あなたの縁を結ばせてください!! 〜結び繋がる♥恋模様〜

2017年12月27日

画像
秋の長休みを取り戻すかのように頻回更新でこんにちは。真鶴コウです。

2017年今年最後のしんどいコラム、花ちゃんからご指名を賜り、2017年12月28日に発売されます杏花フルアルバム『メクルメルクメ』を紹介するコラムを書かせて頂く運びとなりました。

画像


発売当日28日には電気外祭りでたくさんの杏花たちが練り歩き販売キャンペーンを行いまして、私も杏花として参加します。
想像つきませんがなかなか見ものだと思います。
私もファンの皆さんのご期待に添えるよう一生懸命つとめますのでよろしくおねがいします!!


先日、花ちゃんが杏花の証のタスキを内職しに家へやってきたわけですが

真鶴「タスキもひとりで全部自分で作って、当日も手売りしてえらいねえ。」
杏花「はい!でも、当日は行くかは……んー」
真鶴「え?」
杏花「私、顔出しNGですよ。だから、杏花募集したんですもん」
真鶴「そうか。来いや!!!」

画像


こんな、仲睦まじいおしゃべりをしながら、花ちゃんがんばってタスキ作ってましたよ。ひとしきり働いたあとはTHE MANZAI 2017の録画を見ながら鍋食って帰っていきましたけどね。

そんな花ちゃんが時間をかけてじっくりことこと煮込んで作ったアルバム全11曲を一足お先に聴かせて頂きました!
今日は、つるこうアイで一曲一曲ねちねち紹介していきたいと思います。
さっそく参りましょう。


01. overture
例えば、ディズニーランドって「夢の国」といいますが、飛び込んでみると夢や魔法もあるけれど、欲に溺れる海賊や女の嫉妬に狂う魔女とかそういうものもちゃんと存在してるじゃないですか。
そういったアレコレを経験して味わうことを「冒険」っていうと思うのですが、杏花の国への冒険へ誘ってくれるのがこのインストゥメンタルなのかなって。
入り口はとてもとても綺麗、誘い込むには、なにものも。


02. 杏花とは美少女ゲーム声優である。
単純な声優あるあるかと思いきや、ちゃんと“美少女ゲーム声優”の誇りと侘しさを歌いきっている名曲ですよ。
杏花というキャラクターの自己紹介にはもってこいの一曲ですね。
あんなオレオレ営業されてますが(By Twitter)、本人はこんなに謙虚な方なんです。
ジ・アニメーションのくだりなんかは涙なしには聴けないよ、おい。
あと「杏行っきまーす!!」のおっさん、誰よ。カフェオレ返して。


03. レーザービーム
これ初めて聞いたとき、すぐ花ちゃんにLINEで「よくやってくれた!」と称賛を送った一曲。
んもう、大っ好き!!カラオケ入って!カルアミルク片手に歌いたい。
シンセのイントロでガツンとテンションがあがり、メロディはまさに街に煌めくパッションフルーツな感じだし、歌詞に散りばめられた単語の数々がね、女子のハートには辛抱たまらんのですよ!!
今でこそ荻野目ちゃんやノラちゃんで80年代がまたプレイバックされてきましたが、花ちゃんがこのアルバム制作入ったの一年以上前と伺っているので、彼女の先見の明がこれでまた証明されたんじゃないでしょうか。
単純に80年代が好きなだけですよーって、本人は言うかもですが。


04.†masBirthday
さあ、ここからです。杏花の爪が見えてきますよ。
「えっ!?これ、本当に杏花歌ってる!?」とすぐにリプレイに入る皆さんの顔が見えるようです。
曲調も歌唱もガラリと気配を変えて、ただただ心刺す切ないバラード曲をお送りします。
このアルバムの真髄は杏花を“詰め込んでいる”ということなんですね。
その意味をこの曲でまず思い知るのではないでしょうか。
ひとしきり驚いた後にはどうぞ味わってください。本当にきれいな歌。


05.ありがとうの向こう側 OriginalLove!
杏花が川村玲緒を演じるその花びらに口づけをの10周年記念ソングの杏花バージョンです。やっぱり玲緒を意識して歌ったのかな。玲緒ちゃんだと思って聴くとミカ女メイトの皆さんは倍楽しめるかもですね。
全キャストバージョンよりも音が軽くポップな造りになってるような気がする。玲緒のちっちゃくてふわふわかわいいイメージにぴったり。
……そういえば、去年の今頃はこの曲の麗奈先生バージョンを出してもらうために必死にがんばってたなあ(しんどいコラム第三回参照)
そんな時代もあったなあ(遠い目)

画像


06.サクラサク 〜花の香り〜 PLAYBACK
「そんぐわーくす♪」収録曲がまたガラっと印象を変えて登場。
今まさに片膝をついて踏ん張っている人たちへ向けての応援歌。
……として、私は受け取ったのですが、これよくよく聴いてると、彼女の生き方そのまんま歌ってるだけなんですね。杏花のこんな感じの姿よく見ます(笑)
すごくいい歌なんだけど、杏花がこんなこと書くかなあという違和感がずっとあって、それに気が付いた時なるほど、と、思いました。
人を応援したり励ましたりしようなんてつもりではなく、自分のやり方を歌ったら結果として受け取り側が励まされていたというね。
美少女ゲーム声優界の高倉健とは、彼女のことですよ。

画像


07.Under The Tree Of BERGAMOT
珍しく思春期の花ちゃんが歌ってる曲だなあという印象をうけました。
優しく、切なく、限りなく素でいるようで造られているようで。大人になりつつあるアンバランスな少女の歌声。
こんな部分もあるのねえ。本当にいろいろと繰り出してくるアルバムだなあ。
いつか、花ちゃんがこのアルバムを万華鏡だと表現していたことがあったと思うのだけれど、そういう意味かあと納得しました。
しかし、こんなにたくさんの自分を掘り当ててくるってどれだけの時間と労力があったことだろうか。修行の域だと思うんですよ、その作業。
んもう、だんだん曲を紹介するどころか杏花を物思う時間になりつつありますね。この歌については花ちゃんのライナーノーツが出るらしいのでそれ読んでください(コラムの意義とは)


08.病❤︎美食少女
前の曲とのギャップ!!バランス!!
ツッコミを入れちゃうくらいパンクな一曲です。
ちょうど、この曲の歌入れの時スタジオに遊びに行ってまして。この楽曲に参加されてる早瀬ゃょぃちゃんとワイワイ言いながら楽しそうに収録されてました。
随分前に制作してからの歌入れだったらしく「あの頃の自分はどうしてこの曲を作ろうと思ったのか思い出せません……」と言いながら歌ってたけど、私はいいと思う。杏花ってこんくらいむっちゃくちゃなイメージ。


09.ラビュフォエバ
Charaももってこれんのかい!引き出しどんだけ!!……というのは、冗談だけど、先日廃刊したZipper世代は好きでしょう!こーゆーの!!
大好きとか愛してるの甘い部分を限りなく抽出した雲の上をふわふわ浮かぶような恋心を歌った歌で、はい、私ツボです(Zipper世代)
この歌、仕掛けが大変面白い。Zipper女子は歌詞も吟味してみて頂きたい。


10.メクルメルクメ
アルバムの題名にもなったこの曲、花ちゃんは走馬燈だと言っていました。
「目くるめく」という言葉を回文にしたり、曲中に言葉と音をくるくる回してあったり、巡り巡る世界をテーマにした壮大な歌ですね。不思議のアリスの国のようにつかみどころのないかわいく不気味な居場所。そこから守ってやると歌い上げる心意気を受け取ってほしい。杏花ファンは幸せものだね、彼女は絶対裏切らないよ。私が保証する。
そして、怒られるかもしれないけど歌い出しがジョイマンなのも私の中ですごく評価が高いのですが、これ、狙い!?偶然!?
2018年、ジョイマンはくるよ!!


11.528Hzの後奏曲
528Hzってなに?花ちゃんの好きな深夜ラジオの周波数?なーんて思って調べてみたらソルフェージュ周波数という人に癒しを与える周波数のうちの一つなのだそうだ。そして後奏曲とは教会で礼拝後会衆が退場する際に演奏される曲のこと。
杏まみれでお疲れ様でした、どうぞ最後に癒されてお帰り下さいという彼女なりの気遣いだろうか。こういうおもてなしの心がさりげなく組み込まれてるところに、本当に無礼な奴なのか、行き届いている奴なのかわけがわからない。
しかし、そんなことどうでもいいんです。どうですか、この歌声。そんな小さなこと吹き飛ぶでしょう?


ということで、曲を紹介しようと思ったら杏花への長いラブレターのようになってしまいました。

いやあ、杏花ごった煮のような、すごいアルバム爆誕しましたね。
本当におめでとうございます!!!
みんなのお手元に届くのが本当に楽しみ!!
コミケでカーニバル♡百合ゲー愛好会ブース(癸械横械押砲任發換愼いただけます。ぜひ、遊びにいらしてください!

画像


今回の紹介はあくまでも真鶴個人の感想なので、みなさんなりの目くるめく「メクルメルクメ」の世界へおでかけして頂きたいと思います。
その感想を、花ちゃんへぜひ伝えてあげてください。

そして、このコラムへの感想もコウちゃんへ伝えてあげてください。
しんどいコラムではみなさんからのお便りを随時募集しております。
宛先は「 lsb@mikajyo.pink 」です。

聖ミカエル女子学園HPのパイセンの尊いページ http://mikajyo.pink/manadurusp.html
(このコラムのアーカイブをまとめています)からのメールフォームが便利です。

コラムに取り上げてほしい話題、身近な百合報告、真鶴に推したい百合作品紹介、電気外やコミケのお土産話などなど、なんでもOK。

みんなのお便りお待ちしております!!

今年のしんどいコラムはこれまで。
みなさん、今年はたくさん一緒に遊んでくれてありがとうございました!!

来年も百合活がんばってまいります。
杏花のアルバムもよろしくおねがいします!!

食べすぎ、飲みすぎに気を付けてよい年末をお過ごしくださいね。

また2018年にお会いしましょう!
よいお年を!!

真鶴コウ


●プロフィール
真鶴 コウ(まなづる こう)

声優・ラジオ構成作家・コラムニスト
主に洋画吹替えなどで活躍していたが、突如「その花びらにくちづけを」シリーズの蓬莱泉麗奈役に抜擢。
その後、喘がない美少女ゲーム声優として「鳴かないホトトギス」の異名をとる。
美少女ゲーム界の異端児は、今日も鳴かせてみせようと言ってくれる
豊臣秀吉のような業界関係者からの連絡を待つ。
その鳴くまで待とう精神は、天下人・徳川家康のそれと同じなのかもしれない・・・。

メクルメルクメ/杏花:http://release.ayumione.co.jp/GRFR-0027/
真鶴コウTwitter:https://twitter.com/manazuru_kou
聖ミカエル女子学園公式サイト:http://mikajyo.pink/
聖ミカエル女子学園公式Twitter:https://twitter.com/mikajyo_info
聖ミカエル女子学園公式購買部:http://mikajyo.com/







getchublog at 11:40│Comments(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー