げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2020年02月12日

kusuhana_11_01

年が明けた直後電車に乗るという体験を初めてしました。
車掌さんがアナウンスに添えてくださる新年の挨拶はなんだか特別で、電車から降りた時の冷たい空気も不思議と清らかに感じられて、何気ないけれど良い時間を過ごせたなあとしみじみ思います。
そんなお正月気分をのんびりのんびり消化して、ようやく身体が温まってきた、秋野花です。

さて、特別な時間ということで。
つい気持ちが踊るオープニングムービーも印象的なこの作品、2017年12月22日にサガプラネッツ様から発売となりました『金色ラブリッチェ』をご紹介します。




ひょんなことからシルヴィアというお姫様と出会った主人公・市松央路くんが、紳士淑女が通う私立ノーブル学園に転入してくるところからお話は動き出します。
シルヴィアさん含むメインヒロインさんが全員金髪だったり、この作品、様々な「金色」がキーワードとして関わってくるのですが……。

秋野が演じさせていただいたのは、カミナル・ル・プルテア・ソルティレージュ・シスアちゃん。
ソルティレージュ国の第10王女ということで、フルネームともなると盛り沢山ですね。
作中ではミナちゃんという愛称で親しまれています(お姉さまであるシルヴィアさんの愛称はシルヴィです)。

kusuhana_11_02


ミナちゃんは周囲からすれば年下ですし、まだ身体も小柄ですが、やはり王女様。
少女的な甘さよりも王女としての品格、背負っている立場からくる言葉の重みを感じられるようにと、大切に演じました。

鞭をびしばし、スパルタ教育!
一流の人間として、庶民である主人公をシルヴィ姉さまに相応しい存在へと導くべく奮闘します。
さながら鬼教官ですが、それもすべて主人公と姉さまの幸せを願うからこそ。
基本的には思慮深く頼りになる子なのですが、ときどき年相応の抜けたところや、所謂「庶民のもの」を知らずお茶目な事件に発展することもあり、憎めない可愛らしさがあります。
特に恋愛観に関しては初歩の初歩で赤面しちゃうくらい知識のハードルが低いので、それに対する反応にある意味びっくりしてしまうかも?

kusuhana_11_03


ちなみにミナちゃん、メイド姿も似合うんですよね。
王女さまなのにメイド?と思われた方は、どうぞ本編でその働きっぷりをご確認ください!

kusuhana_11_04


2019年2月22日に発売した『金色ラブリッチェ-Golden Time-』は、その続編作(なお2月22日、にゃんにゃんにゃんの日は、ミナちゃんのお誕生日。少し早いですが、おめでとうございます!)。




ミナちゃんも攻略対象のひとりになった今作では、厳しいだけではなく、ちょっぴり過激に恋する一面も明らかに。
正直ここまで甘くなるとは、驚きました……!
普段とのギャップも含め、特別な時間を楽しんでいただきたい作品です。

本当にこうして『金色ラブリッチェ』2作、前作『フローラル・フローラブ』も含めると3作と続けてご縁があるとは夢にも思っていませんでした。
そんな、ゴールデンタイムな機会をくださったサガプラネッツさまから、コメントもいただいております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
『金色ラブリッチェ』そして『金色ラブリッチェ-Golden Time-』とミナちゃんを演じていただきありがとうございました!
主人公への「下郎」との呼び名にもあるとおり、ミナちゃんは当初主人公のことをよく思っていません。
嫌われないかな? 嫌な子だと思われないかな? と不安もありました。
ですが秋野花様はそんなミナちゃんをこれ以上ないくらい可愛らしいキャラに演じてくださいました。
『ミナ』というキャラクターがこれだけ人気のヒロインになったのは、秋野花様のお力があってこそだと感じています。
本当にありがとうございました。
秋野花様の益々のご活躍をお祈りしております!

収録担当 はっしー
――――――――――――――――――――――――――――――――――


はっしーさん、収録中は大変お世話になりました。ありがとうございます!
特に冒頭の、央路くんに対するミナちゃんの当たりは強いものでした。
自分も不安を覚え、大丈夫かな?と、最初は言葉の内容に比べて甘めの印象になるような芝居のアプローチをした覚えがあるのですが、その時「もっと厳しく当たって大丈夫です」と。
物語が進んで少し情が移ってきたころ、指導やツッコミの言葉を若干柔らかく演じた時にも「厳しさは変えずに」とディレクションいただいたことが記憶に残っています。
たとえ厳格さを前に出しても、ミナちゃんの優しさと思いやり、真心の部分をユーザーさんはわかってくださるはず。
そう信じているからできる判断だと感銘を受け、真摯に取り組ませていただきました。
妥協せず相手と接することこそ、自立した彼女らしさで、魅力なんですよね。

kusuhana_11_05


来月2020年3月26日には、PS4とPS Vita版の『金色ラブリッチェ』も発売されます。
限定版や特典などもあるようですので、家庭版が欲しいという方は、ぜひ。

ドタバタもありつつ、様々な境遇、過去と現在の想いが絡み合うお話。
どうか最後まで楽しんでいただけたら幸いです。

あなたにとっての金色を、見つけていただけますように。

●プロフィール
秋野花(あきのはな)

冬コミ4日目、のんびり企業ブースを回るつもりが、寝て起きたら閉会時間でした。
年末よく寝たぶん、今年は育ちたいです。

@ゆいちゃん
やった。おいしいお芋が食べられるお店を、さがしにいこう……!

毎月第三水曜日配信
あざらしそふと『あざらしラジオ』メインパーソナリティ
http://azarashi-soft.nexton-net.jp/topic/radio/

●関連サイト
秋野花Twitter アカウント








getchublog at 13:09│Comments(2)COLUMN | PCこの記事をクリップ!

この記事へのコメント

1. Posted by Luck4   2020年02月12日 23:01
5 ミナちゃんは『金色』本編の頃から好きで
FDの発売と昇格が決まって一番喜んだヒロインです。
相手を思ってこその愛のある厳しさが絶妙な感じに
表現されていて、どのシーンも凄く楽しめました。
メイド服姿は勿論、髪形を変えた私服姿も
可愛らしくて良いですね。
2. Posted by 暇つぶしの名無しさん   2020年02月16日 08:56
ミナちゃんは良いキャラ。金色の中で一番好きかも。
そして制作側が「嫌われないだろうか?」と心配になるのも分かる。
実際この子は声無しでプレイしたらかなり印象変わると思う。
オーロは散々お世話になるので、ちゃんと読んでりゃ別に嫌いにはならんとも思うけども。

「高貴」で上に立つものの自覚を持ちつつ下の人間を見下ださず、
「世話焼き」で王女なのにメイドルックが超似合って、
「年下」っぽい可愛らしさもちゃんとあるという奇跡のキャラ造形。

演じる側は確かに大変かもしれない

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー