げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2019年04月24日

kusuhana_01_01

みなさま、初めまして。
この度声優コラムを担当させていただけることとなりました、秋野花と申します。
こうした連載のお話をいただいたのは初めてで、とてもわくわくしています。
普段、作品についてじっくりお話できる機会が少ないぶん……このコラムでは、それぞれにまつわる想い出を、大切に文字で綴っていけたらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします!


春は始まりの季節ですね。
2018年6月29日に発売した、ensembleさまの第20弾作品『恋はそっと咲く花のように』の物語も、あたたかな春から幕を開けます。




kusuhana_01_02


秋野が演じさせていただいたのは、作中で若手女優として活躍中の宮音沙希ちゃん。
実際にゲームをプレイしてみると……背景の広告にちらほら姿を見つけたりして。
なんだかくすぐったい、不思議な気持ちになったことも思い出します。

kusuhana_01_03


ちなみにセンターヒロインの琴石伊織ちゃん役は、今回一緒にコラムを連載していく、くすはらゆいちゃんが演じてらっしゃいます。
可憐で、とにかく、出会っていただきたいヒロインさんです!

kusuhana_01_04


ensembleさまの作品は、いつも日常から生まれる恋を描かれていて。
ヒロインさんとふたり、ささやかな出来事を重ねていくたび、ほのぼのした幸せを感じるのですが……。
『恋はそっと咲く花のように』では、たとえば沙希ちゃんは学園生でありながら、芸能界でお仕事をしている身。
そうした非日常がスパイスになって、何かしらの現実と向き合うことになったりと、ちょっとした刺激の先に幸せを味わえるような物語になっています。

kusuhana_01_05


そしてその幸せの、そのまた先のお話が、先日2019年3月29日に発売されましたアフターストーリー『恋はそっと咲く花のように 〜二人は永遠に寄り添っていく〜』です。

kusuhana_01_06


本編のときから、女優さんとしてお仕事をこなし、お芝居に情熱を注ぐ沙希ちゃんの姿勢は尊敬の塊……ですがそれはつまり、光栄にも自身のポテンシャルを超えた次元にいるキャラクターさんを演じなくてはならないということで。
台本を読みながら沙希ちゃんの実力と自分とのギャップに頭を抱えることもありましたが、同時に「沙希ちゃんらしい臨み方ってどんなだろう」と試行錯誤するのは楽しい作業でもありました。
最終的には、彼女の芯の強さ。
そういった部分に私も引っ張ってもらえたんだと思います。

kusuhana_01_07


そうそう!
今作ではensembleさまの別作品に登場する「とあるお方」が、沙希ちゃんのラジオ番組にゲスト出演してくださっています。
びっくりです!

というのも、わたくし「とあるお方」の登場作品で、沙希ちゃんとは全く別のキャラクターさんのお声を担当させていただいており……。
沙希ちゃんとしては初対面。
でも自分の中に「この人知ってる!」って感情の高まりも、むくむく。
なんだか貴重な経験をさせていただきました。
両方の作品をプレイ済みの方には、もしかしたら、にんまりしていただけたでしょうか?


ここで、メーカーのensembleさまからいただいたコメントをご紹介します。

==========================
秋野花様へ

3月に発売された『恋はそっと咲く花のように 〜二人は永遠に寄り添っていく〜』の宮音沙希(みやねさき)役をはじめ、私どもensembleの作品に、多数のご出演をして頂いており、いつもありがとうございます。

作品毎に、ヒロインの魅力を最大限に引き出してくれる秋野様の素晴らしい演技に、いつもどれだけ助けられていることでしょうか。

秋野様の今後のますますのご活躍をお祈りするとともに、これからもよろしくお願いします。

ensembleスタッフ一同
==========================


こちらこそ、様々なキャラクターさんとのご縁を、本当にありがとうございます!
『恋はそっと咲く花のように 〜二人は永遠に寄り添っていく〜』では沙希ちゃんだけでなく、その娘さんも演じさせていただけて……感無量でした。


さらに、これから一緒にコラムを担当する、くすはらゆいちゃんからもコメントをいただいております!

==========================
コラム第1回の執筆おつかれさまー!
花ちゃんとは共演作品も多いから、これから想い出とかも語り合えたらうれしいな♪

『恋はそっと咲く花のように』は、ヒロインみんなの結婚とその先まで描かれていて、台本を読んでいるとなんだか親戚の人みたいな気持ちになることもしばしば(笑)。
あったかい気持ちになれる作品だったね。

P.S. コラムのタイトル案変なのばっか思いついてごめん(笑)。
==========================


ゆいちゃん、ありがとう〜! すごくすごくうれしいです。

コラムのタイトルはふたりで相談して決めました。
他の案もすごくツボだったよ……!
ここだけの話、私の手元のメモにはもっと変な案がわらわらあるけれど、ゆいちゃんが早々に挙げてくれた案がいちばんしっくりきたおかげで……ごめんよ、こっそり命拾いしちゃったんだよ……(笑)。

kusuhana_01_08


今作どのヒロインさんの物語も、周りのあたたかさが沁みて泣きそうになるんです。
主人公、家族、友人、マネージャーさん、応援してくれる人たち……その存在に、環境に、どれだけ心と体が救われているかと、収録のあいだも感謝で胸がいっぱいになりました。

きっとひとりではたどり着けなかった幸せのかたち。
その先を、共に歩んでいただけたらと思っています。

kusuhana_01_09



なお現在、沙希ちゃんの抱き枕カバーがご予約受付期間だそうです(2019年5月7日(火)正午まで)。
こちらには購入特典で専用のゲームが付いてきます!
完全受注生産とのことですので、お迎えを予定されている方は何卒、ご予約をお忘れなくです。


それでは、はじめてのコラムはこの辺りで。
ご覧いただきありがとうございました!


●プロフィール
秋野花(あきのはな)

流行から2周半くらい遅れてマイブームがやってきます。少し前に「食べるラー油の乗った牛丼」にハマりました。いつも刺激の強いものをあまり食べないのに、週3ペースで食べていたところ、ブームが去るより先に胃腸さんが……(合掌)。なにごとも、ほどほどが大事ですね……。

4月の出演作
【26日発売】
ensemble SWEET『乙女騎士 いますぐ私を抱きしめて』暁天音役


5月の出演作
【31日発売予定】
ユメミル『ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット-』孫悟空役



●関連サイト
秋野花Twitter アカウント











getchublog at 11:00│Comments(1)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事へのコメント

1. Posted by Luck4   2019年04月26日 22:29
5 コラム開始おめでとうございます。

本編の沙希ちゃんは明るく頑張り屋さんで
御飯を美味しそうに食べる姿が魅力的でしたが、
FDでは苦難を乗り越え女優として母親として
成長した大人らしさも加わり更に魅力的でしたね。
母と娘の会話シーンは見ていて癒されました。

ensembleさんは作品間の交流が割とあるので、
今度は別作品で沙希ちゃんが出ると良いなと。

お二方の出演されている作品はいろいろプレイ
しているのでどんな作品が取り上げられるのか
今後も楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー