月に寄りそう乙女の作法 〜ひだまりの日々〜 iOS/Android版好評配信中!!

2018年05月22日

地球外コンセプトビジュアル

TVアニメ「電脳コイル」の磯 光雄監督の11年ぶりとなる最新作として、オリジナルアニメ「地球外少年少女」が発表されました。


本作は磯監督のオリジナル原作でAIやインターネット、SNSが普及する、2045年の宇宙を舞台にした物語。”スマート”と呼ばれる携帯端末や人型ロボット、ドローンなど、磯監督が想像する近未来の宇宙を詰め込んだ作品となっています。そんな宇宙空間にオープンする日本製の商業ステーションで大規模な事故が発生。ステーションに取り残され、数々の危機を乗り切る子供たちの姿が描かれます。
キャラクターデザインは、TVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」シリーズやTVアニメ「ガンダムGのレコンギスタ」でキャラクターデザインを務めた吉田健一さん。アニメーション制作は映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」や「CYBORG009CALL OF JUSTICE 」など、デジタル作画に特化したアニメスタジオSIGNAL.MDが手掛けます。
発表にあたり磯監督からコメントも届いています。

◆磯 光雄監督コメント
宇宙を舞台にしたアニメをあまり見かけなくなり、自分で作ってしまおうと思いました。宇宙はすでにSFに登場する遠いイメージではなく、実際に行ける場所になりつつある。そんな環境に投げ込まれた少年たちが体験する冒険を、実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい。


◆オリジナルアニメ「地球外少年少女」

・あらすじ
2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間。
日本の商業ステーションにやってくる少年少女たちは、
発生する大規模な宇宙事故に遭遇し、ステーションに子供たちだけで取り残される。もう大人の救援は期待できない!
彼らの命綱は、辛うじて生き残ったナローバンドと、SNS、
フリーアプリの低知能AIやスマホで操作できるドローンなど。
これらを駆使し、中学生たちはピンチを乗り切り生き残る事が出来るのか!?

・スタッフ
原作/監督/脚本:磯光雄
キャラクターデザイン:吉田健一
制作:SIGNAL.MD

(C)MITSUO ISO/avexpictures 2014



getchublog at 13:29│Comments(0)ANIME | NEWSこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー