand Tears」「ピーターパンはきみがすき」の新曲3曲、計9曲を収録。
パステルカラーの楽曲たちを集め、楽園を作ったような一枚です。

こちらの発売にあわせ、Ceuiさんにお話を伺ってまいりましたので、どうぞご覧ください。


◆「パステル エデン」
発売元: ティームエンタテインメント
販売元: ソニー・ミュージックマーケティング
発売日:2015年5月20日(水)
価格:2,500円+税
収録曲
01. クルクル☆ミラクル☆パステル!
02. Melty Moment(『MeltyMoment』OP)
03. It's All Right!(『Guardian☆Place〜ドエスな妹と3 人の嫁〜』OP)
04. Love you...(『LOVELY QUEST』挿入歌)
05. 星織ユメミライ(『星織ユメミライ』OP)
06. Thousand Tears
07. ピーターパンはきみがすき
08. 夏の終わりのニルヴァーナ(『夏の終わりのニルヴァーナ』OP)
09. COLORFUL DAYS!!(『いろとりどりのヒカリ』ED)


Photo


◆Ceuiインタビュー

―アルバム「パステル エデン」発売おめでとうございます。それではインタビューをよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

―まずはアルバム全体について、収録曲を決めていく中でコンセプトやテーマといったものはありますか?

今までと違うことをしてみたかったんです。2013年に出した「ガブリエル・コード〜エデンへ導く光の楽譜〜」はセンティア(※)を旅に誘うというコンセプトでした。
そして2014年に「パンドラ・コード」というアルバムを「〜希望篇〜」「〜絶望篇〜」と2枚同時に出させていただきました。その一曲一曲が対になっていて、合わせると一つの恋物語になったり、つなげて聞くと19分位の長編になるミステリーな楽曲になったり。

※センティア=応援してくれるファンのみんな。

―曲にミステリー要素があるんですか?

実在の歴史上の人物、処刑されてしまった美女をテーマに「この結末はどうでしょうか?」とみんなに考えてもらったり、暗号をのせて解読してもらったり複雑な仕掛けを盛り込んでみました。

―面白い試みですね。アルバムを作るのが大変そうですけれども(笑)

大変でした! でも私はもともと海外ドラマや日本のサスペンスドラマも好きで、犯人や結末を考えながら見るのが好きなんです。音楽でも聴きながら楽しめて、最後までワクワクするようなアルバムにしたかったんです。
そんな凝りに凝った「パンドラ・コード」をリリースした後、「次は何がやりたいかな?」と考えた時にパーンと思ったのが「この一枚さえあればハッピー!」なものでした。ジメジメした梅雨の時期でも明るくなれる、試験前とかに聞きたくなるようなアルバム。


―テンションの上がる楽しい一枚ですね。

そうですそうです。ライブで盛り上がれるアルバムです。そういうシンプルなコンセプトで今まで作ったことがなかったし、ファンタジックな曲を歌わせてもらってきた自分が出しても大丈夫かな?と不安もあったんですが。でもそのファンタジーを壊さずに、次のイメージはエデン=ハッピーの楽園だよ♪ って。
今までと違うこと、新しいことをしたいという気持ちが強いんですよね。特にライブなどでセンティアのみんなのために、どうやったら一番いいかを考えるようになってきました。これまでアルバムならその一枚で完結していて、その後のことを考えていない時期もあったんですよね。でも、今はいろいろな音楽があるからこそ、生演奏でみんなに届けることがほんとうに大事だと思うし、だからこそみんなといっしょに楽しむライブが大事な気がしています。
なので、今回の「パステル エデン」は一言でハッピー! 音楽の遊園地って言ってます。
嬉しい事もそうでないことも、アトラクションのように楽しんじゃえ!って気持ち。シンプルに、でも私らしいファンタジーなアルバムを作りました。


―「パステル エデン」のジャケットを一目見て、今までと違うイメージだなと思いました。

笑顔の写真を使ったジャケットって初めてです。「Ceuiが笑った!?」って言われていて、普段は笑ってるよ!と(笑)
今回、ティームエンタテインメントさんから初めてCDをリリースするお話をいただいて「普段のCeuiちゃんにリンクするジャケットにしたい」と以前から話して頂いていて。私もやったこと無いことに挑戦したかったので、ぜひと。アルバムのための新曲「クルクル☆ミラクル☆パステル!」では、初めてタオルを振る曲を作ってみたりしました。


―なるほど、それでは新曲についてお聞きしていきます。


・新曲「クルクル☆ミラクル☆パステル!」
作詞:Ceui
作曲:Ceui
編曲:毛蟹

―こちらはアルバムの1曲目に収録されていますが、表題曲のような位置づけでよろしいでしょうか。

そうですね。この曲は、ふと「ライブでタオルを振れる曲があるといいよね」とつぶやいたホーリア(※)が居て。初めは「エェッ!?」って思ったんですが、「タオルを振るようなのはイメージじゃない」と自分自身で決めつけてしまうのは違うかなと。自分で作詞・作曲するなら、そんな曲もアリかもしれないと思い直しました。
※ホーリア=曲作りやライブに関わるスタッフのこと。

―ライブのための楽曲というのは、いろんなアーティストさんも作っていますね。

ライブでどうしたらセンティアのみんなに一番楽しんでもらえるか、まだまだ試行錯誤なんです。いろんな方のライブを観て素敵だなって思うけど、自分自身の答えがどこにあるか考え始めると迷路に迷い込んじゃう。でも、みんなでタオルを振って一緒に「ハッピー!」って叫べたら最高だなって。
どこで一緒にタオルを振り回して一緒に叫ぶか、わかりやすさを考えて作りました。


―ご自身の作詞・作曲の曲としても、こういった楽曲は珍しいんでしょうか。

全然作ったことなかったです。私は自身に明るい印象がないんですが、周りからはそういったイメージを持たれることも多いみたいで、提供していただいて歌った曲には明るいものもあったんですが、自分で作ったのは「クルクル☆ミラクル☆パステル!」が初めてです。
曲を作ること自体に苦労はなかったんですが、自分の中で「私が歌っていいのかな」というような怖さはありますよね。でもやることにタブーを作りたくないし、良い悪いはやってみた後で良い悪いはわかる。自分で「これはやっちゃダメ!」と決めてしまうことほど、もったいないことはないかなって。


―ライブでの反応も楽しみなところですが、発売前の楽曲試聴などで反応はありましたか?

ニコ生で流した時に「すごい楽しい!」「ライブで盛り上がれそう」と言っていただけました。後は振り付け動画とか作って、一緒に踊りたいなと。私はあまり踊れないので、頑張らないとなと(笑)


・新曲「Thousand Tears」
作詞:Ceui
作曲:Ceui
編曲:東タカゴー

アレンジ(編曲)の東タカゴーさんと初めての出会いとなった曲です。アルバムの製作途中で「もう一曲ほしいかも」となって、急遽収録することになった曲なんです。この曲は楽しい曲というよりも、「行くぞ! 頑張るぞ!」ってポジティブな強い意志を形にしています。
常に幸せな人なんて居ないだろうし、「もうダメだ〜」ってなることもあるけど、それでも「頑張ろう!」って。気持ちを奮い立たせる、一緒に頑張るぞー!って気持ちになれる力強い歌。千の涙を千の希望にするんだ!って気持ちを込めて作りました。


―音作りの面でも、テンションを上げるというより気持ちに訴えかける曲なんでしょうか。

今までにない音になってますね。ツインギターから始まる、元祖アニソンというようなサウンドです。これまで作ってきた音楽とは全然違って、私が作曲した音楽がこんな風に生まれ変わるだという驚きがありました。

―東タカゴーさんとの出会いで生まれた新しい音なんですね。


・新曲「ピーターパンはきみがすき」
作詞:Ceui
作曲:Ceui
編曲:myu

もともとお話の「ピーターパン」が大好きなんです。子供の頃にはTVに毎週かじりついてみていたアニメでした。窓から夜空を見上げていたらピーターパンが迎えに来てくれて、魔法の粉で空を飛んだりするなんて夢のようなお話だなって。本当にそういうことがあったら良いなって思ってました。
「そんな優しい気持ちになれる、かつて子供だった大人のあなたへ」というテーマの曲です。仕舞いこんでいた宝箱を開けると広がる世界みたいなイメージで、明るくて懐かしい楽曲で寄り添えたらいいなと思って作りました。


―そうですね、先ほどの「Thousand Tears」がアニソンサウンドなら、こちらの「ピーターパンはきみがすき」は世界名作劇場のような印象がありますよね。
やっぱり「ピーターパン」の世界に触れるときは自分がウェンディのイメージなんでしょうか。

子供の頃はそうでした! でもこの曲を作るときはピーターパンの気持ちで書きました。「大人になっても、マイケルもウェンディも好きだよ。いつかボクを忘れても、ずっとずっと応援しているよ」って。

―なるほど。男の子は自分を重ねるのはピーターパンだったりしますが、永遠の少年ではいられないところもあり。

いられないですか? いいと思いますよ!
でも少年の部分はだれでも残っていると思いますよ。すごい怖い顔して仕事しているような人でも、どこかに子供の頃の心はあると思うんです。そこに訴えかけるような曲になっていれば良いな。


―そうですね、宝箱にしまいこんでいた少年の心を取り戻させるような曲です。
それでは、その他の収録曲については一言ずついただければ。


・Melty Moment(『MeltyMoment』OP)
作詞:澄田まお
作曲:増谷 賢
作曲:増谷 賢

恋に落ちる瞬間のキュンを歌にした可愛いらしい曲で、収録の際に私だけでなくプロデューサーの中村さんも一緒に踊っていました(笑) センティアのみんなともライブで一緒に盛り上がれそうです。

・It's All Right!(『Guardian☆Place〜ドエスな妹と3 人の嫁〜』OP)
作詞:澄田まお
作曲:川上博之
編曲:川上博之

作詞・作曲すべて他の方に提供して頂いて歌った曲なんですが、改めてそういうことも面白いなと。明るいプログレッシブというか、曲のイントロがメキシコっぽい音で始まり、最後にウクレレで「なんとっか〜な〜るさ〜♪」って終わるんですね。曲全体がポジティブな言葉だけで構成されている。私自身も前向きな言葉って大好きで、そういった言葉を心の栄養にしています。「パステル エデン」というアルバムにピッタリな曲です。

―ちょっと楽曲から離れますが、気持ちを前向きに切り替える時って音楽を聴くことが多いんですか?

音楽を作るようになってからは、気分転換のために音楽を聴くことは無くなってしまって。気分転換には自然と触れることが多いです。山が好きなんですが簡単にはいけないので、お散歩して風を感じたり、森林浴したりして心が浄化されます。そうして気持ちをニュートラルにして、曲をつくろう!って。

―前向きな言葉が好きというのは、音楽以外でも?

いつでも素敵な言葉を言っていたら素敵なことを感じられるかなって。逆にネガティブなことばかり言っていたら、どんどん気持ちもそうなっちゃう。なので良いなって思う言葉は日記帳に書いています。「生まれ落ちたら楽しむだけ」みたいな(笑)
笑顔で一日一日を楽しむって、難しい時もあるから「この曲でみんなを笑顔にします」というのはおこがましいところもあるんですが、自分なりにそれを目指して曲を作ってます。



・Love you...(『LOVELY QUEST』挿入歌)
作詞:澄田まお
作曲:ぺさま
編曲:ぺさま

バラードのすごく素敵な曲で、私の声と優しいシンセとギターを重ねたシンプルな賛美歌のように綺麗な曲です。私自身も聴いて癒されます。シンプルに愛の歌です。

―テンション上げて元気になるだけじゃなく、誰かが自分のことを思ってくれているとわかることでも前向きになれますよね。

ですよね。「パステル エデン」の中にはいろいろな種類の光というか、嬉しいな、幸せだなって感じている気持ちを入れられたらいいなって。


・星織ユメミライ(『星織ユメミライ』OP)
作詞:丘野塔也
作曲:どんまる・竹下智博
編曲:どんまる・竹下智博

ちょっと切ない、好きな人に告白しようとしている曲。不安なんだけど、二人の未来に希望を見ている。けれどもあれこれ考えちゃって、切ない。でも曲調が明るく、幻想的でアップテンポな気分が明るくなる楽曲なので、「パステル エデン」に収録したいなって思いました。


・夏の終わりのニルヴァーナ(『夏の終わりのニルヴァーナ』OP)
作詞:iyuna
作曲:iyuna
編曲:iyuna

―「夏の終わりのニルヴァーナ」は2012年12月の楽曲収録でインタビューさせていただきました。楽曲についてはその際にお聞きしていますので、今回は別のお話というか。ゲームのジャンルが「大切な何かを見つけるADV」ということで、Ceuiさんにとって大切なものとは何でしょうか? と訊ねて「“縁”、いろんな人や歌との出会い」とお答えいただいています。
それは今も変わらず?

変わらないですねー。
一期一イェーイ!って言ってます……一期一会を喜んでいるという意味なんですが(笑)
一度限りでも出会えたら、それが宝物だと思うし、再会できることも本当に嬉しい。今の私は子供の頃から続く“出会い”によって形作られているんだなって思うんです。最初は家族、そして友達や先生、いろんな人に出会って、今の私になる。
最近お会いしたメイクさんはアーティストさんのライブ映像でヘアメイク風景を見て、今の仕事を決めたとおっしゃっていました。大好きなアーティストさんとの出会いによって人生を決めたようなものだと思う。そういう意味でも、出会いは全てといえるくらい 大きなものだと思います。


―そうですね、こうして2年半ぶりのお仕事としてインタビューさせていただくのも出会いだし、なによりお話を伺うのが楽しいです。

こうしてお話させていただくのって、「こんにちは」「じゃあねー」っていう挨拶だけじゃなくて、自分の作品についてちゃんと伝えたり、普段言えないようなことまで話したり、とても貴重な時間ですよね。

―自分なんかは、普段のコミュニケーションはお酒呑みながらばかりですが(笑)

あははは!(笑)


・COLORFUL DAYS!!(『いろとりどりのヒカリ』ED)
作詞:山本美禰子
作曲:Ceui
編曲:小高光太郎

作曲させて頂いた曲です。明るい感じの曲とお願いされたんですが、自分ではネクラだと思っていて、明るい曲がすんなり出てこなくて(笑)

―ネクラなイメージは無いですよ。

みんなといると明るいんですが、一人で電車に乗っている時とかは……知り合いに見られていたみたいで「さっき電車にいた…よね?」って。「もし違う人だったらと思って話しかけなかった」と言われたけれども、本当はギャップが怖くて話しかけられなかったんじゃないかなと(笑)
でも「COLORFUL DAYS!!」は楽しい曲になっているので、音楽の中ではどんな自分にもなれるってことですね。自分の中にも楽しもうという気持ちがあるし、それを表現すれば楽しい曲になる。


―曲名がアルバムのタイトル名にもつながっていますね。

まるで「パステル エデン」を作ることを予言していたかのように!
他にもそういった曲が多くて、出会うべくして出会ったアルバムなんだなと思います。



・発売記念イベント&ライブツアー

―アルバム発売後には記念イベント、そしてライブツアーが名古屋・大阪・東京で開催されます。

本当にみんなに遊びに来て欲しいです。
でも発売記念イベントのタイミングではタオルがまだ発売していないんですよね。


―暑くなってきたし、持参の上で参加で(笑)

ですね。どんなライブでも楽しかったな、行ってよかったなって思えたら正解だと思うんですよね。しっとり聴くライブでも、盛り上がるライブでもとにかく楽しんでもらえれば。開催する側はとにかく意識を持って臨まないと。

―地方でのイベントというのは、東京と違いますか?

いろんな場所に行けるのは純粋に嬉しいです。自分も悔いないようにおもいっきり楽しみたいし、「一人で行くのは…」という方にも「私がいるから大丈夫!」って気軽に来てほしい。
先日に福岡や仙台にも行かせていただいたんですが、そこで初めて出会えたセンティアもいて、ひとつひとつを大事にしていこうと思いました。


―ライブツアーはサブタイトルに「Game Song Tour」とついていますが、そちらにはどのような意図があるんでしょう。

今まではTVアニメの曲を中心にしていたり、幅広く歌っていたんですが、前回の生誕祭ライブ(※)ではゲームソング中心にしたんですね。そこで今までに歌えていなかったゲームソングも結構あるなと気になっていて、今度のライブはアルバムの収録曲以外も全部歌う位のつもりでいるんですが、それは難しいのでそれぞれで違う曲を歌えるようにセットリストを工夫しています。
※「大・Ceui・誕・祭〜ゲーソン Super Best Eden!!生誕当日はセンティア&ホーリアみんなで祝おう!!〜」2015年1月31日(土)品川インターシティホールで開催。

―詳しくは言えないと思いますが、それぞれセットリストを変えていくんですね。
ゲームソングだと今回が生演奏を初披露する曲もありそうですね。

やっぱり生演奏をしたい曲があったので、ゲームソング中心にお願いしました。名古屋、大阪、東京の一日目はゲームソングをやって、東京の二日目はアニメ楽曲を中心にします。アニメの曲でも挿入歌のような楽曲は初生演奏の曲もやれたらいいなと思っています。

―それでは最後に締めのメッセージをお願いします。

今回の「パステル エデン」は、新曲3曲とゲームソング6曲の全9曲入りのアルバムになっています。一言で言えば、ハッピー!というアルバムです。
聴いてみてくだCeui(セイ)!
今までにないくらいライブを意識して作っています。ぜひライブツアーに来て下さい。ライブ前の発売記念イベントもミニミニエデンとして、東京だけじゃなく名古屋・大阪と行くのでセンティアのみんなと会えたらいいな。会場では絵柄の違う缶バッジもお渡しします。
とにかくみんな、来てくだCeui(セイ)!



DSC01554

遊園地のアトラクションという話題から広がって、
その場でCeuiさんに描いて頂いた「ハッピーおばけ」
みんなの悲しみをキャッチして、ハッピーに変えてくれます。
グッズ化を考えているとのこと。お楽しみに!?


■Ceui「パステル エデン」発売記念イベント開催決定!
※詳細についてはHP をご覧ください。
2015 年6 月7 日( 日) AKIHABARA ゲーマーズ本店 8F
2015 年6 月20 日( 土) とらのあな名古屋店 イベントスペース
2015 年6 月21 日( 日) アニメイト大阪日本橋
2015 年6 月28 日( 日) とらのあな秋葉原店C 4F イベントフロア

■Ceui ツアー決定!
・「パステル エデン」Game Song Tour ~Happy & Smile~in Nagoya
日時:2015年7月4日(土) 開場17:30/開演18:00
会場:名古屋・JAMMIN’ 

・「パステル エデン」Game Song Tour ~Happy & Smile~ in Osaka
日時:2015年7月12日(日)開場16:30/開演17:00
会場:大阪・心斎橋 soma

・「パステル エデン」Game Song Tour ~Happy & Smile~in Tokyo Final Day1「+GAME」
日時:2015年7月25日(土) 開場17:30/開演18:00
会場:東京・品川インターシティホール
・「パステル エデン」Game Song Tour ~Happy & Smile~ in Tokyo Final Day2「+ANIME」
日時:2015年7月26日(日) 開場16:30/開演17:00
会場:東京・品川インターシティホール

チケット代金
全自由(名古屋、大阪公演)、 全席自由(東京公演)
前売り:5,000円( 税込)
アルバム「パステル エデン」にチケット特別予約のお知らせを封入。





getchublog at 12:15│Comments(0)TrackBack(0)INTERVIEW | CDこの記事をクリップ!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー