それは、人工妖精が見せた軌跡なのか、はたまた一夜限りの奇跡なのか ── 4/28発売!!

2016年12月20日

コラム、書かせてもらうことになりました。
お初にお目にかかります。

喘がない美少女ゲーム声優として「鳴かないホトトギス」の異名をとる美少女ゲーム界の異端児、真鶴コウと申します。

鳴かせてみたいガッツのある業界関係者様、いつでもお待ちしております。

画像


※こちらの記事には18歳未満閲覧禁止の画像が含まれます。ご注意ください。


さてわたくし、百合ゲームの金字塔、10周年を迎えてますます盛り上がっております「その花びらにくちづけを」シリーズで、蓬莱泉麗奈役を務めさせて頂いておりまして、今日はげっちゅ読者皆様へお近づきのしるしに、12/29コミケで先行発売されます10周年記念CDや、先日ニコ生にて復活を遂げた玲緒っぽいラジオとゆりりんラジオのお話を、いーっぱいしたいと思います。

書くのは恥だが役に立つ!ということで、どうぞお付き合いください。

今回、実は、演者ではなく、CDとラジオ制作において構成作家として参加させて貰ってきました。

こんな、ただの、いち声優が、けっ、けっ、契約作家!?

見るもの聞くもの、全部が初体験!どーなる?どーなる!?ガッキーかわいい!!!(注:筆者はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の大ファンです)

……そんなテンションで杏花ちゃんがパーソナリティをしている全く別のラジオ番組へ押しかけ見学をさせて頂き、

慣れないWord作業、
揃わないフォント、
コレジャナイ枠線、
消えゆく保存データ、
知らないページ・・・・・
ITに翻弄されながら台本を書き上げ、

杏花ちゃん、和泉あやかちゃん、黒井音瑚ちゃん、秋本ねりねちゃんをはじめとしたプロの皆さんの知恵と技をお借りして「真鶴構成やってみました!」のコーナーを作り上げました。

いや、作り上げて頂きました!!

画像


これが10周年記念アルバムに入ってるんですよっ、恐縮です!

もともとラジオ大好きで、作家さんに憧れていたのですが、憧れだけだった日々……。

長年の夢を叶えてもらい、さらに愛してやまないその花の・・・しかも超アニバーサリーCDの中へ加えられるだなんて……。

生きてると何があるかわからんもんです。
生きてみるもんです。

そしてこのコーナー、マニアックな聞き方ですが、これからラジオの作家目指してるよ!という方にもいい教材になるんじゃないかと。

今回の最大の反省点が「腕のあるパーソナリティの本には書き込むな」なので、反面教師として是非活用していただきたい。

どういう意味かって?

それはCDで、聞くんじゃない、感じてみてください。

この記念アルバム「ぱーてぃたいむ!〜その花びらにくちづけを10周年記念アルバム〜」の最大の目玉は何と言っても出演声優一同による「ありがとうの向こう側love is all days!」だと思うのですが、これも長年の夢が叶った一曲なのです。

この曲を聴いてあれ?っと思ったあなた、頭をわしわししながら褒めてあげたいー!

そうです、元々ゆりりんラジオのOPに使っていた曲に歌詞と歌をつけたものなのです。

だから聞いた事ある!って思ったかもしれませんね。

その花声優ってなんだかみんな仲が良くてですね、盆と年末にはふわっと集まって食事会するみたいな、親戚付き合いしてるみたいな集団になりつつあるんですけど(笑)その中で必ず話題に出てたんです。みんなで歌うキャラソン欲しいねー!って。

画像


10周年が見えてきた頃も、何かファンの皆さんにお礼を伝えることができないか、長年一緒にいてくれてありがとう!好きでいてくれてありがとう!私たちも大好きだよ!!って、どうしたらこの感謝のぶわああああって思い(読むんじゃなく、感じてください)を受け取ってもらえるだろうって、そんな話をよくしていました。あとはだいたい金と芸能ゴシップの話です。

そこで歌って踊ってプロデュースもできる杏花が中心となり、この楽曲が出来上がる事になるのですが、「ありがとうの向こう側」杏花ソロverを13人verに膨らまし、キャラクターたちのセリフや歌詞も一部新たに作り、ファンの人たちへの愛を詰め込んだ仕様になっているんです。私も歌いたかったなあ!

女の子たちの爽やかな恋の歌に、皆さんへのありがとうがてんこ盛りの本当に元気で可愛い曲になりました。

みんな、期待してください!!コミケまで楽しみに待っていてくださいね!!


それに伴い、先日ニコ生配信で復活したラジオも聞いてくれましたか?

誰が出しゃばり作家だ!コメント、全部見てるぞ。

ふた組とも、久しぶりのラジオ収録は本当に楽しそうで打ち合わせから始終にぎやかに、それはにぎやかに、行われました。

画像


玲緒らじは何度かお邪魔しているので雰囲気は掴めていたのですがゆりりんは初参戦、しかも初チャレンジの作家としての参加でしたから、黒井ちゃんもねりねちゃんも顔見知りの先輩なのもあって、それはそれは、大変やり辛かったかと思います……。

それでも月日を感じさせないラブラブトーク。立派よ!さすがです!

あたたかく迎え入れてくれて本当にありがとうねー!まあ、私はパイセンだから、迎えざるをえないけどねー!!

画像


ゆりりんラジオ、玲緒らじに負けないくらい面白いものに出来上がったと思います。まだ聴いてないよという方、是非聴いてみて!おすすめ!!

しかし、玲緒らじが熟年夫婦の穏やかな縁側だとしたら、ゆりりんは新婚夫婦のダイニングキッチン。

二人がお互いの呼吸を伺い合うため熱い視線を交わすたび、胸がドキドキ!

黒井ちゃんの想像斜め上をいく天然が炸裂するたび、ねりねちゃんが原稿を華麗に噛み倒すたび、胸がハラハラ!

はあ〜、かわいい。耳が癒される。百合、尊い……。

私、二人にメールを渡しながら鼻の下伸びてたよね。役得、役得。

ニコニコにもコメントたくさん流してね。楽しみにしてます。

マジ、全部見てるよ。

CDの感想、ラジオの感想、このコラムの真鶴への応援メール、などなど天才作家・MANAZURUが、赤のチェックぺん握りしめてお待ちしております!

んじゃ、またね。

真鶴コウでした。




●プロフィール
真鶴 コウ(まなづる こう)
声優・ラジオ構成作家・コラムニスト

主に洋画吹替えなどで活躍していたが、突如「その花びらにくちづけを」シリーズの蓬莱泉麗奈役に抜擢。

その後、喘がない美少女ゲーム声優として「鳴かないホトトギス」の異名をとる。
美少女ゲーム界の異端児は、今日も鳴かせてみせようと言ってくれる豊臣秀吉のような業界関係者からの連絡を待つ。
その泣くまで待とう精神は、天下人・徳川家康のそれと同じなのかもしれない……。

真鶴コウTwitter:https://twitter.com/manazuru_kou
聖ミカエル女子学園公式サイト:http://mikajyo.pink/
聖ミカエル女子学園公式Twitter:https://twitter.com/mikajyo_info
聖ミカエル女子学園公式購買部:http://mikajyo.com/








getchublog at 20:50│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー