げっちゅ屋オリジナル特典に描き下ろしB2タペストリー! 予約キャンペーンも実施中

2017年10月26日

01

そらり「さあ、やってまいりました、げっちゅ屋×竹井10日のコラボにして、『ひまわりのチャペルできみと』スピンアウト企画第1弾、『天と』」

みはや「『美駿の』」

そらりみはや「『漫画がんばるぞ!』」

そらり「今、イチオシの漫画を紹介していくこのコーナー! 国民の信を問うべく、解散総コラムをやった結果、我々、権田原天と野々宮美駿の2名で引き続きコーナーを続けていくこととあいなりました!」

みはや「まあ、我々2人しかいませんからね……結局のところ、選択肢がないということが不幸であるというか」

そらり「何か、風刺を孕み始めてきた!? 社会派の知性が零れ出す前にご紹介する今月の一冊はこちら!」


◆『魔王城でおやすみ』(熊之股鍵次著、小学館刊)






そらり「『静かに! 姫が起きちゃう! かつて、人と魔が存在していた時代…魔王は人間の姫をさらい、自らの城に幽閉した。人々は怒り、救出のため勇者は旅立つ!! そんな中、檻の中で姫は想う…「寝る以外、する事ない」安眠を求めて、囚われの姫が魔王城で好き勝手! 睡眠ファンタジーコメディー第一巻!!』(1巻カバー裏より抜粋)」

みはや「スヤリス姫の無法っぷりがなんて言うか、癖になりますというか、この姫無茶苦茶しますからね……。1巻だと、タイヤ魔人の話が酷くて好きです」

そらり「あと、でびあくま、可愛いです! 何なの、でびあくまは、姫様の眷属なの?」

みはや「大体いつも姫様と仲良くしていますからね……」

そらり「というかですね! この漫画、読んでいて非常に不思議な感覚を覚えるのですが、それが何なのか、読み進めるに従い、それが何なのか、分かりました!!」

みはや「その心は?」

そらり「こう、大昔のエニックス出版立ち上げ直後ぐらいの少年ガンガンとか、大昔のメディアワークス立ち上げ直後ぐらいの電撃コミックGAOあたりの漫画っぽさを感じるのです!!」

みはや「……あー」

そらり「この温故知新な感じは、意外とおっさん達は喜んでいるのではないか?と思う訳であります!」

みはや「というか、最近のサンデーは、割とこういう感触のある漫画多いですよね……」

そらり「若者達がどう思っているのか、気になるところではありますが」

みはや「寂しいことですが、若者はもう漫画雑誌を買ったりしないのでは……? 電車に乗っていても、昔のように漫画雑誌を開いている人はいなくて、みんなスマホですからね……文化の変遷、というやつでしょうか」

そらり「何だろうな……今回は社会派的な何かの回なのかな……?」

ゆいな「唯菜、地図記号には一家言ありますよっ」

そらり「それは小学生の社会の授業だ……。というところで、今月はここまで!! 実況は、権田原天」

みはや「解説は野々宮美駿」

ゆいな「ゲストは唯菜でしたっ」

そらりみはやゆいな「「「それでは皆さん、また来月〜〜〜!」」」


(文責・竹井10日)


●人物紹介
そらり・権田原天(ごんだわら そらり)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の実況担当キャラクター。くどい台詞回しと濃いネタ使いとディフェンスに定評がある。好きなサンデー漫画は、うる星やつら。

みはや・野々宮美駿(ののみや みはや)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の解説担当キャラクター。頭の上に乗っているのはイルカのリノールさん。好きなサンデー漫画は、さすがの猿飛。

ゆいな・唯菜(ゆいな)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)のお母さん担当キャラクター。お母さん担当ってどういうことですか? 好きなサンデー漫画は、ARMS。


竹井10日(たけい とおか)……エロゲシナリオやラノベなどを書く、よろず物書き。代表作は『秋桜の空に』『ひまわりのチャペルできみと』(共にMarronより発売のPCゲーム)、『東京皇帝☆北条恋歌』(角川スニーカー文庫刊)『10歳の保健体育』(一迅社文庫刊)『彼女がフラグをおられたら』『誉められて神軍』(講談社ラノベ文庫刊)。昭和だ……。


■過去のコラム
竹井10日presents「天と美駿の漫画がんばるぞ!」一覧

■関連サイト
Marron





getchublog at 17:56│COLUMN | BOOKこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー