あなたの縁を結ばせてください!! 〜結び繋がる♥恋模様〜

2018年02月02日

エヴァプラレールビジュアル

1月6日(土)から放送が開始されたTVアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」と、「エヴァンゲリオン」から生まれた新幹線「500 TYPE EVA」のコラボが決定しました。

「新幹線変形ロボシンカリオン」第1話は父と子、そしてロボットの姿を描いた内容から視聴者よりアニメ「エヴァンゲリオン」を想起させるという感想コメントが多数寄せられたとのこと。そんな声を受け、「シンカリオン」スタッフは「エヴァンゲリオン」サイドに接触。TVアニメ内でのコラボレーションが緊急決定したそうです。


EVA1

EVA2


エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」は、2015年にJR西日本山陽新幹線の全線開業40周年と、「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念して始動した「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」から生まれた車両。「エヴァンゲリオン」の監督である庵野秀明さん監修の元、メカニックデザイナー・山下いくとさんの車両デザインによって制作されました。2018年5月13日まで、新大阪-博多間で1日1往復運行しています。
この「500 TYPE EVA」は2017年10月にタカラトミーから発売された「プラレール新幹線変形ロボシンカリオン500 TYPE EVA」としてコラボ玩具が発売。TVアニメ内でのコラボがどのような展開に鳴るのか、楽しみにお待ちくださいませ。
コラボ決定を受け、庵野秀明監督よりコメントも届いています。

◆「エヴァンゲリオン」シリーズ原作・総監督庵野秀明 コメント
保線から始まる第1話の描写に、心がシビれました。男の子の善き夢が詰まった子ども向けアニメとして、素晴らしいと思います。最終回まで遅延なく、無事故で走行しきって下さい。楽しみにしています。500系エヴァ新幹線の活躍も、是非!
追伸
車両同士の連結カットは、鉄心としてアップでじっくり、観たかったです。

◆TVアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」

・ストーリー
鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、“漆黒の新幹線”が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため「新幹線変形ロボシンカリオン」を開発した。
「シンカリオン」とは、実在する新幹線から変形する巨大ロボット!その「シンカリオン」と高い適合率を持つ速杉ハヤトら子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう!
果たして“漆黒の新幹線”の目的は・・・!?子どもたちは日本の未来を守れるのか・・・!?
チェンジ!シンカリオン!

・スタッフ
監督:池添隆博
シリーズ構成:下山健人
キャラクターデザイン:あおのゆか
メカニックデザイン:服部恵大
音楽:渡辺俊幸
音響監督:三間雅文
アニメーション制作:OLM
アニメーション制作協力:亜細亜堂
CGアニメーション制作:SMDE
制作:小学館集英社プロダクション
オープニング主題歌:BOYS AND MEN「進化理論」
エンディング主題歌:村上佳佑「Go One Step Ahead」


・キャスト
速杉ハヤト:佐倉綾音
上田アズサ:竹達彩奈
男鹿アキタ:沼倉愛美
速杉ホクト:杉田智和
大門山ツラヌキ:村川梨衣
三原フタバ:雨宮天
シャショット:うえだゆうじ
出水シンペイ:緑川光
(C)プロジェクトシンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

■関連サイト
「新幹線変形ロボシンカリオン」公式サイト
公式ツイッター:@shinkalion
TVアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」公式サイト


getchublog at 13:07│Comments(0)ANIME | NEWSこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー