げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2019年04月19日

sub12

セガゲームスは、今冬発売予定のPlayStation(R)4『新サクラ大戦』のあらすじや舞台、霊子戦闘機などのゲーム情報を公開しました。


sub2


・あらすじ
太正十九年。帝都・東京において、後に「降魔大戦」と呼ばれる戦いが勃発する。帝都、巴里、紐育の華撃団はその脅威に果敢に立ち向かい、そして世界は救われた。

勇敢なる華撃団、その消滅と引き換えに――

その後、降魔大戦の激闘の功績から、華撃団の都市防衛構想は世界中に認められることとなり、「世界華撃団連盟(WLOF)」が設立。世界各都市に華撃団が誕生していく。各国の華撃団は、世界華撃団連盟が開催する「華撃団競技会」で、歌劇と戦闘を競い合い、お互いの力を高めあっていた。二年に一度の乙女たちの戦いを、世界中は「世界華撃団大戦」として熱狂する。

それから十年の時が過ぎ、太正二十九年。

長らく華撃団が途絶えていた帝都・東京にも、帝国華撃団が復活。新生「帝国華撃団・花組」も、世界華撃団大戦の勝利を目指し、戦いに挑んでゆく。


しかし、友が、戦友が平和的に競い合うその祭典は、再び世界中に現れた降魔、そして謎の敵の登場により、「平和の祭典」から「世界の命運をかけた戦い」に急変していく。

新主人公「神山誠十郎」率いる「新・帝国華撃団」は、帝都の、世界の平和を守り抜き、正義を示すことができるのか。

──新たな「サクラ大戦」が、今始まる!

sub3

sub4

sub5

sub6

sub7

sub8

sub9

sub10



本作の舞台は、太正二十九年の帝都・東京。
『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』から十二年の時が経ち、銀座の町並みは、より西洋文化と日本古来の文化が入り交じったモダンな街並みになり、高度な蒸気文明都市に進化していった。

sub17


・霊子戦闘機
霊子甲冑とは、蒸気を動力とし強い霊力を持つもののみが操縦できる、対妖術戦用に開発された人型の霊子兵器である。
霊子戦闘機は旧来の霊子甲冑を踏まえ、世界華撃団連盟(WLOF)によって基本設計された、新フレームワークの霊力兵器。霊子甲冑と比べ、霊子機構の高出力化を実現。霊力変換効率が劇的に向上し、操縦者に求める霊力の要求も低くなったことから、降魔大戦後に各国で採用される標準フォーマットとして、各国で機体開発が行われるようになる。

sub18

霊子戦闘機・無限
神崎重工初の量産型霊子戦闘機。
霊子甲冑・三式光武の開発を踏まえ、正式な霊子戦闘機として設計開発された機体。霊子過給機も搭載された。性能的には癖が少なく扱いやすい機体で、帝国華撃団・花組の主力兵器として活躍する。(画像は神山機)

sub19

霊子甲冑・三式光武
神崎重工が、霊子甲冑から霊子戦闘機へのフレームワーク移行を視野に入れて開発を行った機体で、「光武二式」をベースに、アンシャール鋼を使用して軽量化を図った機体。
ただしフレームの基礎構造は光武二式型と大差なく、霊子過給機も採用されていないため総出力や霊力効率は悪い。
総合的な戦闘力は霊子戦闘機に劣るが、その後開発された、「霊子戦闘機・無限」の基礎を築いた。(画像は天宮さくら機)



◆『新サクラ大戦』
メーカー:セガゲームス
プラットフォーム:PlayStation(R)4
ジャンル:ドラマチック3Dアクションアドベンチャー
発売日:今冬
価格:未定

・スタッフ
メインキャラクターデザイン:久保帯人
音楽:田中公平
ストーリー構成:イシイジロウ
原作:広井王子
主題歌「檄!帝国華撃団<新章>」
作詞:広井王子
作曲:田中公平

(C)SEGA

■関連サイト
『新サクラ大戦』公式サイト
公式Twitter



getchublog at 17:14│Comments(0)NEWS | GAMEこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー