げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2019年10月16日

kusuhana_07_01

ゲームの面白いところって、挙げていけばきりがありませんよね。
ADVなら、新しい物語を体感できること。
その物語の中で選択して、望んだ結末を見られること。
あるいは何度も遊ぶことで、一度目は選ばなかった“別の結末”も楽しめること。
でも多くの場合、ゲームで描かれているのは登場人物たちの人生のごく一部。
ゲームをクリアした後も、ずっと物語は続いているはず……。
そんな想像をしていると時間が経つのも忘れてしまいます。
ゲームだいすき、考察もだいすき、秋野花です。

例えば違う作品に同じ人物が登場したり、どこかで見たなという景色に出会ったりすると……ドキッとしませんか? 否応なしにテンションが上がりませんか?
コラムを読んでくださっているあなたが、もし同じタイプだとしたら。
そういった意味でもぜひこの機会に遊んでいただきたい作品を紹介させてください。
2014年9月26日に発売しましたシルキーズプラスWASABIさまのデビュー作『なないろリンカネーション』です。




『なないろリンカネーション』(以下、『ななリン』)では、滝川琴莉役を演じさせていただきました。
琴莉ちゃんは自分にとって一際思い入れのある子です。
収録に臨んだときの景色やドキドキも、もう5年前なんだ……と驚いてしまうほど、鮮明に覚えています。

kusuhana_07_02



不思議な力を持つ「加賀見家」の人物が中心となる『ななリン』の物語で、琴莉ちゃんは普通の学生として主人公の真さんと出会います。
非日常の中での日常。
普通担当、と申しましょうか。
もちろん最初は初対面だったり、頼みごとをする立場なので少し畏まっていますが、関わっていく「ある事件」辺りを境に、素の部分もどんどん出てきて……。
面白くて酸欠になるくらい叫んだシーンが忘れられません。
色々な意味で(笑)、忘れられません。

kusuhana_07_03


本作のシナリオライター・かずきふみ先生の書かれる日常のやりとりが私は大好きで、台本を読みながら笑顔になったり涙すること多々なのですが。
会話の気持ちの良さと、根っこに血の通った人のあたたかさ。
それが確かに存在しているからこそ感じる悪意の冷たさや、ぽっかり胸に穴が開く虚しさ。
そういった温度の変化に何度も胸を揺さぶられます。

思い返せば、繊細な思いが交錯する難しさに体当たりで挑んだ日々でした。
『ななリン』の現場で丁寧に、命を削ると言いますか、毎回……生きていることを実感するような経験をさせていただけたおかげで、今の自分があると断言できます。
琴莉ちゃんは人生観と、人生を変えてくれた恩人ですね。
自分と重なる部分も多く、ものすごく感情移入したこともあり、当時からずっと心の一部に琴莉ちゃんがいる感覚です。
だからプリンを見るとうふふってなりますし、メリーゴーランドを見ると気持ちがきらきらしますし……あっ、唯一違うところがあるといえば、ジェットコースターに乗れないことでしょうか。
いつかコタロウって名前のお犬様をお迎えして、出来る限り幸せな暮らしを送ってもらうことが密かな夢、だったりします。

kusuhana_07_04


『ななリン』から始まったご縁で、シルプラさんの作品には何度もこうして考えさせられたり、大切なことを教わったり。
とにかくお世話になりっぱなしなのですが、この度シルキーズプラスさま広報・たまさんからコメントも頂戴しております!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
コラムをご覧のみなさん、こんにちわ! シルキーズプラス広報のたまです。
秋野花さんには、シルキーズプラスのデビュー作『なないろリンカネーション』(滝川琴莉役)から『景の海のアペイリア』(アペイリア役)、『言の葉舞い散る夏の風鈴』(百花奏役)と、様々な作品で長くお世話になっております。

ひとつひとつ作品を思い出すと、秋野花さんとの思い出がたくさんあります。

それぞれの作品リリース前にはシルキーズプラスの生放送にも何度もご出演いただいて、様々なお話をしてくださいました。
普段聞けないようなお話もたくさんできて、とても楽しい思い出がいっぱいあります。
本当に優しく温かいお人柄で、作品をすごく大切にしてくださる印象が強いです。

今回は『なないろリンカネーション』をピックアップしていただいて、ありがとうございます!
コトリンの愛称で多くの方に愛されている滝川琴莉ちゃん。

この作品の主人公は「霊視」という特別な力を持っており、鬼を従え、町に彷徨う霊魂を現世から解き放ち、常世へと送る、祖父から託された加賀見家の「お役目」を果たしていくのですが、琴莉もそばにいる霊の存在を感じる力を持っていて、そのお役目を手伝うんですね。

主人公を兄のように慕う琴莉、とにかく明るくて、元気で笑顔が似合う子で、何年経っても琴莉への愛おしさが心に染みるというようなヒロインです。
秋野花さんは琴莉を見事に演じてくださいました。
作中の一言、一言、主人公や他のキャラたちとの掛け合い、琴莉の言葉に魂を吹き込んでいただいて感動しかないです。

本当に宣伝ではないんですけど、琴莉をより多くの方に知っていただきたいですし、秋野花さんの心のこもった演技を見ていただきたいので、『なないろリンカネーション』遊んでみてくださーい(声大)。
文章では琴莉がどんなに良い子か伝えきれないので……。

笑いもあり、涙もあり、この作品をプレイいただいた方はもうおわかりだと思いますが、琴莉はずーっと忘れられない子になることは間違いないです!!

琴莉を語るとまだまだ長くなってしまいそうなので(笑)この辺で、秋野花さん、本当にありがとうございます!
めぐり合えて、こうして作品づくりをご一緒出来たことに感謝します。
これからも声優としてさらなるご活躍を期待しています&シルキーズプラスともずっと仲良くよろしくお願いします!!

広報たま より
――――――――――――――――――――――――――――――――――


言葉では伝えきれないくらい、琴莉ちゃん、とてもとても良い子なんですよね……!!
と、私もまだまだ長々語ってしまいそうです(笑)。
琴莉ちゃんとの共通点として人見知りなところがある秋野ですが、そんな自分にも気さくに接してくださるたまさんのぬくもりに、今までどれだけ助けられているかわかりません。
シルキーズプラスさん、そしてシルキーズプラスさんを応援してくださっている“シルプラー”のみなさんはいつもあたたかくて。
作品に出演させていただいたり生放送におじゃますると、まるで実家のような安心感……感謝と一緒に、また会えて嬉しいなあ、と度々感じています。
沢山の出会いをありがとうございます。
これからも仲良く……そしてこれまで以上にお役に立っていけるよう、研鑽を重ねます。
年末に開催の『Silkysplus☆LiveFes!』でもよろしくお願いいたします!
みなさん! 豪華出演者さま勢揃いのライブチケット、ただいま発売中ですよ〜!(という宣伝)

kusuhana_07_05


シルキーズプラスWASABIさまといえば。
今年9月27日に新作『きまぐれテンプテーション』(以下『きまテン』)が発売になったばかりですが、実は『きまテン』には、加賀見琴莉役で出演させていただいております。
お気付きですか? 加賀見。
ふふふ、“加賀見”なんです。
嬉しいなあ。
『ななリン』そして関連のドラマCDなどを既にご存知の方には、色々と想像していただけたでしょうか。
少々特殊な立ち位置ですが、『ななリン』と同じく全力で『きまテン』の主人公・巽さんたちのお手伝いをさせていただいてますので、ぜひこちらも遊んでみてくださいね!
アンネ可愛いよ、アンネ。

と、書いていて気付いたのですけれども。
『ななリン』の発売日が5年前の9月26日で、『きまテン』の発売日は今年2019年の9月27日。
1日しか違わないんですね。
これは偶然でしょうか……。運命?


●プロフィール
秋野花(あきのはな)
四季の中でいちばん好きなのが秋です。
過ごしやすくて、おしゃれしたくなる可愛いお洋服もたくさん。
紅葉のきれいな場所へ行楽などもしてみたいですねえ。

9月出演作
【27日発売】
シルキーズプラスWASABI『きまぐれテンプテーション』加賀見琴莉役

12月30日(月)開催
『Silkysplus☆LiveFes! 2019Winter』声の出演

毎月第三水曜日配信
あざらしそふと『あざらしラジオ』メインパーソナリティ出演中

●関連サイト
秋野花Twitter アカウント

■関連記事
声優コラム ウサたん♪ゆいなのん♪「アルパカ★ウサタイム」第1回『なないろリンカネーション』アイリス
http://blog.getchu.com/archives/52104543.html








getchublog at 11:39│Comments(0)COLUMN | PCこの記事をクリップ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー