今度の女装は“先生 兼 女学生”!? げっちゅ屋特典に描き下ろしB2タペストリー

2016年02月03日

そらり「さあ、やってまいりました、げっちゅ屋×竹井10日のコラボにして、『ひまわりのチャペルできみと』スピンアウト企画第1弾、『天と』」

みはや「『美駿の』」

そらりみはや「『漫画がんばるぞ!』」

そらり「今、イチオシの漫画を紹介していくこのコーナーも、今月は恵方を向いて無言でいこうと思います」

みはや「無言で」

そらり「無言で」

みはや「……」

そらり「……。無言期間終了! 鬼は外福は内の今月はこちら!」


◆『そんな未来はウソである』(桜場コハル、講談社刊)








そらり「『他人が嘘をつくと、それがウソだと判ってしまう女子高生、佐藤アカネ。他人と目が合うと、その人の未来が少しだけ見えてしまう大橋ミツキが、同じクラスに? ミツキに鏡を見せてしまったアカネは、ミツキが話したこともないクラスメイト、高山くんと結婚する運命にあることを知る。しかし、それを知ってしまったミツキは、意識すると未来が変わるという。アカネは罪悪感から、本来結婚するはずだった二人をくっつけようと奔走するが‥? 超能力少女二人が送るフツーの高校生活は、やっぱりフツーじゃなかった!?』(公式サイトより抜粋)」

みはや「所謂、『今日の5の2』や『みなみけ』でお馴染みの作者さんの作品ですね」

そらり「この作品、始まった頃の印象としては、ちょいSF能力モノなんだなーと思いながら読んでいた訳なのですが、ラブコメ色の方がかなり強くなっていくのであります!!」

みはや「こう、能力ラブコメにはありがちな流れなんですけど、途中で、これ能力いらなくない?みたいな感じになっていくんですよね」

そらり「そうなのです! 何か、序盤に比べると、能力云々よりも、ラブコメ部分がクローズアップされて、能力が空気状態になっていくのです! 恐るべし、気まぐれオレンジロードイズム!!(円澤小雪調)」

みはや「ただ、でも、アカネとミツキと高山くんの三角関係は、この能力前提な部分があるので、そこはきっかけとしては必要と言えば必要なんですよね」

ゆいな「フラグを折る能力を使いまくって、ラブコメしてる人がいますねっ」

みはや「ああ……いますね、そんな人……まあ、あの人は能力使いすぎるとラブコメじゃなくなってる時がありますからね」

ゆいな「けしからんですねっ!」

そらり「色々あるんですよ、あの人も……。というところで、今月はここまで。実況は権田原天」

みはや「解説は野々宮美駿」

ゆいな「ゲストは唯菜でした!」

そらりみはやゆいな「「「それでは皆さん、本年もよろしくお願いしますー」」」


(文責・竹井10日)



●人物紹介
そらり・権田原天(ごんだわら そらり)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の実況担当キャラクター。くどい台詞回しと濃いネタ使いとディフェンスに定評がある。オレンジロードで当たりなのは、ひかるちゃんだと思う派。


みはや・野々宮美駿(ののみや みはや)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の解説担当キャラクター。頭の上に乗っているのはイルカのリノールさん。オレンジロードで当たりなのは、ひかるちゃんだと思う派。


ゆいな・唯菜(ゆいな)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)のお母さん担当キャラクター。お母さん担当ってどういうことですか? オレンジロードで当たりなのは、ひかるちゃんだと思う派。


竹井10日(たけい とおか)……エロゲシナリオやラノベなどを書く、よろず物書き。代表作は『秋桜の空に』『ひまわりのチャペルできみと』(共にMarronより発売のPCゲーム)、『東京皇帝☆北条恋歌』『愛だ恋だを取り締まる俺に、春がやってきたので無秩序』(角川スニーカー文庫刊)『10歳の保健体育』(一迅社文庫刊)『彼女がフラグをおられたら』(講談社ラノベ文庫刊)。オレンジロードで当たりなのは、ひかるちゃんだと思う派。


■過去のコラム
竹井10日presents「天と美駿の漫画がんばるぞ!」一覧

■関連サイト
Marron





getchublog at 13:31│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | BOOKこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー