げっちゅ屋あきば店で抱き枕を予約してお得なクーポンをGETしよう!!

2021年03月17日

kusuhana_25_01

日々のなかで理不尽だと思うことが減りました。
というか、そう感じる出来事がほとんどないなあ、とふんわり気付いたのが最近のこと。
思い返せば10年ほど前、声優の道を志し歩き始めた時分は、心にもやもやしたものを抱えてばかりいたような気がします。
それが今ではとても息がしやすい毎日を過ごせている。
作品との出会いを通して、キャラクターさんと人生も共に歩んで、経験を重ねられたからかな?
とても恵まれた環境でお仕事させていただけているからかな?
理由を考えれば考えるほど感謝が絶えません。
なぜかというと、上で挙げたすべてのことは、自分がしたいと思ってもどうにもならないことだからです。
じゃあ自分ひとりで出来て、前よりも気を付けるようにしたことって、何かあったかな?
考えて考えて、ひとつだけ、思い当たったのが。
「意識してやったことも、無意識の行いも、全部巡って自分にかえってくる」
そんな風に意識して生活するようになったことです。
例えば道を歩いていて不意に誰かとぶつかってしまった。
こちらに悪気は全くなくても、ぶつかられた人は良い思いをしません。
ここで誰かに与えてしまったいやな気持ちというのが、巡り巡ってやがて、同じ形で無くても自分にかえってくる……それが、理不尽と感じる不幸の正体だ、という考え方です。
ばかだなあ、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これは日ごろ本当にそうだと思っていて……。
ちょっと不幸なことがあったとしても「自分もどこかで誰かにこんな思いをさせてしまったのかも知れない。気をつけよう」と己を戒めるだけで済むので、とても心が平和でいられます。
情けは人のためならず、ですね。
なんて、実は怒るのが面倒くさいだけかも知れませんが。

今回はインレ様より2013年5月31日に発売された『ChuSingura 46+1』をご紹介させていただきます。

タイトルの通り忠臣蔵が題目となっているこの作品は、壮大な時代劇のサウンドノベルゲーム。
秋野は、ヒロインのひとり矢頭右衛門七の妹・矢頭小夜役で出演させていただきました。


続きを読む


getchublog at 08:40│Comments(2)

2021年02月17日

kusuhana_24_01

冬に食べるアイスっておいしい。
と言いながら、夏もおいしく食べているのですが……。
夏はかき氷とかフルーツ系のアイスを好んで食べていましたが、最近はクリーム系のアイスを主に食べています。
暖房の効いた部屋でお風呂上りに食べるアイスは最高ですね。
「アイスは冷凍庫から出して少し待った方が口溶けがよくなる」なんて聞きますけど、私はカチコチのアイスをがんばってスプーンですくって食べるのが好きです(笑)。
いつもはスーパーやコンビニでアイスを買うのですが「たまには専門店のアイスが食べたい!」と思い、先日生まれて初めてサーティーワンをテイクアウトしました。
今まではお店で食べていたのですが、こんな情勢ですしね……。
テイクアウトってカップしかダメなのかなぁって勝手に思っていたのですが、コーンも可能でした!
私はワッフルコーンが大好きなので迷わずコーンを選択。
フレーバーはめちゃくちゃ迷ってラムレーズンにしました。
注文するといつもと同じように店員さんがアイスをすくってコーンに乗せたあと、そのままカポッと透明のカバー(アイスの形にジャストフィット)をかぶせてドライアイスと一緒に持ち帰り用の袋に入れてくれました。
家に帰って袋を開けると、そこにはいつもと変わらぬラムレーズンさんの姿が……!
久しぶりに食べたお店の味は最高でした。
また近々テイクアウトしよう。

さて、今回ご紹介する作品はASaProjectさんから2018年3月30日に発売されました『かりぐらし恋愛』です。
私はどこか様子のおかしい幼馴染「新妻ひより」ちゃんを演じさせていただきました。



続きを読む


getchublog at 10:15│Comments(3)

2021年01月20日

kusuhana_23_01


昨今、節目節目で、往年の人気作品がリメイクされる機会も増えましたよね。
「リメイク」に対して、皆さんはどんな印象を持つでしょうか?
実を言うと、私は最近まで「リメイク」と聞くと少し構えてしまうところがありました。
学生時代熱を入れていたゲームがいくつかリメイクされ、胸を躍らせて購入した結果、なんだか想像していたものと違うなと感じてしまった経験が、何度かあったのです。
そのたびに何故なんだろう、と考えていたのですが……ある時、はっとしました。
遊んでいるのは「リメイク」なのに、自分は「元の作品」のことばかりを追い求めていなかったか? と。
作品というのはその物自体のクオリティは勿論ですが、作られた時代背景、作品と出会ったときの自分の状態……様々な要因で制作側のアプローチも、受け手の捉え方も変わるものです。
昔作られたものと、今「作り直される」ことで表現されるものは違って当然なのに、それを受け入れる姿勢がそもそも出来ていなかったんですね。
好きは尖れば尖るほど視野を狭くしがちですから、せめて気を付けて、今をありのまま感じる心を忘れずにいようと深く反省したのでした。

そんな風に「リメイク」という言葉と向き合えた、未熟な自分の話をした後で恐縮ですが。
今回は2020年12月25日にケロQさまより発売されました『素晴らしき日々〜不連続存在〜 10th Anniversary特別仕様版』に同梱されている、『終ノ空 remake』のお話をさせてください。

ひとつだけ言えることがあるとすれば、『終ノ空 remake』は「リメイク」という名のついた「新作」です。
1999年に発売された『終ノ空』そして『素晴らしき日々〜不連続存在〜』とも違う、2020年版『終ノ空』。
私はこの作品に出会えて新しい「リメイク」という概念に気付けたように思います。


続きを読む


getchublog at 12:26│Comments(1)

2020年12月16日

kusuhana_22_01

ゲームをしながらゲームをする。
というのは、ゲーマーならあるあるですよね(笑)。
私は最近『あつまれどうぶつの森』で飛んでくる風船を追いかける日々を送っております。
『あつ森』をやっていない方に説明しますと、5分に1回程度の頻度で島を風船が横断するんです。
その風船をパチンコで割ると中から家具やら洋服やらレシピやらが出てくるのですが……。
『あつ森』の秋〜冬はこの風船から入手するレシピの数が尋常じゃありません!
「きのこレシピ」に「きのみレシピ」、さらに「もみじレシピ」に「オーナメント家具レシピ」!!
別にまったり「レシピなんて取れるぶんだけでいいや〜」っていう遊び方も全然アリだと思うんです。
しかし、これまで時間操作せずに季節レシピをすべて集めてきたのでついついがんばっちゃうんですよね、えへへ。
風船は前述の通り5分に1回程度しか飛んできません。
そして、中身はランダムでお目当てのモノが出るとは限りません。
レシピが出てきても既に持っているレシピ、いわゆるダブりだったり。
なかなか根気のいる作業です。
しかも結構暇です。
5分に一回海岸に行って「風船来るかな……」とひたすら待つ作業(たまに飛んでこないときもある)。
そこで、風船を待ちながら最近は別のゲームをやっています。
『あいりすミスティリア』のチャレンジクエスト「深淵の封穴」にも挑戦してみたり。
風船を待っている間にペンタゴア・シッシのLv.100を討伐できました!
嬉しい!
『あいミス』に夢中になり過ぎて何回か風船を見過ごしちゃったのは内緒ですよ。

さて、今回ご紹介する作品はゆずソフトさんから2018年3月30日に発売されました『RIDDLE JOKER』です。
わたしは血のつながりはない、主人公の妹「在原七海」ちゃんを演じさせていただきました。


続きを読む


getchublog at 11:30│Comments(2)

2020年11月18日

kusuhana_21_01

ゲームをしたり音楽を聴く際いつもヘッドホンを使っています。
ヘッドホンって着圧の強いものを長時間使用していると、耳が痛くなること、ありませんか?
自分も経験があるので、そういうものだとは思いつつ……。
しかしどうも最近、耳ではなく、頭が痛くなっていることに気が付きました。
普段使いしているヘッドホンも決して締め付けが強いタイプではないのに。
不思議に思って、でも何気なく、痛い箇所を触ったとき、謎が解けたんです。
そこにはくっきり、眼鏡の先セルの跡があるではないですか!
まるで眼鏡を置くために頭の形が変化したかのよう。
それとも最初から頭がそういう形だったのか……今となってはわかりません。
ただ、眼鏡をしながらヘッドホンをすることで、先セルの部分が内側にめり込んでいたことは間違いないようでした。
これが頭痛の原因だったんですね。
年末、ゲーミング眼鏡の購入を真剣に考え始めています。

今回ご紹介するのは、ゲームはゲームでもトランプゲームが未来を左右するお話。
ウグイスカグラ様より2017年3月24日に発売されました『水葬銀貨のイストリア』をご紹介します。
秋野は最強の妹、茅ヶ崎夕桜ちゃんを演じさせていただきました。


続きを読む


getchublog at 11:12│Comments(0)

2020年10月21日

kusuhana_20_01

あー……焼き鳥の豚バラが食べたい。
なんだか矛盾した文章ですが、福岡で焼き鳥といえばなんといっても鳥皮と豚バラなんです!
どこの焼き鳥屋さんに行ってもほぼ間違いなく豚バラがメニューにあります。
油がおいしい豚バラを一口頬張り、ビールで流し込む。
福岡の夏(に限らないけど)最高。
しかしながら、今年はコロナの影響で一度も帰省できていないのです。
つまり、豚バラも水炊きももつ鍋も今年一度も食べていないってことです。
家族に会いたい気持ちはビデオ通話などでなんとか誤魔化していますが、福岡グルメが食べたい欲がついに爆発したのでもつ鍋セットをお取り寄せをしてみました!
わくわくしながら届いた段ボールを開けると、冷凍のもつとスープ、ちゃんぽん麺、それにちょこっと薬味が付いています。
レシピも同梱されており、自分でごぼうとキャベツを買って解凍したもつと一緒に煮込むとのこと。
届いた翌日にさっそく作ってみました。
結論から言うと、めちゃくちゃおいしかったです。
もつって丁寧に選んで下処理もしっかりしないと臭みが……ってことがありますが一切気になりませんでした。
スープもお店直送なので当然おいしい。
そして、締めのちゃんぽん麺が最高でした。
具を食べ終わった鍋に凍ったままのちゃんぽん麺を入れて数分。
ちゃんぽん麺は伸びることなく、スープとよく絡んでとてもおいしかったです。
また注文しようと心に誓いました。
お取り寄せにハマりそう(笑)。

さて、今回ご紹介する作品はAzuriteさんから2019年5月31日に発売されました『タマユラミライ』です。
わたしはエッチなことが苦手で貞淑なサキュバス「水晶石みだり」さんを演じさせていただきました。



続きを読む


getchublog at 09:56│Comments(1)

2020年09月23日

kusuhana_19_01

仕事柄、曜日に関係のない生活を送っていることもあり、ここ数ヶ月はイベントの大切さというものが身に染みます。
特に8月ごろはコミケもなく、帰省する状況ではないためお盆の感覚さえなく……。
そうそう、出かけないものですから、今年は夏のお洋服も全く買っていなかったんです。
でも気付いたころにはバーゲンの時期も過ぎ去っていた……という……。
なんだか、あっという間に月日が飛んでいってしまったみたい。
行事というのは大小かかわらず、知らず知らずのうちに、生活に節目を与えてくれているんですね。
日々にメリハリを作るためにも、これまで以上に自分から刺激に飛び込んでいく意識を持とうと思いました。

さて今回は、まどそふとさまより2020年9月25日発売の『ハミダシクリエイティブ』をご紹介させていただきます。
”学園に来ない女子と見過ごしがちな青春を探す学園恋愛ADV”ということで、学園が舞台となる今作ですが、ヒロインさんは皆不登校。
理由は様々ながら、作品のタイトルにもある通り、実は全員がクリエイティブな特技を持っていて……。
サブキャラクターさん含め、職業も性格も個性的な方々が揃う刺激的なタイトルとなっています!


続きを読む


getchublog at 10:38│Comments(1)

2020年08月26日

kusuhana_18_01

夏はサンダルが履きたくなりますよね。
見た目が可愛いし、何よりスニーカーなんかを履くよりは足元が涼しい気がする。
しかしながら、わたしは足がかなり小さいのです……。
少し前に百貨店で正確に足のサイズを測ってもらったところ、21.0とのことで。
いつもはSサイズのパンプスや22.5のスニーカーに中敷きをたっぷり入れたりしてごまかしながら履いているのですが、サンダルはごまかしがほぼ効かない!!
小さいサイズの専門店に行けば良いのかもですが、このご時世あまり出歩くのもなぁという気持ちもあり、通販で靴を買うのもサイズが合わない可能性が高そうで躊躇してしまいます。
嗚呼、わたしの足があと少し大きければこんなに悩まなくてもいいのに……と思いながら、お仕事帰り商店街を歩いているときにわたしはそれを見つけました。
続きを読む


getchublog at 12:12│Comments(1)

2020年07月29日

kusuhana_17_01

行方不明になったエアコンのリモコンが見付からないまま夏を迎えてしまいました。
このまま暑さから逃げ切れるでしょうか。
大丈夫、冷凍庫には保冷剤がたっぷり保管してあります。
日ごろからデザートをお持ち帰りしていて良かったと思う瞬間です(笑)。
これで今年も、快適なおうち時間を過ごしたいと思います。

夏といえばさわやかな青空、そしてさわやかな青といえば……青春ですね!
今回ご紹介しますのは、Purple softwareさまより2020年8月28日発売予定の新作『青春フラジャイル』です。
魔法が鍵となるこの作品、秋野は主人公の元へ突然やってくる押しかけ師匠、リズ・メイサース役で出演させていただきました。


続きを読む


getchublog at 11:38│Comments(1)

2020年07月01日

kusuhana_16_01

マスクって暑い……!
仕事柄、花粉の時期やインフルエンザが流行っている時期は毎年マスクを着けていましたが、おもえばこの時期にマスクを着けたことってほとんどなかったかも。
冬場は「マスクしてると顔があったかーい」とか思っていたわけで、そりゃこの時期はそうなるよね。

なんとか少しでも快適に過ごせないものかとネットを検索。
どうやら「ハッカ油」を使ったスプレーがいいらしい。
ということで、早速家にあったハッカ油に水などを足してマスクの外側にシュッと一吹き。

すごい清涼感! スーッとして快適!
でも実際に温度が下がるわけではないので、水分補給などの熱中症対策を怠らないように注意が必要とのこと。
みなさんもぜひお試しあれ♪

さて、今回ご紹介する作品はWhirlpoolさんから2020年5月29日に発売されました『pieces/揺り籠のカナリア』です。
この作品は2019年3月に発売された『pieces/渡り鳥のソムニウム』の続編となる作品です。
私は続編からの追加キャラクターである「ノア」ちゃんを演じさせていただきました。


続きを読む


getchublog at 11:41│Comments(2)

2020年06月03日

kusuhana_15_01

おうち時間、みなさま如何お過ごしでしょうか。
私は人と会うことだけが普段以上に少なくなった、という点を除いては、快適に時間を過ごしておりました。
お仕事をさせていただく上では、音声を録ってくださる側の皆さんの安全は大前提として。前後の滅菌作業など、こちらも安心して収録に臨むための配慮をいただくことに、頭が下がるばかりなのですが……。
もともとある程度のパーソナルスペースがあると安心出来るタイプですから、プライベートにおいては、ソーシャルディスタンスという距離感がむしろ生きやすくて、驚いています。

前向きな引きこもり生活のなかで、台本を読んだりゲームをしたり。
ゲームって、やりたい時にたまたま時間が作れなかったりすると、遊ぶタイミングを逃してしまうこともありますね。
でも、今なら腰を据えて遊べるなあ、なんて。
何本か積んでいたゲームの封を切ることが出来たのも幸いでした。
急に長めのお休みが訪れた人の中には、同じように、積みゲーを崩されていた方もいらっしゃるんじゃないかと思います。
なのでじっくり遊べて、引きこもりの上手いヒロインさんが登場するゲームを、今回はご紹介させてください。

アリスソフト様より2015年4月24日に発売された『イブニクル』です。


続きを読む


getchublog at 10:40│Comments(1)

2020年05月07日

kusuhana_14_01

ドトールの「ツナチェダーチーズ」を食べたことがありますか。
わたしは今年になって初めて食べて後悔しました。
なぜこんなおいしいものを今まで注文しなかったのか、と。
元々ツナが大好きなわたし。
家には常にツナ缶がストックされていて、自分でもツナチーズトーストはよく作るのですがドトールのものは格が違いました。
次回も必ず注文しようと思っていたのですが、「緊急事態宣言」を受けて多くの店舗が休業中(執筆時で5/6までの予定)。
不要不急の外出はダメですしね。
このコラムが掲載される頃には少しでも収束していると良いのですが……。
みなさんも色々な予定や楽しみを我慢していらっしゃることと思います。

みなさんのお家時間がわたしが関わらせて頂いたゲームなどで少しでも楽しいものになっていたら幸いです。
もっとわたしにできることがないか色々考えてみます。
とりあえず、家で作るツナチーズトーストにみじん切りの玉ねぎをプラスしてみました。
本物には及ばないけどおいしくなって嬉しい。

さて、今回ご紹介する作品はensembleさんから2020年5月29日に発売されます『Secret Agent〜騎士学園の忍びなるもの〜』(略称:シクエジ)です。
わたしはプログラミング管理が得意な後輩「雨ノ森ゆい」役で出演しております。
「ゆい」という名前のキャラクターを演じるのは初めてでなんだか嬉しかったです。
だって出演者のみなさんの素敵なお声でたくさん名前を呼んでもらえるって役得じゃないですか(笑)。
ラジオへのお便りなどで「自分と同じ名前の主人公だと嬉しい」とか「ヒロインが母の名前で何だか気まずい」というのをいただいたことがあるのですが、名前って大事だなぁって改めて思いました。


続きを読む


getchublog at 11:40│Comments(4)

2020年04月08日

kusuhana_13_01

皆様は流れ星って見たことありますか?
子供のころ、夏休みになると、親戚の家に泊まりに行くことが恒例行事でした。
お家はちょっとした山の上にあったものですから、玄関から出ただけで頭上に星がたくさん見えるんですね。
ときどき星座盤と見比べたりなどしながら、ぼうっと見上げる星空はとてもきれいで、目に焼き付けるようにじ〜っと眺めたことを思い出します。

もちろん流れ星を見かけたら必死にお願いごとをしました。
何をお願いしたかはもう記憶の彼方ですが、そのころはもう既に声優になりたいという思いがあったはずなので……
もしかしたら夢、叶えてもらっちゃったのかもしれません。

今回お話するのは、お星さまいっぱいの宇宙からやってくる物語です。
近年様々な作品のメディアミックスも話題のフロントウイング様より、2016年8月26日に発売(Vol.1)、2019年末にはVol.3までのシリーズ累計が5万本を達成したビジュアルノベルゲーム『コロナ・ブロッサム』(以下コロブロ)シリーズ。







続きを読む


getchublog at 12:00│Comments(0)

2020年03月11日

kusuhana_12_01

アイスカフェラテっておいしすぎませんか。
1年くらい前からコンビニのアイスカフェラテにハマって、お仕事帰りとかに1日1杯飲むのが日課になっていたんですけど、最近は家でカフェラテを淹れるようになりました。
製氷機で氷を作ってもいいんですけど、せっかくなら透明で溶けにくい氷で飲みたい!と思いまして、スーパーで氷を初めて買ったのですが、氷ってメーカーさんによってだいぶ差があるんですね。
すごく好きな氷を見つけて最近はそれをリピート買いしています。奥が深そうな世界だ……。

最初はマグカップに氷を入れてインスタントコーヒーを淹れて牛乳を混ぜてってやっていたんですけど、それだと作れる量も少ないし氷すぐ溶けちゃうし……と思っていた私に救世主が現れました。
昨年の「character1」で発売された『月の彼方で逢いましょう オリジナルタンブラー』です!
ステンレス製で氷も溶けにくく、保冷性も充分。
大きすぎず小さすぎず私がおいしく飲みきれるサイズ(笑)。
最近は毎日このタンブラーにアイスカフェラテを入れて台本をチェックしたりゲームしたりしています。
はぁ……至福のひととき。
ありがとう雨音ちゃん(?)。

さて、今回ご紹介する作品は、CRYSTALiAさんから2019年11月29日に発売されました『白刃きらめく恋しらべ』(略称:めくらべ)です。
私は主人公の絢人さんを甘やかしまくるメイドさん「月橘姫芽(つきたちばなひめ)」役で出演しております。



続きを読む


getchublog at 11:27│Comments(0)

2020年02月12日

kusuhana_11_01

年が明けた直後電車に乗るという体験を初めてしました。
車掌さんがアナウンスに添えてくださる新年の挨拶はなんだか特別で、電車から降りた時の冷たい空気も不思議と清らかに感じられて、何気ないけれど良い時間を過ごせたなあとしみじみ思います。
そんなお正月気分をのんびりのんびり消化して、ようやく身体が温まってきた、秋野花です。

さて、特別な時間ということで。
つい気持ちが踊るオープニングムービーも印象的なこの作品、2017年12月22日にサガプラネッツ様から発売となりました『金色ラブリッチェ』をご紹介します。



続きを読む


getchublog at 13:09│Comments(2)

キーワード  詳細検索 - 検索ヘルプ
ランキング - 注目キーワード - 特典情報 - デモ動画 - ダウンロードで買う - 特価コーナー