げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2017年06月15日

初めまして、こんにちは。こんばんは。
ディレクター・ライターの花山和夫であります。

peaky最新作【亡国の戦姫】6/30日発売です。

画像


このコラムをご覧頂いております方々は、
もうご予約などしていただけましたでしょうか。
もしくは、当コラムをご覧頂いたのが6/30以降であれば、
もうご購入いただいておりますでしょうか。

同一文章内の行頭の出だしが同じ文字だと、
読むのに混乱しちゃいますね。

さておき。コラム第一回目までのあらすじ。
亡国の戦姫は戦記物であること。
フタナリものであること、でしたが……。


第二部である今回は戦闘ストレス反応という軍事心理学について、
を語るわけではありませんし、開発あるあるのマスターアップ前の
強ストレス状態を語るわけでもありません。
なんとなく思いついたからです。タイトルに偽りありですね。

戦争のストレスといえば、砲撃音や爆発音、そして悲鳴などの、
いわゆる「音」ですよね。

音と言えばBGM。そう今回はBGMなどについて少し。

画像


亡国の戦姫は軍事ものです。いい加減くどくなるので、
亡国の戦姫は軍事ものというくだり出てきた場合は「軍モノです」とします。

ゲームのBGMってあまり目立っちゃいけない、
という考えもあると思いますが、花山はどちらかというと
BGMも目立たせるというか、
映画音楽の派手目な方をイメージして楽曲を発注しております。
当初もっとノイジーというかインダストリアルというか
機械的な感じにしようと思いましたが、
時代感的に合わないので、今の音の方向性にしてみました。

今回も目立たせるBGM、という方向性は同じなんですが、
MARCHという曲は少し地味目ですが一番好きです。

MARCHというタイトルですが、あんまりマーチしてないかもですけど、
是非聞いてみて下さい。淡々としてますが格好いいです。
これは主に敵との交戦前の作戦立案シーンなどで使用しています。

他、盛り上げで使っているEMPIREという曲も、
使用されるシーンにイメージピッタリで格好いいです。

1990年にリリースされたアメリカのロックバンドの
超名盤タイトルと同じですが、そこは偶然の一致です。
だって帝国の曲なのですから曲名が
EMPIREになるのは仕方ない事です。

ということで、ありがとうBGM担当の七星音男さま。

そしてそして。テーマ曲につきまして。

今回テーマ曲として、なんと電気式華憐音楽集団さまの、
「ディオスクロイ戦記」を使用させていただきました。

画像


硬めの刻むギターと頭のユニゾンで盛り上げて、
ボーカルが乗っていく。これはアツいです。

音楽評論家じゃないので、あっさりしか触れていませんが、
こればっかりはもう聞いていただいた方が良いと思います。

YouTubeなどで、ディオスクロイ戦記を使用したPVも公開中ですので、
是非ご覧下さいませ。

画像


作中でも一カ所使用されています。
ここもアツいので是非遊んでみてネ(二回目)

なんだかコラムというか宣伝告知に終始してしまった感がありますが、
次回スペシャルコラム第三弾は【性的衝動と破壊衝動】です。
またみてね。



ピーキー公式サイト:http://pea-ky.com/top.html
亡国の戦姫特設ページ:http://pea-ky.com/product/pk_pro101/index.php
peaky告知局(Twitter):https://twitter.com/peaky_ad
電気式華憐音楽集団 Official Web Site:http://www.denkare.net/
Dang@電気式華憐音楽集団 (Twitter):https://twitter.com/dang_denkare






getchublog at 11:35│Comments(0)TrackBack(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー