げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2017年07月27日

AZ_BDBOX1_

TVアニメ「アリスと蔵六」のBlu-ray Box vol.1が7月28日(金)に発売。
これを記念した振り返りトーク&上映会が7月8日(土)に新宿バルト9にて開催されました。

イベントでは第1話と第6話の振り返り上映会とトークショーが実施。ゲストとして樫村紗名役の大和田仁美さん、樫村蔵六役の大塚明夫さん、松倉友二プロデューサー(J.C.STAFF)が登壇しました。


紗名役のオーディションについて聞かれた大和田さんは「テスト無しの一発勝負だったので全力で挑みましたが、手応えも感じられず呆然としながら帰った記憶があります。だから、決まった時は本当に嬉しかったです」と当時の心境を振り返った。
紗名役について松倉さんは「芝居ができすぎてもダメなので、最初は声優ではなく子役も想定していました。オーディションの半分くらいは子役だったと思います」と舞台裏を明かし、「でも結局、キャスティング会議で大和田さんに満場一致で決まりました」と続け、大和田さんから滲み出る“孫感”を絶賛しました。
一方、オーディションではなく指名だったという蔵六役の大塚さんは「話を頂いた時に、タイトルやどんな役かも分からないまま、音響制作会社の名前と1クールのTVアニメという情報だけで『いいよ』と二つ返事で受けました(笑)」というまさかの発言に会場から笑いと共に驚きの声が。すると、松倉さんが「実は最初、大塚さんの蔵六役には抵抗しました。大塚さんと言えば、(歴戦部隊の隊長といった)格好良い役のイメージがあったので、普通のお爺ちゃん役を頼んでいいのかと。第1話を収録するまでは少し不安でした(笑)」と当時の心境を吐露。松倉さんは「厳しさと優しさの混ぜ具合が絶妙で、すごくしっくりきました」とまとめ、大塚さんの起用が上手くいったことを語った。

また、第6話に登場した紗名のオリジナルソングは台本に書かれている言葉と尺しか決まっていなかったそうで、大和田さんは「尺に合わせて自分でメロディをつけるのにすごく苦労しました」とアフレコ時の貴重なエピソードを教えてくれた。今回は振り返りトークということで、第6話以降の第二部での印象的なシーンについて伺っていくことに。
松倉さんは「大塚芳忠さんが演じる内藤竜の『子供が元気だったらそれはいい世界だよ』っていうセリフを言えるアニメって今はなかなか作らせてもらえない。こういうことを言える大人ってすごく格好良いなと思えるシーンでした」と熱く語った。さらに松倉さんは「あそこに行くためにずっと作ってきたという想いがあります」と胸の内を明かし、「子供が困っている時に大人が駆けつけるアニメ」という本作の重要なテーマが見事に結実したシーンをお気に入りに挙げた。
ここで豪華なプレゼントが当たる抽選会を挟み、楽しいイベントも終わりの時間を迎えます。最後にゲスト3名から会場へ足を運んだファンに向けてコメントが贈られ、「アリスと蔵六」の振り返りトーク&上映会は幕を閉じました。

_98R5671

_98R5706

_98R5737

_98R5838


(C) 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会

■関連サイト
「アリスと蔵六」公式サイト
公式Twitter:@alicetozouroku






getchublog at 13:34│Comments(0)ANIME | EVENTこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー