げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2017年08月16日

【hrkn041_01】

あづい……あづいです……みなさん、溶けてませんか……原型とどめてますか……私は少し液体化してきました奏雨です……。

この夏はいかがお過ごしですか……。たのしんでますか……夏、エンジョイしてますか……!!! ひと夏のアバンチュールしてますか……!!! どうやったらアバンチュールできますか……!!! ひと夏のアバンチュールの教科書的なゲームとかありますか……!!! なければつくりませんか……!!!

夏ってあれですかね、気候が人を開放的にするのでしょうか。
発情期って、一般的には春のイメージですが、人間の発情期って夏なんじゃないですかね……あれ……でも、冬は冬で人肌恋しくなって……



…………いちねんじゅう!!!!!

人間は、いちねんじゅうはつじょーーーき!!!!!


はい!!

【hrkn041_02】のコピー




そんなわけで今回は、Whirlpoolさんの『初情スプリンクル』より、ルシファー系最古の血統、冥堂家のスーパーエリート! 超天才魔女☆冥堂羽月さんのおはなしを。

【hrkn041_03】のコピー


まずはじめに、羽月役のお話をいただいたとき、一瞬間違いではないかと本気で思いました(笑)。
自分の今までのイメージからかけ離れた役をいただく、ということはちょくちょくあるのですが、羽月はそのなかでもとびきりに。私的にはびっくりキャスティングでした。

こういう今までにない役をいただくと、挑戦できるワクワク感と、信じてキャスティングしてくださった方々への感謝で、やる気フルスロットルです!!

【hrkn041_04】



さてさて、少しの不安とワクワク感で、台本チェックに臨んだわけですが……


……。


…………。


………………。




……………………考えるな!! 感じろ!!!!!




……羽月が特にそうだったのかもしれないのですが、このシナリオは、「考えるな、感じろシナリオ」だなと。私は勝手に思ってます。

ただ、羽月はルシファー(高慢)の血のせいで少々厄介な性格を患っているため(もはやあれは、患っているというレベルだと思うのです)、文字面だけをそのまま読むとニュアンスが違ってしまうところが多々ありまして、そこらへんの読み取りに少し時間がかかりました。

「え、これは本心なの? 照れ隠しなの?」「あれ? 嬉しいの? 嬉しくないの?……ああ、嬉しいんだね……でも素直に言えないんだね……厄介だね……」
そんなやりとりをひとりで繰り返しながら台本を読んでいた記憶があります。

【hrkn041_05】


羽月はですね、ちょっと面倒臭くて厄介なコなんですけど、そんなメンドくささも含めて、可愛くて愛おしいコだと思います!!!

なんなんですかね、なんなんだろうこの可愛さ。ぎゅーっと抱きしめて、「はいはい、わかったわかった。」って、頭ぐりぐり撫でたくなるような。

羽月の面倒さって、一歩間違えると嫌われてしまうかもしれないものなので、あくまで「ウザかわいい」「ウザちょろい」の「かわいい」「ちょろい」のエッセンスを忘れないように、そこは特に気をつかいました。

本当は、すごく素直で良い子だと思うのです。なんだかんだ言って、倫理観しっかりしてるし。お年寄りや親戚に可愛がられるタイプですね。

【hrkn041_06】


そしてこの作品の主人公、神島宗太。
清々しいほどのドスケベですね。
宗太君も、血のせい、とはいえ……ここまでふりきれてると、いっそ清々しい。

私は、バカバカしさとかくだらなさが大好きなのですが、褒め言葉として、本当にバカヤロウな作品だと思います。(メーカー様、気を悪くされたらごめんなさい。)
やるんだったらとことん!!
くだらなさは宇宙規模で!!!
バカヤローーーwwwwww(喜)と、思わず叫びたくなるくらいに!!!!!



そんな素敵な作品を生み出して下さったメーカー様より、コメントを頂いております。

==========================

この度は羽月を演じていただきありがとうございました!

羽月はぱっと見、強気で性格のきつい印象があるのですが、実は意外とちょろ可愛かったりポンコツな部分がある子でした。なのでツンが前面に出るタイプではなく、柔らかさも一緒に感じられるようにしたいと思っていました。

最初の声合わせの時に奏雨さんに出していただいた声がまさにそのイメージにぴったりで、「やはりその選択に間違いはなかったぜ……」と感じたことを覚えています(笑)

これからもたくさん素敵な声を届けてくださいね!

アラガー
==========================


収録初日のドキドキ感、今でもおぼえています。
自分にとっては未知の領域だったので、ちゃんと「羽月だ!」と感じていただけるお芝居ができるのか……収録が始まるまでは、正直少しだけ不安でした。

そのように感じていただけて、とっても嬉しいです!
現場で「バッチリです!」と言っていただいた言葉に励まされました!
楽しい時間を、有難うございました!



@そらさん
くっすーとのお茶会、行きましょう! たのしみー!!
そらさんがコラムに書かれていた、メーカーさんの言葉「エッチシーンで大事にしてほしいものは『愛』」。
私もそう思います……!!! と、胸を打たれました。
たどたどしくても、おぼつかなくても、そこに愛があることが大事……。
私はいつも「愛おしさ」を念頭に置いてエッチシーンに挑んでおります。
愛は世界を平和にします……。
愛は偉大です……。



●プロフィール
奏雨(かなう)

このままでは液体になってしまうので、ハイボールを飲みながらコラムを書きました。
にんげんの原型を、かろうじてとどめています。


9月出演作
【29日発売】
Parasol『桜ひとひら恋もよう』高澤美綾役
ミィティ『星降る夜のファルネーゼ』ジャクリーン・シュプレンガー役
QUINCE SOFT『もののあはれは彩の頃。』クナド役

●関連サイト
奏雨Twitter アカウント
遥そらTwitter アカウント
Whirlpool



getchublog at 15:15│Comments(2)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事へのコメント

1. Posted by Sila   2017年08月16日 16:57
私は奏雨さんが羽月役だと知った時、『あぁ、なるほどねぇ』って思いました。
だって奏雨さんって色々な役を演じていますし、変わった役というか、突き抜けた感じの役が多い印象がありますから。
くるしーみたいな、いかにもなヒロインも似合うんですが、かわしまさんやシュトラッセさんの様に多彩な役で、この先もずっと色々な作品でお名前を見るんじゃないかなと思っています。

まぁ、でも、羽月の性格は生理的に受け付けないのです。ごめんなさい。
2. Posted by お八一七   2017年08月17日 01:21
出だしのテンションが(笑)
ハイボール効果ですか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー