げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2020年03月25日

そらり「さあ、やってまいりました、げっちゅ屋×竹井10日のコラボにして、『ひまわりのチャペルできみと』スピンアウト企画第1弾、『天と』」

みはや「『美駿の』」

そらりみはや「『漫画がんばるぞ!』」

そらり「今、イチオシの漫画を紹介していくこのコーナー! いやあ……1ヶ月経ったら、もうちょっと収まってるかと思ったら、勢いを増してますね、コロナ……」

みはや「引きこもった後の10ヶ月後にはコロナベイビーブームが起こってるという噂すらありますね」

そらり「赤ちゃんを産む為には、まず、結婚。ということで、ご紹介する今月の一冊はこちら!!」



◆『その時の彼女が今の妻です』(音井れこ丸著、KADOKAWA・enterbrain刊)



そらり「『世界は"運命の出会い"が溢れてる……!? 不意打ちの出会いに、クスっとホッコリ。
ロマンチックじゃないけれど、なんだかグッとくる"胸キュン"な瞬間を激写するショート・オムニバス』(公式サイトより抜粋)」

みはや「タイトルが大体の出来事を表しすぎていて、あらすじというか説明の方がふんわり感というのは、流石に珍しいデスね……」

そらり「『完璧美少女な天才ショタがダダ甘お姉ちゃんと業界仰天のゲームを創りながらゲーム作りの怖いお話を聞かされています!』(竹井10日・著)でも、ちゃんとあらすじ書いてたからな!」

みはや「まあでも、大体1話読めば、方向性というかその後のあらすじも大体は分かりますから」

そらり「そんなもん、どんな漫画でも読めば大体どんな漫画か分かりますよ!!」

みはや「今回は実況の権田原さんの突っ込みが厳しい。やはり、結婚をテーマにしたゲームの出演者で、主人公と結婚出来なかった実況の権田原さんにとっては、結婚にトラウマがあるのでしょうか」

そらり「そんなもん、解説の野々宮さんだって、主人公と結婚出来なかったじゃんっ!!」

みはや「わたくしはファンブックで結婚いたしましたので」

そらり「そんなもん、私だってファンブックでなら、したわ!!」

ゆいな「まあまあ、醜い底辺争いはその辺にしましょう」

そらり「底辺言うな!! まあ、ともあれ、本作『その時の彼女が今の妻です』は、『そんなアホみたいな出会いで結婚する!?』みたいなお話が満載なのですが、こんな感じで結婚出来るなら、世の中は既婚者で溢れてるだろうな……と感じるところであります」

みはや「あと、この作品はヒロインが全員、若林さんなので、この勢いで既婚者が増えると、遠からず、この国から若林姓は絶滅すると思います。夫婦別姓制度が急がれます」

そらり「突然の社会派!!」

ゆいな「でも、意外と出会いなんて、馬鹿馬鹿しいものでもいいものなんですよっ。要はそこからどういう付き合いをするのか、とか、その出会いの時に愛しいと思えるか、とかその辺が大事なんですっ」

そらり「既婚者の言葉重いな……」

ゆいな「唯菜、結婚は楽しいものなので、みんな、もっとバンバン結婚するといいと思いますっ! そして、バンバン、コロナベイビーを生みましょうっ!!」

そらり「何とも言い難い推奨だな……。そして、本作は単巻完結な作品なのですが、大変面白いので何とも非常に勿体なく、もっと続けて欲しかったなあとそんなことを思う次第であります。皆さん、続けて欲しい作品は積極的に応援いたしましょう! といったところで、今月はここまで!! 実況は、権田原天」

みはや「解説は野々宮美駿」

ゆいな「ゲストは唯菜でしたっ」

そらりみはやゆいな「「「それでは皆さん、また来月〜〜〜!」」」



(文責・竹井10日)







●人物紹介

そらり・権田原天(ごんだわら そらり)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の実況担当キャラクター。くどい台詞回しと濃いネタ使いとディフェンスに定評がある。好きな『その時の彼女が今の妻です』ヒロインは、若林さん。

みはや・野々宮美駿(ののみや みはや)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)の解説担当キャラクター。頭の上に乗っているのはイルカのリノールさん。好きな『その時の彼女が今の妻です』ヒロインは、若林さん。

ゆいな・唯菜(ゆいな)……『ひまわりのチャペルできみと』(Marron2007年作品)のお母さん担当キャラクター。お母さん担当ってどういうことですか? 好きな『その時の彼女が今の妻です』ヒロインは、若林さん。



竹井10日(たけい とおか)……エロゲシナリオやラノベなどを書く、よろず物書き。代表作は『秋桜の空に』『ひまわりのチャペルできみと』(共にMarronより発売のPCゲーム)、『東京皇帝☆北条恋歌』(角川スニーカー文庫刊)『10歳の保健体育』(一迅社文庫刊)『彼女がフラグをおられたら』『誉められて神軍』(講談社ラノベ文庫刊)。

好きな『その時の彼女が今の妻です』ヒロインは、若林さん。

■過去のコラム
竹井10日presents「天と美駿の漫画がんばるぞ!」一覧

■関連サイト
Marron




getchublog at 12:06│Comments(0)COLUMN | BOOKこの記事をクリップ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー