ネコぱらExtra 仔ネコの日の約束+Download Keyセット 2018.08.10発売!!

2015年09月18日

写真1

みなさんこんにちわ。サイドコネクションのコラム担当みっこです。

先日、8月22日・23日に東京オペラシティ コンサートホールで開催された、
オーガスト楽曲のフルオーケストラコンサート「トラベリング・オーガスト2015」。
TAバナー


全3回にわたって掲載してきた「トラベリング・オーガスト2015」制作のサイドコネクションによる公式レポート、いよいよ今回が最後です!
公式レポート,呂海舛蕁
公式サポート△呂海舛蕁 
ここで発表があります。最終公演の音楽プログラムを収録した「Flowery Notes」、そして「トラベリング・オーガスト2015」イメージしたオーガスト楽曲のピアノアレンジ集「Primary Notes」の一般発売が10月23日(金)に決定しました!
詳細は公式サイトをご確認くださいませ。

CDバナー


「Flowery Notes」「Primary Notes」2つのCDを聴きながら、ぜひこの公式レポートをご覧ください♪

【穢翼のユースティア】
休憩が終わり、第二部がスタートしました。第二部最初の作品は『穢翼のユースティア』です。第二部スタートと共に、スクリーンが仕舞われ・・・
さあ!パイプオルガンの演奏のスタートです。
曲は「前奏曲:Kanon‐カノン‐」。

写真2


パイプオルガンに羽が降っています!

写真3


クラシックコンサートでも滅多に味わうことのできないパイプオルガンの音色、お楽しみいただけましたでしょうか。

パイプオルガンの演奏が終わり、スクリーンが再び出てくると、次の楽曲・・・が始まるその前に、ナビゲーターの斉藤佑圭さんがステージへ。

写真4


斉藤佑圭さんはPSVita版などの『穢翼のユースティア』で、フィオネ・シルヴァリア役を演じています。
フィオネの声で、『穢翼のユースティア』の作品を紹介していると、その司会を遮る誰かの声が。
ナビゲーターの種敦美さん演じるラヴィリアが登場しました。

写真5


ラヴィリアは聖女様を探しているとのこと。その話を聞き、「見つかるといいな」とラヴィリアを送り出そうとしたフィオネはあることに気づきます。
「さっきもどこかで会わなかったか?姿形は変わっているが・・・」
客席で今日1番の笑い声が起こりました(笑)まさかの中の人ネタでございました!

ちょっと息抜きをしたところで、次の曲へ。
次の曲は『穢翼のユースティア』の舞台、ノーヴァス・アイテルを表現した「組曲[最後の都市]:Abgrund‐アプグルント‐/One of Episodes‐ワン・オブ・エピソーズ‐/Crossandra‐クロッサンドラ‐」です。

写真6



組曲の最後を飾る「Crossandra‐クロッサンドラ‐」は、冒頭は管楽器のみで始まり、その後トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバなどによる重厚なサウンドになっていきます。スクリーンには『穢翼のユースティア』貴族エリアの背景が映し出されました。貴族の豪華絢爛な生活を感じていただけましたでしょうか。

続いての組曲は「組曲[決意]:Innocence‐イノセンス‐/La Rosa‐ラ・ローザ‐/Pure Heart」。
「Innocence‐イノセンス‐」「La Rosa‐ラ・ローザ‐」は再びパイプオルガンによる演奏で、「Pure Heart」はコンサートマスターの須山暢大さんによるヴァイオリン独奏でお届けしました。

写真7


写真8


フルオーケストラの演奏は、複数の楽器を使用する曲ばかりではありません。
「トラベリング・オーガスト2015」にはパイプオルガン、ヴァイオリンの独奏など、心を落ち着けて聴いていただける時間がありました。ご自身の心や思い出と向き合っていただく時間となりましたでしょうか。

次の曲は「組曲[影と光]:Passionata/Tears of Hope‐ティアズ・オブ・ホープ‐」。
「Passionata」は自由になったエリスを想像させる、スケールの大きいリズミカルなアレンジに。

「Tears of Hope‐ティアズ・オブ・ホープ‐」ではヴォーカルのMARIEさんが登場。

写真9


全英語詞を歌い上げ、まるで映画のワンシーンのようでした。

写真10



ついに『穢翼のユースティア』最後の曲へ。
最後の曲は「組曲[始まりの天空(そら)]: Repulsion‐レパルション‐/Ascension‐アセンション‐/Asphodelus‐アスフォデルス‐」です。

「Repulsion‐レパルション‐」冒頭の重々しい雰囲気は、オーケストラの最低音楽器であるコントラバスがメインで担当しています。スクリーンには炎が・・・

写真11



打楽器による音楽のうねりにご注目いただきたい「Ascension‐アセンション‐」から、「Asphodelus‐アスフォデルス‐」へと組曲は続いていきます。
「Asphodelus‐アスフォデルス‐」ではヴォーカルの金靖美恵さんが登場。
『穢翼のユースティア』の世界を、始まりを感じさせる歌声で締めくくりしました。

写真12



【Travelling August -Bloomy-】
「トラベリング・オーガスト2015」もいよいよクライマックス。
最後を飾ったのは歴代楽曲のメドレー「Travelling August -Bloomy-」です。
メドレーの中に入っている曲はこちら。
「divergent flow」以降は4人のヴォーカルが代わる代わる歌唱します。

-----------------------------------------------
1.桃花染の皇姫(最新作『千の刃濤、桃花染の皇姫』テーマ曲)
2. divergent flow 3. jewelry days 4. brilliant azure
5. 扉ひらいて、ふたり未来へ 6. 虹の彼方へ
7. First Avenue 8. 深青Philosophy
9. Asphodelus -アスフォデルス- 10. ストレイトシープ
-----------------------------------------------

オーガスト最新作『千の刃濤、桃花染の皇姫』テーマ曲「桃花染の皇姫」が初演奏されました!
原曲の和のテイストを活かしたまま、オーケストラにアレンジされています。
もちろん、スクリーンには『千の刃濤、桃花染の皇姫』の映像も映し出されました。

写真13


「Travelling August -Bloomy-」には上記に挙げた曲以外にも、間奏にオーガストの歴代楽曲が隠されています。
一般発売の決定した「Flowery Notes」で聴いて探してみてくださいね。

写真14



最後にナビゲーターから演奏者の紹介やコメントがあり、「トラベリング・オーガスト2015」は締めくくられました。

写真15



ご覧ください、指揮者の永原裕哉さんのこの嬉しそうな表情!

写真16


最終公演の客席ではスタンディングオベーションが発生しました。

「トラベリング・オーガスト2015」にお越しくださった皆様、応援してくださった皆様、そしてこのレポートを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

写真17



これを持ちまして、3回にわたる「トラベリング・オーガスト2015」公式レポートを終わります。
これからもオーガスト・Active Planetsを宜しくお願い致します!

サイドコネクションHP
SideConnectionMusic Fアイコン Tアイコン
SHOT MUSIC  Fアイコン Tアイコン
(SideConnectionMusic、SHOT MUSICのFacebookページにぜひ「いいね!」して参加してください。)
サイドコネクションチャンネル
SIDE CONNECTION WEB STORE
getchublog at 12:05│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | CDこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー