げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2019年05月29日

kusuhana_02_01

みなさん初めまして! 
声優のくすくすくすっと「くすはらゆい」です。
秋野花ちゃんとリレー形式でコラムを書かせていただくことになりました。
あまり自分自身のことを発信する場がないので、収録の際のエピソードや日頃感じていることなどを綴っていければと思っております。
よろしくお願いしますね。


早速ですが、花ちゃんからコメントをいただいております!

==========================
改めて、ゆいちゃん、お疲れさま!
ゆいちゃんと何かを担当した思い出といえば、ラジオ番組……でも、それももう3年くらい前なんだなって、時の流れにびっくりする今日このごろ。
だから何度も言っちゃうけど、今回はコラムで一緒できることになって、本当に嬉しいなあ!
折角だからこれを口実に……(笑)、今度ご飯も行きましょ〜!
==========================


もうラジオからそんなに経つんだ……!
音泉さんでラジオやるの初めてだったから、花ちゃんと一緒って聞いてすごく安心したのを覚えてるよ(笑)。
ごはんいこー! お肉食べたい!!!


kusuhana_02_02

そういえば、先日東京ビッグサイトで開催されたcharcter1に遊びに行ってきました。
minoriさんの最後のイベント参加を見届けたかったからです。
このコラムを読んでくださっている方ならご存知かもしれませんが、美少女ゲームメーカーのminoriさんが2019年1月25日に発売された『その日の獣には、』を最後にソフトウェアの制作を終了されました。
わたしが初めてオーディションを受けたのはminoriさんの作品でした。
そして『夏空のペルセウス』で初めてのメインヒロイン、遠野恋ちゃんを演じさせていただきました。
それからもオーディションに毎回呼んでいただき、ありがたいことにたくさんのヒロインを演じる機会をいただきました。

『夏空のペルセウス』でメインヒロインを演じたものの、それから2年ほどの間ほとんど仕事がなく、「誰にも必要とされてないのかな」「実家に帰ろうかな」なんて思うときもありました。
そんなときに、代表のnbkzさんをはじめminoriの方々はわたしを励ましてくださり、ボイスサンプルを変えた方が良いなどアドバイスまでくださいました。
それから段々とお仕事を頂けるようになったのですが、現場に行くと「minoriさんの作品をプレイしてオファーしました」と言っていただくことが本当に多くて。
わたしの声優としてのカタログを作って世に送り出してくださったのは間違いなくminoriさんです。
本当に感謝してもしきれません。
ありがとうございます。

kusuhana_02_03


そんなminoriさんの作品の中から今回ご紹介するのは、2015年2月27日に発売された『ソレヨリノ前奏詩』です。
わたしが演じさせていただいたのは「心に壁を持つ少女」姫野永遠ちゃん。
永遠ちゃんを演じるのは大変でした。
というのも、永遠ちゃんの心には壁があり、人の感情が読めてしまう主人公(宮坂終くん)をもってしても何を考えているかわからないのです。
とはいえ、永遠ちゃんにも感情はもちろんあって……。
台本の先の方まで読んで「あ! このときはこういう気持ちであんな行動をとったんだ」と、台本をいったりきたりしながらチェックしたのを覚えています。
感情の小さな起伏を必死で読み取っていました。

kusuhana_02_04


そんな永遠ちゃんですが、変化もポイントかなって思います。
最初に台本をいただいたのは体験版の範囲のみだったので、ずっとこの「心に壁がある状態」が続くのかなと思っていたのですが、物語が進むにつれて壁がもろくなったり、ひょいっと壁から感情が溢れる瞬間が出てくるんです。
本編の収録の初日「もっと感情出して大丈夫です! 高校デビューみたいな感じで」とディレクションを受けました(笑)。

わたしが印象に残っているシーンは、ラジオなどでも度々お話しさせていただいたんですが、「真響ちゃんルートの修羅場」ですね。
周りの声優さんと何回か話したことがあるんですけど、泣くシーンとか感情が発露するシーンで実際に泣くかが問題。
みなさんそれぞれアプローチがあって、シーンとしての完成形を客観的にみて泣かない方もいれば、役に寄り添って実際に泣く方もいらっしゃいます。
わたしはどちらかといえば後者なのですが、この修羅場のシーンは感情の持っていかれ方がすごくて。
なんだか制御不能なくらいでした。

kusuhana_02_05



そしてminoriさんといえばラジオ!
『ソレヨリノ前奏詩』はもちろん『夏空のペルセウス』から最終作の『その日の獣には、』まで6回に渡ってパーソナリティを務めさせていただきました。
『夏ペル』の頃はラジオ自体初めてなのに、パーソナリティとしてゲストさんをお迎えすることになり緊張で吐きそうでした(笑)。
そんな初々しいわたしの様子はYouTubeにアーカイブが上がっているので良かったら聞いてください。
恥ずかしいけど、たくさん再生されたら1回くらい特別回やれるかもってminoriさんが言っていたので宣伝しておきます(笑)。

ラジオでひとつ後悔していることがあって。
『罪の光ランデヴー』前後から、さすがに次の作品は呼ばれないだろうなって思いが常にあって、ラジオの最終回などでminoriさんに改めて感謝とかをお伝えしていたんです。
でも、その度にスタッフの方々が「最終回感ありすぎ!(笑)」とか「もううちと仕事したくないんですか」なんて冗談めかしておっしゃるから『その日の獣には、』のラジオは明るく終わろう!と思って改まって感謝とかをお伝えしなかったんです。
ソフトウェア制作終了のお知らせを聞いたとき、後悔しました。
やっぱり感謝とか好きって気持ちはちゃんと声に出して伝えないとだめですね。
みなさんも好きな作品やクリエイターさんには、声が届くうちに好きって気持ちを伝えた方が良いですよ! きっと。


そんなminoriの代表、nbkzさんからコメントをいただいております。

==========================
『ヨリノ』に限った話ではなく、minoriの歴史の半分はくすはらさんによって作られたといっても過言では無い気がします。
素敵な出会いってのは奇跡的に起きるのかもしれませんね。
これからもご活躍を!

元minori nbkz
==========================


歴史の半分なんて恐れ多いです……! 
わたしの声優としての人生、1を10にして活路を開いてくださったのは間違いなくminoriさんです。
これからも作っていただいた素敵なカタログを手に、精進していきます。
本当にありがとうございました。

kusuhana_02_06


charcter1ではAstilbe×arendsiiさんの「minoriありがとうLIVE 〜ever forever〜」も行われましたね。
minoriさんの作品が大好きな人たちが集まったであろうあの場所で、『ソレヨリノ前奏詩』のエンディング曲「Prologue」を聴いていたらウルウルしてしまいました。
あの空間に居られたことが幸せでした。 

「さよならなんて言わない」
「お別れなんかじゃない、また会えるんだよ」
「だから……だから……」
「大好き」

これは2014年1月31日に発売された『12の月のイヴ』のデモムービーで流れる宇奈原由紀ちゃんのセリフです。
minoriさんが制作を終了されると聞いてから、このセリフがふとした折に頭をよぎります。
制作終了は寂しいですが、今までの作品は残ります。
これからも、ソフトを起動して会いにいってもらえるとうれしいなって思います。


●プロフィール
くすはらゆい
収録に水筒を持っていくんですけど、最近シュッと泡で出てくる洗剤を買いました。
すっごく洗いやすい! おすすめです。

5月の出演作
【31日発売】
Azurite『タマユラミライ』水晶石みだり役


ユメミル『ガールズ・ブック・メイカー-幸せのリブレット-』ゲーテ役

6月の出演作
【28日発売予定】
tone work’s『月の彼方で逢いましょう』佐倉雨音役














getchublog at 11:48│Comments(3)COLUMN | PCこの記事をクリップ!twitterでつぶやく

この記事へのコメント

1. Posted by MLW   2019年05月29日 12:08
5 コラム開始おめでとうございます!

夏ぺルでゆいちゃんと出会って、ファンを続けて随分と月日が経ちましたが、あの頃のことは昨日のことのように思い出せます。

minori作品はまさしくゆいちゃんが声優としてスタートし、キャリアを象徴する存在だと思うので発表は私も残念でしたが、
ゆいちゃんのminoriや演じてきたヒロインに対する強い想いが感じとれ、とてもグッと来ました。

次回の更新も楽しみにしています!
2. Posted by まときんぐ   2019年05月29日 15:07
「夏空のペルセウス」の遠野恋役で声を聴いてからすっかりくすはらゆいさんのファンとなりました。そこからminori作品は連投していたので、毎作声を聴くのが楽しみでした。
3. Posted by 鼻   2019年05月29日 23:21
5 永遠ちゃん大好きです。

とあるシーンのクローズド永遠ちゃんとオープン永遠ちゃんの演じ分けはお見事でした。
今でも印象残ってる。
(パリーン)

くすはらさんが過去に演じたキャラを覚えてくれてる。
大感激です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー